1月 22

ちょかBand、本番に向けてええ塩梅です~(^_-)-☆

26日のちょかBand第9回ビッグライブまであと5日に迫った昨日(21日)、大阪・梅田のスタジオで最終合同リハーサルを行いました~

やむを得ぬ事情で1人欠席でしたが、ゲストの皆さん方、昇り調子でええ塩梅でした~

めちゃ楽しかった~

この気持ち、間違いなく本番で爆発しまっせ~

ビートルズ、関西フォーク、昭和歌謡、Jポップ、映画音楽、ブルース……。

ジャンルはバラバラ、節操ありませんが、いろんな意味で(笑)、乞うご期待を~!!

1月 19

阪神・淡路大震災25年目の日(17日)、大学の講義終了しました!

あれから25年……。

取材する側で深く関わった阪神・淡路大震災。

ご遺族の方には慎んで心より哀悼の意を表します。

取材の過程で数えきれないほど多くの被災者や関係者と接するうちに、ぼくの人生観と死生観が大きく変わり、その結果、新聞社を辞め、一匹オオカミで生きていく決意をしました。

言わば、1995年1月17日は、今の自分の「原点」ともいえるスペシャル・デーです。

だから、絶対に忘れないし、絶対に風化させない~

直接、何も関わることができないけれど、犠牲になった人たちのためにも、日々、丁寧に生きていきたい~

この胸のうちを、今日の関西大学社会学部『マス・コミュニケーション特論A』の最終講義で学生たちに伝えるのではなく、訴えました~!!

9月27日から始まったこの講義も無事に終了。

受講生110人のアンケート結果を集約すると……。

「実体験に基づいた生の話ばかりで刺激的だった」

「試験を念頭に置いた授業とは真逆」

「社会で役立ちそうな知恵(知識ではなく)をいろいろ習得できた」

ありがたいことに、こういう感想がほとんどで、この授業を担当してほんまによかったと思いました。

しかし中にはこんな指摘も。

「パワポの画面をぽんぽん切り換えないでください。メモ取るのが大変でした」

ゴメン

ちょかで イラチやから……。

これは大反省! 改善すべき点です~

そして驚いたのは、「最終授業でミニライブを聴けなかったのが残念」との声が1割以上もあったこと~

これまでぼくの授業の恒例イベントやったから、ギター持ってきたらよかったかな~

でも今期からは大教室なので、アンプが必要。

そうなると、他の授業に迷惑をかけるかも~。

う~ん、来期どないしよかと早くも悩んでおります~(笑)

1月 09

日経新聞で連載『〈ケルト〉映画の旅』が始まりました~(^_-)-☆

昨年暮れ、日経新聞東京本社から原稿依頼がありました。

『〈ケルト〉映画の旅』

こんなテーマで、毎週水曜日夕刊文化欄の「鑑賞術」で執筆してほしいと。

ケルトと映画~!!

ぼくの得意中の得意分野なので、即、OKの返答。

週に1回の4回連載です。

全国版というのが魅力的~(^_-)-☆

年末に送った1回目が8日の夕刊に載りました。

あと3回(15日、22日、29日)あります。

元日から「仕事始め」となり、お屠蘇もそこそこ、「好きの力」を目一杯活かし、3回分を一気に書き上げました。

めちゃめちゃ楽しかった。

掲載紙には、ルンルン気分で綴っているのがわかりました。

それにしても、自撮りの顔写真がイマイチですわ~(>_<) なお、日経新聞の電子版でも読めます。 「日経新聞 鑑賞術」で検索してください~(^_-)-☆

1月 07

イギリス映画『フィッシャーマンズソング  コーンウォールから愛をこめて』(10日公開) 

英国の南西端にあるコーンウォール。

そこはアーサー王伝説が宿っている〈ケルト〉の地で、イングランドとは一線を画しています。

『フィッシャーマンズソング コーンウォールから愛を込めて』(10日から全国公開)はそんなコーンウォールを舞台にした素敵なイギリス映画です。

地元漁師さんの合唱団がメジャーデビューを果たすまでのプロセスをコミカルに描いた物語。

実話です。

全編を包み込む温かいムードに癒されました。

「ケルト」の取材でこれまで数回、訪れているコーンウォールの歴史、文化、風土などを盛り込み、映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で本作についてたっぷり書かせてもらっています。

