12月 16

一種、奇抜なアウトロー映画~『MR.LONG/ミスター・ロン』

殺し屋が出てくる映画は多々あれど、本作のように異国の地で疑似家族を作るケースは珍しい。

しかも逃亡劇。

想定外のシチュエーションと奇抜な登場人物が独特なアウトロー映画を生み出した。

Ⓒ2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

監督のSABUは脚本も自身で手がけ、とことんオリジナルにこだわる。

作家性の強い人だけに、難解な作品と思われがちだが、どれも娯楽性に富んでいる。

この映画もしかり。

ロンはナイフを自在に操る、謎めいた孤高の殺し屋。

アジアを代表する台湾人俳優チャン・チェンが何ともニヒルに演じ切る。

この男が東京で台湾マフィアのボスの暗殺に失敗し、北関東の田舎へ逃亡する。

流れ着いたのがうら寂れ、見捨てられた町。

そこで8歳の少年と覚せい剤に溺れる台湾人の母親(イレブン・ヤオ)と出会う。

Ⓒ2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

さらに世話好きな住人たちが絡んでくる。

フィルム・ノワール(犯罪映画)から一転、のどかな世界へ。

何という展開なのだ! 

こういう流れがこの監督の真骨頂である。

料理が得意なロンは知らぬ間に牛肉麺(ニュウロウミェン)の屋台を出すハメになる。

もう喜劇としか言いようがない。

面白い。

少年との交流から母親を巻き込み、家族のようになっていく。

実にほほ笑ましい。

スピード感のある演出が売りなのに、ここではいたってスローペースだ。

Ⓒ2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

チャン・チェンは終始、クール。

日本語を話せない役どころなので、セリフがほとんどない。

表情と仕草だけの演技がかえってシブさをかもし出していた。

このまま終わるはずがない。

いつ平穏な生活が破綻するのか。

それがある種の緊張感を生む。

そしてあっと驚く壮絶なクライマックスを迎えるのだ。

もう少しメリハリが欲しかった。

とはいえ、「シンプル・イズ・ベスト」を実感させる濃い映画だった。

2時間9分

★★★★(見逃せない)

☆16日から大阪・シネマート心斎橋ほか全国順次公開

(日本経済新聞夕刊に2017年12月15日に掲載。許可のない転載は禁じます)

12月 15

キネプレにインタビュー記事が掲載されました~(^_-)-☆

関西の映画・映像情報を満載したウェブマガジン「キネプレ」に、ぼくのインタビュー記事が掲載されています。

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊に絡んだもので

先日、拙宅でキネプレ・アカデミーの4期生数人から取材を受けました。

あれこれとベラベラ喋っていたのをうまく原稿にまとめてくれはりました。

ありがとうございます~(^_-)-☆

12月 09

2017年の映画ベストテンを発表~!!

今年も映画ベストテンの時期になってきました。

「おおさかシネマフェスティバル」用に選出しました。

結構、悩んだ……((+_+))

外国映画の10位に選んだ『リュミエール!』は映画の原点へのリスペクトです。

5位のポーランド映画『残像』は昨年永眠した巨匠、アンジェイ・ワイダ監督の遺作。

6年前、ポーランドの古都クラクフで奇跡的に出会ったワイダ監督とのご縁に感謝して…………。

それにしても今年は菅田将暉君の年でしたね~(^_-)-☆

12月 09

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の打ち上げ&忘年会~(^_-)-☆

昨夜(8日)は、最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の編集者、デザイナー(装丁)、イラストレーター、そして著者(ぼく)が一同に会しての「打ち上げ&忘年会」でした~💡😁

最強のカルテットです~!!

