武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

「大阪の映画を語る!」~日本映画連続講座2011

投稿日:2011年10月6日 更新日:

大阪映画講座(1)
今月30日(日)、大阪マラソンが開催されますね~。
抽選漏れで出場できなくなったぼくは、まさにその日、大阪城近くの大阪歴史博物館
NHK大阪放送局と同じ建物)で、『大阪の映画を語る!』と題して講演することになりました。
午後2時~です(2時間ほどですかね)。
毎年、初春に開かれている大阪アジアン映画祭のプレ企画、日本映画連続講座のひとつ。
大阪映画講座(2)
大阪の映画については、これまであちこちでよく喋ってきましたが、今回はジャンルに分け、映像盛りだくさんでお話しする予定です。
絶対、飽きさせません(笑)。
受講料は、600円です。
問い合わせ・申し込みは大阪映像文化振興事業実行委員会へ。
℡:06-6582-1416 Fax:06-6582-1420
E-mail: info@oaff.jp

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

追憶の映画ポスター展~野口久光シネマグラフィックス

追憶の映画ポスター展~野口久光シネマグラフィックス

『制服の処女』(1931年)、『にんじん』(32年)、『ミモザ館』(36年)、『民族の祭典』(38年)……。 映画史にさん然と輝く戦前の映画たち。 そして、『天井桟敷の人々』(45年)、『逢びき』(4 …

過酷な時代を生き抜いた家族~『少年H』

過酷な時代を生き抜いた家族~『少年H』

この時期になると、戦争に絡む映画やドラマが多いですね。   前回の『終戦のエンペラー』は国体と歴史に関わる話でしたが、この『少年H』は一家族の物語。   そこに戦争の愚かしさが如実 …

感無量……、アンジェイ・ワイダ監督の新作『ワレサ 連帯の男』が完成!!

感無量……、アンジェイ・ワイダ監督の新作『ワレサ 連帯の男』が完成!!

わ~っ、完成したんや!!    ポーランド映画界の巨匠、アンジェイ・ワイダ監督の新作『ワレサ連帯の男』(4月末に公開)。 ほんま、感無量です。   その理由は……。   …

サリンジャーに会いたい! 瑞々しい青春譚~『ライ麦畑で出会ったら』(27日公開)

サリンジャーに会いたい! 瑞々しい青春譚~『ライ麦畑で出会ったら』(27日公開)

20世紀アメリカ文学を代表する青春小説の金字塔『ライ麦畑でつかまえて』(1951年刊行)。 この作品に影響を受けた人は少なくないだろう。 本作で長編デビューを飾ったジェームズ・サドウィズ監督もその1人 …

明日(29日)、MBSラジオ『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演します~(^_-)-☆

明日(29日)、MBSラジオ『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演します~(^_-)-☆

最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の絡みで、明日、MBSラジオの人気生ワイド番組『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演します。 午前10時5分から15分程度。 ごく …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。