Admin

筆者の詳細

登録日時: 2012年3月19日

バイオグラフィー

武部好伸(タケベ・ヨシノブ) 1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。

最新記事

  1. 朝日カルチャーセンターで小泉凡さんの公開講座+小寺さん、最後の担当講座! — 2020年7月30日
  2. 『上町台地をゆく~ママチャリで北から南へ縦断~』の後編:Osaka Metroのアプリ「Otomo!」にアップ中 — 2020年7月24日
  3. 『ザ・NINJA・クイズ』、最後の「番外編」 — 2020年7月23日
  4. ABC『おは土』で喋ってきました~(^_-)-☆ — 2020年7月18日
  5. 18日(土)、またまた、ABCテレビ「おはよう朝日土曜日です」で映画を語ります~(^_-)-☆ — 2020年7月13日

最多コメントの記事

  1. 昨夜はサンボア100周年記念パーティーでした~(^_-)-☆ — 5 comments
  2. 『列車の到着』の映像、100余年の時を隔てて~ — 4 comments
  3. 今年最初の映画紹介~アキ・アウリスマキ監督の新作『希望のかなた』 — 4 comments
  4. 明日(21日)から亡き父親の写真展『あゝ、懐かしの大阪~昭和30年代の息吹~』が開催 — 4 comments
  5. 明日から2度目の南インド放浪の旅~(^_-)-☆ — 3 comments

この筆者の投稿リスト

6月 27

ぞろ目、66歳になりました~(^_-)-☆

今日、誕生日を迎えました。

これからも引き続き、「ICI」でやっていきます。

わかりますか?

「イチビリ」、「ちょか」、「いらち」

大阪人以外の人には理解しにくいかもしれませんが……。

最後の「いらち」は余計かな。

ということで、よろしゅうお願いします。

イェーツ~(^O^)/

6月 20

プロモーション・ムービー『映画の街、なんば』、日経新聞の告知記事、自分で書きました~(^_-)-☆

きのうの日経新聞夕刊、「関西タイムライン」欄にぼくの寄稿が載りました。

映画の発祥地についてずっと訴えていることですが、見出しの横に「武部好伸氏寄稿」とドカーンと銘打たれるとはびっくりポンでした~(^_-)-☆

プロモーション・ムービー「映画の街、なんば」の告知記事を日経新聞にプッシュしたら、「武部さん、ご自身で書いてくださいよ」と言われ、ぼくが寄稿することになった次第です(笑)

ホンマ、大阪・難波の「文化遺産」にもっと光を当ててほしいです。

プロモーション・ムービー、まだご覧いただいていない人はどうぞ!

6月 16

亡き井上ひさしさんの箴言

文章を書くうえでいつも念頭に置いているのが、劇作家、井上ひさしさんの言葉です。

これを実践するのはしんどいです~(笑)

永遠の課題かな。

6月 13

冊子『関西の物語』~(^_-)-☆

明治安田生命「関西を考える会」の今年度の冊子が届きました~!

テーマは『関西の物語』。

古典、詩歌、小説、映画・ドラマなど〈文芸作品〉の舞台、ロケ地、作家ゆかりの地について有識者諸氏が大所高所から紹介しています。

ぼくも回答者の1人として、得意分野の映画や文学作品を中心にあれこれと書かせてもらいました。

ほんの一部をアップします。

改めて思いました、「関西は文芸の宝庫」なんやと~(^_-)-☆

6月 12

心がくすぐられる『配色事典』

桑染色(くわぞめいろ)、淡黄檗(うすきはだ)、緋褪色(ひざめいろ)……。

すべての色に日本語の名前が付いてるんですね~(^_-)-☆

京都の出版社、青幻舎に勤務している大学の元教え子(2006年卒業、関大武部ゼミ3期生の大谷幸恵さん)から実に興味深い事典が贈られてきました。

ありがとうね~!!