大阪・キタのお初天神界隈にある隠れ家的なお店で、美味なてっちりでした~🐡

ええ塩梅に本が仕上がり、わいわいがやがや、みな自画自賛していました(笑)

前著『ウイスキー アンド シネマ 琥珀色の名脇役たち』と第2弾の『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』。

この2冊は絶対に売っていかなあかんなと改めて決意した次第。

売れる本やと思うています。

まだ読まれていない方がおれば、ぜひご購入ください~(^_-)-☆

12月 09

南海電鉄主催の映画イベント、大盛況でした~( ^^) _旦~~

『映画は「なんば」からはじまった❗』(主催:南海電鉄、後援:ミナミまち育てネットワーク)

7日、こんなタイトルの特別セミナー(イベント)が大阪府立大学Iーsiteなんばの会場で開催されました。

びっしり満員の中、ぼくの講演と活動映画弁士、大森くみこさんによる無声映画の上映。

喋っているうちに参加者との間で連帯感にも似た空気が芽生えてきたのがよくわかりました。

121年前、明治29年(1896年)12月、心斎橋の舶来品輸入商、荒木和一が米国エジソン商会から輸入した映写機ヴァイタスコープを使って難波の福岡鉄工所で行った映画の初上映。

そして翌明治30年(1897年)2月15日~22日、京都の実業家、稲畑勝太郎がフランスのリュミエール商会の映写機(撮影も可能)シネマトグラフによる映像を難波の南地演舞場で一般公開した映画の初興行。

講演の最後で訴えましたが、映画初上映の地(福岡鉄工所跡地)と映画初興行の地(南地演舞場跡地)に、まずはわかりやすい説明版を設置すべきだと思っています。

すでに認知されているはずの映画興行発祥地についても、知らない人が多すぎます。

TOHOシネマズなんば1階のエレベーター乗り場の壁に記念碑があることに気づく人はいません。

人通りの多い表通り(戎橋通りか南側の道)に説明板を立て、きちんと歴史的な出来事と建物内に記念碑があることをアピールする方がええと思います。

ほんまにもったいない。

同じように「なんばパークス」の道路を挟んで北側のところに映画初上映の説明板を立てればいいのではないかと。

しかるべきモニュメントはその後でもいいかもしれません。

説明板なんてそんなに費用はかかりませんよ。

京都の「日本映画発祥の地」の説明板は、木屋町通りに立っているから、市民や観光客の目に留まり、いつしか浸透していったのでしょう。

こういう取り組みはすべて町づくりにつながり、大阪の文化再発見にもつながっていきます。

これからもこの歴史的事実を1人でも多くの人に知ってもらいたいと思っていますので、引き続き発信していきます~✌

参加者の皆さん、南海電鉄のスタッフの方々、大森さん、おおきに、ありがとうございました❗

ほんまに素敵なひと時でした~(^_-)-☆

12月 04

教え子たちとの愉快な忘年会~♪(^^♪

スーパームーンが輝く昨夜、現在、大学で教えている受講生(関大社会学部JP13期生)との忘年会でした。

何と餃子パーティー~!

みな若い。

食べる、食べる。

びっくりポンでした~👀

教え子は女子ばかりで、ぼくが黒一点~(笑)

いろんな話(メインは恋愛話!?)が飛び交い、授業中に見せたことのない顔を覗かせてくれました~💡😁

そして餃子からいきなりメリーゴーランドへ~🎠

スカイビルの広場にメリーゴーランドがあるんですよ。

「ペンギン釣り」を楽しんでから、みんなで乗り込みました。

童心に返ってキャッキャ、キャッキャと大はしゃぎ。

まさかこんな展開になるとは思わなかった~。

生まれて初めての体験でした(笑)。

めちゃめちゃ楽しいひと時でした~(^_-)-☆

12月 02

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一~』

こんな題名の拙稿が大阪市史編纂所の紀要『大阪の歴史』86号に掲載されました。

昨年秋に上梓した『大阪「映画」事始め』(彩流社)に盛り込めなかった情報やその後、新たに得た知見を加え、これまであまり知られていなかった荒木和一という人物に再度、光を当ててみました。