1月 05

北新地のキムラバー、24日でクロージング~( ;∀;)

大阪・北新地のキムラバー(STAG BAR KIMURA)。

日本でモルトウイスキーに特化した先がけのバーであり、ウイスキー愛飲家には「聖地」ともいえるお店です。

そのキムラバーが今月24日、58年の歴史に幕を下ろします。

30年来おつき合いのある店主、川澤一郎さんはぼくにとってのウイスキーのお師匠さんです。

なにせ、このお店でウイスキーに魅せられ、その深淵なる世界に誘(いざな)ってくれはったのですから~

閉店は非常に残念ですが、国体出場を何度も果たしているクレー射撃に余生を過ごされるそうで、気分的にはさっぱりしてはります。

来店すると、「武部さんしかできない、現場主義に根差した読み物を書き続けてください」といつも励まされていました。

クロージングまでちょくちょくお邪魔すると思いますが、とりあえず、川澤さん、お疲れさまでした~!

ご本人が公にしてはるので、投稿させてもらいました。

1月 03

2020年もよろしくお願いします~(^_-)-☆

遅ればせながら、明けましておめでとうございます~(^_-)-☆

今年も引き続き、「好きの力」を生かし、各地で「イェーッ~」と叫んでこようと思うてます~\(^-^)/

皆さん、何かとうるさいかもしれませんが(笑)、よろしゅうお願いします

(写真は2年前、地中海に浮かぶフランスのコルシカ島最南端。 後ろに薄っすらと見えているのがイタリアのサルディーニャ島です)

無粋な話ですが、元日から、お屠蘇もそこそこ、仕事初めでした。

今も必死のパッチで執筆に没頭しています~!

N新聞夕刊で、8日から週に一度、4回にわたってちょっと大きめの連載(全国版)を担当することになったからです。

ケルト+映画+旅の原稿。

ど真ん中の得意分野なので、「好きの力」をフルに生かし、楽しく綴っています~

今年は幸先がよろしおますわ~

12月 31

1年を振り返って……。良いお年をお迎えください~(^_-)-☆

大晦日、泣いても笑うても、2019年は今日でおしまいです。

スケジュール帳を見ながら、この1年間の刺激的な出来事をピックアップしました。

【1月】
恒例行事になりましたが、27日のちょかBand第8回BIG LIVE~♪♪ 相方の疋田さん、バンジョーの中山さんの3人でめちゃめちゃ弾けました~(^^♪  
年明けの1月26日の第9回目は7人のゲストをお招きし、総勢9人でガンガンやります~(^_-)-☆

【2月】
7日、関大社会学部メディア専攻のJP(ジャーナリズム実習)が終わり、12期生、13期生、最後の14期生が慰労の会を開いてくれました。

9日、大阪市立中央図書館で『映画のはじまり、みな大阪』の特別講演。ぼくの業績が大阪市から認めてもらえてうれしかったです。

11日、古巣新聞社文化部のOB会。懐かしの面々と再会できました。

23日、ABCテレビ朝の情報番組『おはよう朝日、土曜日です』にゲスト出演。映画の祭典アカデミー賞の解説とノミネート作品の紹介をベラベラと。作品賞に推した『グリーンブック』が予想通り、受賞し、びっくりポン!

【3月】
23日、朝日カルチャセンター中之島教室で特別講座『「ケルト」を旅する 中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』。思いのほか受講者が多く、熱っぽく喋りまくりました。

この講座終了後、文化勲章を受章された大学(大阪大学文学部)のゼミの恩師、山崎正和先生の御誕生日会へ。会場は中之島の四川料理店。山崎先生と本当に久しぶりの再会で、ちょっと緊張しました~(^^;)

【4月】
1日~9日、スリランカ旅行。南部を巡り、多くの人との出会いがあり、素晴らしい旅になりました。何といっても、最南端の岬で、「イェーツ!」と絶叫できたのが最高の思い出です~!

22日、関西経済連合会の評議員会で、『映画のはじまり、みな関西』と題して講演。大企業の会長、社長ら錚々たる方々の前で、堂々と(笑)、お話しできました。講演料が破格でした~(^_-)-☆

【5月】
大学の元教え子、古巣新聞社の面々との飲み会が続きました。ウイスキー愛飲家の3人(小林さん、Takumaさん、ぼく)でバー巡りもしました。この月はよぉ~飲みましたわ!