彼女が編集した『配色事典 応用編 大正・昭和の色彩と商業デザイン』。

著者の和田三造は、衣笠貞之助監督の『地獄門』で色彩・衣裳デザインを担当した著名な洋画家です。

滋味ある色のネーミングに日本人の美意識が感じられ、心がくすぐられています~♥💛♥

5月 31

エッセイ~『上町台地をゆく(前編)~ママチャリで北から南へ縦断~』

大阪メトロのアプリ「Otomo!」で、隔月連載しているエッセイ『大阪ストーリー』。

先日、最新記事がアップされました。

テーマは『上町台地をゆく(前編)~ママチャリで北から南へ縦断~』。

ぼくの生まれ育ったところが、もろに「大阪の背骨」といわれる上町台地です。

新コロナ禍でややこしくなる前に愛車のママチャリで縦断しました。

前編が大阪城から生國魂神社(いくたまさん)まで。

後編が、生國魂神社からゴール地点の住吉大社(すみよっさん)です。

アプリを入れておられない方のために全文を掲載します。

5月 23

今朝、ABCテレビ『おはよう朝日 土曜日です』に出演しました~(^_-)-☆

先ほど、ABCテレビの朝の情報番組『おはよう朝日 土曜日です』の映画特集に出演してきました。

『気分スッキリ名作&最新映画特集』

短い時間でてんこ盛りの内容。

何を喋ったのか忘れましたが、スタジオが笑いに包まれていたのだけは覚えています。

お笑いタレントとちゃうんですが‥‥‥‥(笑)

ご紹介した作品は以下の通りです。

『ゼロ・グラビティ』(2013年公開、アメリカ)

『ショーシャンクの空に』(1994年公開、アメリカ)

『燃えよ剣』(近日公開、日本)

『少林サッカー』(2001年、香港)

『ANNAアナ』(近日公開、アメリカ=フランス)

『007/スペクター』(2015年、イギリス=アメリカ)

『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981年、イギリス=アメリカ)

『007/ロシアより愛をこめて』(1963年、イギリス)

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(今年11月公開予定、イギリス=アメリカ)

5月 22

PV『映画の街、なんば』が読売新聞に紹介されました~(^_-)-☆

You Tubeでアップされているプロモーション・ムービー『映画の街、なんば』(製作:戎橋筋商店街振興組合)の紹介記事が今日の読売新聞夕刊に載りました。

古巣新聞社の後輩記者、コンパクトにうまいことまとめてくれました(笑)

5月 20

23日(土)、ABCテレビ『おはよう朝日 土曜日です』に出演します~(^_-)-☆

ABC朝日放送からまたまたお声がけいただき、23日(土)、朝のテレビ情報番組『おはよう朝日 土曜日です』の映画特集にゲスト出演します。

前回(4月11日)の映画特集が高視聴率を取ったそうで、二匹目のドジョウ狙いかもしれません(笑)。

今回のテーマは「スッキリする映画~!」。

ちょっと意味深です……。

さて、どんな作品が登場するのか、ヤッピー(八塚アナ)との絡みで、どんなぼくのアドリブが飛び出すのか(笑)‥‥‥‥、乞うご期待を~!!!

出演時間は午前7時40分ごろからです。

5月 17

こんな時にこそ観てほしい〈大阪映画〉の4本~!

大阪を舞台にした、あるいは大阪人が主人公の〈大阪映画〉。

かつて拙著『ぜんぶ大阪の映画やねん』(平凡社、2000年)でそれらを網羅しましたが、「大阪映画サークル」の最新号で、2000年以降の映画の中から独断で選んだ4作品を紹介しています。

青春グラフィティ『セトウツミ』(2015年、大森立嗣監督)

恋愛映画『ジョゼと虎と魚たち』(2003年、犬童一心監督)

SFファンタジー『プリンセス トヨトミ』(2011年、鈴木雅之監督)

家族ドラマ『奇跡』(2011年、是枝裕和監督)

すべて大阪弁で綴ってまっせ~(^_-)-☆

古い記事へ «

» 新しい記事へ