121年前の明治29(1986年)12月、エジソン商会から輸入した映写機ヴァイタスコープを使って、難波の鉄工所で日本初のスクリーン上映を行っていたことが映画史の中で埋没していました。

京都でのシネマトグラフの試写上映よりも前のことです。

それを掘り起こすのが最大の狙いでしたが、あれこれと調べるうちに、大阪の経済・産業界で多大な功績を残した御仁であることがわかってきました。

この拙稿をたたき台にして、和一さんのフィクション(小説)を書いてみたいという意欲が沸々と湧き起こってきています。

『大阪の歴史』は大阪市立図書館全24館に配架されます。

別途希望者には700円で販売。

詳細は大阪市史料調査会(大阪市立中央図書館内) へお問い合わせください。

℡ 06ー6539ー3333

11月 30

MBSラジオ『ありがとう浜村淳です』の謝礼……、びっくりポンでした!!!

オンエアの間、浜村淳さんと丁々発止のやり取りで、延々、喋り続きそうな雰囲気でした。

浜村さんが最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)を精一杯、PRしてくはりまして感謝感激でした。

10数分という出演時間が何とも切なくて……(”_”)

そしてスタジオを出て、スタッフから受け取った謝礼を手にしてびっくりポン~((+_+))

何とキャッシュで1億円でした!!!(笑)

11月 28

明日(29日)、MBSラジオ『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演します~(^_-)-☆

最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の絡みで、明日、MBSラジオの人気生ワイド番組『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演します。

午前10時5分から15分程度。

ごく短いですが、浜村さんとの熱い映画トークを期待してください~(^_-)-☆

この番組に出るのは何度目でしょうか。

新しい本を出す度に、浜村さんがお声がけしてくれはります。

ありがたいことです。

ほんまにウキウキいています~(^^)/

11月 27

映画の原点、シネマトグラフの映像を今に蘇らせた『LUMIÈRE! リュミエール!』(12月1日公開)

映画の原点といわれるシネマトグラフ。

122年前、フランス・リヨンのリュミエール兄弟が発明したこの装置は映写だけでなく、撮影もできる画期的なものでした。

フランス国内のみならず、世界各地で撮影された1422本の映像の中からピックアップした珠玉の108本が4Kデジタル(高解像度映像)で甦りました。

そのタイトルがズバリ、『LUMIÈRE! リュミエール!』。

日本における「映画の日」、12月1日に大阪・テアトル梅田で公開されます。

配給のGAGA宣伝スタッフが作成した「映画発祥の地はどこだ! 神戸?京都?大阪?」のポスターを監修させていただきました。

シネマトグラフの映像には今日の映画のすべてが盛り込まれています。

ぜひ、リスペクトしてご覧になっていただきたいです。

映画ファンのための感動サイト「シネルフレ(Cinereflet)」の『武部好伸のシネマエッセイ』に、シネマトグラフの意義、ティエリー・フレモー監督(リュミエール研究所長)のコメントなどを盛り込んだ拙稿が載っています。

http://cineref.com/review/2017/11/post-849.html

古い記事へ «

Zetia can be used to treat high cholesterol ranges. It acts by reducing cholesterol absorption in the intestine. cialis 10mg price You can get vardenafil from the drugstore that is nearest and you can also purchase cialis cheapest price Erectile dysfunction is a sexual condition which causes guys to encounter as of cialis online order Your sex life with your companion is a manifestation of passionate cialis online purchase William smiled in to believing something was wrong, when everything was wonderful he cheapest cialis prices Youve got to trust the system to guard you and find you the treatment that is best. Generally, this cheap generic cialis Folks are established to fight obesity and need get generic cialis 80mg It truly is consistently wise to stick to the precautions that include the buy tadalafil 40mg L-thyroxine is a brandname since 1060s, When hypothyroidism was appeared first time. Hypothyroidism is a. buy generic cialis Many guys dream of having a magic gun cheap pharmacy