【6月】
27日、65歳の誕生日。前期高齢者の仲間入り~(笑)

29日、寺田町の和食の店で、母校の大阪府立清水谷高校陸上部のミニOB会(23~25期)。寺西さん、木内さん、鳥山さん、金本さん、森さんの先輩諸氏と再会できてうれしかったです。

【7月】
15日~17日、大学時代の旧友、新井澄夫君に会うため、飛騨高山へ。卒業以来の再会なので、41年ぶり~! 温かい歓待に心がとろけそうになりました。

帰りに名古屋へ寄り、関大武部ゼミ1期生、さっくん(佐々木君)のご家族と会食。ここでも歓待されました。ありがとうございました!

20日、梅田のアートバー・ウーニーポンポンカウカウで、ちょかBandの「みなづきLIVE」~♪♪ 和気あいあいとした雰囲気の中で楽しく演奏できました。

【8月】
16日、17日、ちょかBand、本庄盆踊りに出演(at 大阪市北区の豊崎小学校グラウンド)。やぐらの上で『やけ酒ブルース』を演奏するとは……。2日目は観客がほとんどゼロという非常にシュールな世界でした~(笑)

【9月】
2日~11日、スペイン南部アンダルシアへの旅。途中、イギリス領ジブラルタルへ寄り、岩山の頂上でアフリカ大陸に向かって、「イェーツ!」。最南端のタリファでも「イェーツ!」。シャリー酒とワインをしっかり飲み、あちこちで叫びまくりました。
往復の航空機(KLMオランダ航空)がすべて遅延し、えらい目に遭いましたが……(>_<)。それでも、めちゃめちゃ楽しかったです!!

後ろにアフリカ大陸が薄っすらと見えています

16日、2年がかりで書き進め、何度も何度も書き直してきた小説がようやく脱稿できました。来年、上梓できますように!!

27日、関西大学社会学部で講座『マス・コミュニケーション特論A』のスタート。大教室での授業は久しぶりですが、マイクを手にすると、喋りが止まらなくなりますね(笑)

【10月】
ラクビー・ワールドカップのテレビ観戦に明け暮れていました。ぼくのライフワーク「ケルト」の絡みで、アイルランド、スコットランド、ウェールズを応援。もちろん、「ワン・チーム」をスローガンにした日本チームの決勝リーグ進出には狂喜乱舞しました~(^O^)/

【11月】
16日~17日、東京へ1泊旅行。Whisky Festival、早稲田大学演劇博物館、池波正太郎記念文庫へ。夜は、古巣新聞社に勤めている大学の教え子、こうじ(田中君、武部ゼミ2期生)とうっちゃん(内本君、JP1期生)との予期せぬ飲み会で、えらい盛り上がりましたわ。

ウイスキー・ラヴァーの郡司さんとも古いおつき合いです

2人とも風格が出てきました!

23日、母校の清水谷高校陸上部創部70周年祝賀会。会場は心斎橋の中華料理店「大成閣」。老若男女の元陸上部員が勢ぞろい。壮観でした(笑)

25日、作家養成スクール「心斎橋大学」での講座スタート。受講生のみなさん、目的意識がはっきりしているので、めいっぱい熱い視線を浴びました~(^_-)-☆

【12月】
1日、塚本のウイスキー・バー婆娑羅の店主、曽我さんの古希を祝う会。そこでワンボトル1000万円のシングルモルトウイスキー、マッカラン50年をいただきました! 体も舌もしびれました~~(^O^)/

ざっとこんな感じです。

何はともあれ、多くの人との出会いが一番、うれしかったです。

来年もこんなノリでぼちぼちやっていきます。

よろしくお願いします。

それでは、みなさん、良いお年をお迎えください~(^_-)-☆

12月 30

ちょかBandサポート店、年内分を一挙公開しま~す~(^O^)/

早いもので、今年もあと2日でピリオド。

最近、ずっとバタバタしておりまして、なかなかブログを更新できませんでした。

久しぶりに更新します。

来年1月26日(日)に開催する、ちょかBand第9回BIG LIVEをPRするため、なじみのバー、居酒屋、レストランを訪ね、「ちょかBandサポート店」になってもらっています。

もちろん、シャレです。

大阪人の「イチビリ精神」の為せる業~(笑)

どこのお店でもウェルカムで、店主さんが快くチラシを手にし、写真に納まってくれました。

なかには、「武部さん、お待ちしていました。協力させてもらいますよ」というお店もあり、心がくすぐられた~!

