武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

再び、『ウイスキーと2人の花嫁』〈日経掲載分〉(17日公開~)、トークショーがありますよ!

投稿日:

第2次大戦中、英国スコットランドの西部海域に浮かぶアウター・ヘブリディーズ諸島の小島で、貨物船が座礁した。

積み荷は5万ケース(約26万本)のスコッチ・ウイスキー。船が沈没する。

さぁ、島民はどうしたのか!?


© whiskyGaloreMovieLimited2016

実際に起きた海難事故から8年後の1949年に映画化された。

それをスコットランド人のギリーズ・マッキノン監督がコミカル風味にアレンジし、リメイクしたのが本作である。

戦時下の統制でウイスキーの配給が停止され、呑み助の島民が動揺する。

この異常事態を「ノアの大洪水以来の惨事だ」と言わせる辺り、遊び心が充満していて笑わせる。

キーパーソンは郵便局長の2人の娘。

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

共にフィアンセがいる。

しかし婚約パーティーではウイスキーの祝杯が不可欠。

あゝ、このままでは結婚できない。

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

このようにウイスキーへの渇望がピークに達した時に貨物船の事故が起きる。

これぞ神の恵み。

そう受け止めた島民の一致団結ぶりがすこぶる面白い。

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

彼らの行動に目を光らせるのがワゲット大尉。

島での嫌われ者だが、そのことに全く気づいていない能天気さが何とも可愛く、まるで道化師のように見える。

この手の映画にはこんな三枚目が必要だ。


© WhiskyGaloreMovieLimited2016

両者の攻防が物語の軸となる。

そこに英王室の極秘文書を絡ませた。

素材としては申し分ないのに、淡白に描きすぎた。

惜しい。

舞台となったエリスケイ島を訪れたことがある。

島で唯一のパブに当時のボトルが保存されていた。

店主にいくら懇願しても、飲ませてくれなかったが……。

全編を通して品性のある佇まいは英国喜劇の伝統といえよう。

© WhiskyGaloreMovieLimited2016


© WhiskyGaloreMovieLimited2016


© WhiskyGaloreMovieLimited2016

観終わってから、無性にスコッチが欲しくなる、そんな映画だった。

ちなみに銀幕に次々と映し出されるウイスキーは全てフェイク(ニセモノ)! 

1時間38分

★★★(見応えあり)

☆17日から大阪・テアトル梅田、シネ・リーブル神戸ほか全国で公開。以降、京都シネマ……。

(日本経済新聞夕刊に2018年2月16日に掲載。許可のない転載は禁じます)

初日の明日、テアトル梅田でトークショーをやります。

お気軽にどうぞ!

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

文化ってなんやねん~『ザ・コーヴ』を観て

文化ってなんやねん~『ザ・コーヴ』を観て

(c)OCEANIC PRESERVATION SOCIETY. ALL RIGHTS RESERVED. 参議院選挙スタート、サッカーW杯の対デンマーク戦の直前……。 何だか気ぜわしくなってきました …

『ウルフマン』、伝説の怪奇映画をリメーク~

『ウルフマン』、伝説の怪奇映画をリメーク~

好天に恵まれたゴールデンウィークですね。 夏日とあって、野外で開放感に浸っている人が多いのではないでしょうか。 こんなときこそ、暗い映画館でホラー映画はいかがですか。 アメリカ映画『ウルフマン』の映画 …

健さん、逝く……。享年83

健さん、逝く……。享年83

高倉健さんが亡くなりはりました。   『幸せの黄色いハンカチ』、『駅STATION』、『居酒屋兆治』、『ブラックレイン』、『鉄道員(ぽっぽや)』、遺作の『あなたへ』……。   主演 …

10代の鮮烈なときめき~『溺れるナイフ』

10代の鮮烈なときめき~『溺れるナイフ』

強さがビンビン伝わってくる。   それは思春期の恋愛ドラマという理由だけではない。   迸る熱い演出が登場人物に乗り移っていたからだ。   少女漫画の世界を洒脱に映画化し …

10日(日)、シネ・リーブル梅田で『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

10日(日)、シネ・リーブル梅田で『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

第2次世界大戦終結から74年が経ちますが、今なおヒトラー、ナチス・ドイツ、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)をテーマにした映画が相次いで製作されています。 「負の遺産」を風化させまいとする映画人の気概に …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。