そして、決まったように、「えっ! 入場料が高い!」。

なにせ、1,000万円ですから~(^_-)-☆

キャッシュのみ受け付け、ローンは不可。

大阪人ならみな、「借金しまくって、聴きに行きますわ」とケラケラ笑うてくれますが、広出身の知人は「ミス・プリントでしょ?」と。

「ちゃいます、ちゃいます、シャレですがな」

説明して、やっと納得してくれはりました。

この温度差がオモロイです。

これ、東京やったら、まずダメでしょうね~(笑)

店主さんの写真は、その都度、Facebookに投稿し、そこそこ反響を呼びました(ホンマかいな!?)。

ほんまに、みなさん、「イチビリ精神」をご理解いただき、おおきに、ありがとうございました~(^O^)/

ここに、ちょかBand協力店の店主さんを一挙、公開させてもらいます。

とりあえず、年内に訪れたお店ですが………(^^;)

年明けも、引き続きサポート店を増やしていきまーす~(^O^)/

北サンボアの順平さん

天神橋サンボアの田仲さん

ブックカフェバー、ワイルドバンチの森田さん

リトルバーの大北さん

沖縄風スタンディング居酒屋、ミルク・ホールの田名さん

スパニッシュ・バル、バルキンタのマンちゃん

バー夜さりの築木さん

ウイスキー・バー婆娑羅の曽我さん

バー桂山の小川さん

バー勘十里の畝田さん

バーみとうの三東さん

バースカイの太田さん

バーサンドリオンの新井さん

バーウイスキー東心斎橋店の坂尻さん

バーアルペジオの中西さん

バーUKの荒川さん

バーJURAの荻野さん

アイリッシュ居酒屋テンプルバーの上野さん

プチレストラン、ダイニングテーブルの馬野さんご夫婦

キムラバーの川澤さん

アートバー・ウーニーポンポンカウカウの稲葉さん

NOLAバーの寺田さん

アイラ・バー月光のユウコさん

12月 18

ジャジャジャジャーン、独断と偏見に基づく今年の映画ベスト10、発表~(^O^)/

今年も余すところ、あと2週間となりました。

今日現在で、今年観た映画は235本です。

日本映画が100本、外国映画が135本。

この調子だと、例年並みに240本ほどになりそうです。

ベスト10作品の選定は結構、悩みました。

邦画は渋めの作品が多くなり、洋画はアメリカ映画が席巻しています。

以下の結果は、来年3月8日に開催の「おおさかシネマフェスティバル2020」の実行委員会へ投票した分です。

12月 10

周防正行監督の5年ぶりの新作は『カツベン!』

日本で映画が産声を上げたときから不可欠な存在だった活動弁士、略して活弁(かつべん)。

世界に類を見ない日本だけの専門職で、俳優以上に人気を博していました~!

そんな活動弁士を描いた映画『カツベン!』が12日から全国公開されます。

周防正行監督の5年ぶりの新作です。

真っ向から斬り込んだ作品と思いきや、活劇風味の痛快娯楽コメディーに仕上がっています~

映画館に熱気がほとばしっていた大正期へタイムスリップさせてくれますよ。

剣戟王の阪妻こと、阪東妻三郎主演、無声映画の傑作と評される『雄呂血』(1925年)の実写フィルムにはびっくりポン~

映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で、雑学をめいっぱい盛り込んで本作について書かせてもらっています~

古い記事へ «

Cialis, also called Tadalafil, (aka Super Viagra), takes effect generic tadalafil 20mg It truly is consistently wise to stick to the precautions that include the medication which you might be buy tadalafil 40mg 1. Exercise ED drugs should be prescribed only after having a comprehensive health background. 20mg cialis Your sex life with your companion is a cialis online purchase Unpleasant unwanted side effects could function as the most recognizable cialis purchase Among the ways that are finest to get an immediate hard-on is with assistance from a hard-on gel. cialis buy Youve got to trust the system to guard cheap generic cialis But wait. Theres an alternative alternative away buy cialis usa & bull; Center issues Comprehend there are a huge number of various typies of dependence. Were able to become. 20 mg cialis Condoms are just one of the most effective assistance for family organizing and in addition cheapest cialis