武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ケルト ドイツ「ケルト」紀行(2015年夏)

ドイツ「ケルト」紀行(14)

投稿日:

戦後70年。

 

ドイツのテレビでは、その関連番組がいろいろ放送されています。

 

昨日は、ヒロシマ70年を記念し、ナチスドイツとアメリカとの原爆開発競争の特番がありました。

14388411393630

ドイツも完成寸前までいっていたようで、ゾーッとしました。

14388411723872

これまで見たことのない映像が数多く盛り込まれており、開発に携わったドイツの元技術者や広島の被爆者の声もきちんと取材していました。

 

番組のラストを彩ったのは、広島の太田川に流される灯籠の映像。

14388411566951

核の恐ろしさとそれを使うことの愚かしさを訴えていました。

 

言葉は全くわからなかったけれど、胸に深く染み入りました。

 

翌日、旧西ドイツの首都ボンに来ました。

 

ベートーベンが生まれた街としても知られていますね。

IMG_7871

ライン州立博物館を訪れると、『ラインラントのケルト』の展示が~!!

IMG_7885

これはビックリした~(*_*)

 

ど真ん中のストレート。

 

ほんまにラッキーでした。

 

ラインラントにもケルトがしっかり残っていることを確認できました。

 

このあと、少し時間ができたので、ドイツ連邦共和国歴史博物館(Haus der Geschechte der BRT)を見学。

IMG_7921

70年前の敗戦から今日までの歩みを、米ソ冷戦による東西分断や東ドイツの社会、ベルリンの壁崩壊などに言及しながら、豊富な展示でわかりやすく解説されていました。

 

もちろん、戦災で灰塵に帰したドイツ各地の惨状も。

 

空襲だけでなく、市街戦(地上戦)も行われたので、さぞかし凄まじかったであろうことは想像するに難くありません。

 

日本は、沖縄以外では地上戦はなかったです。

 

その中で目を引いたのは、ユダヤ人に対するホロコーストや侵略戦争を遂行したナチス・ドイツによる「負の歴史」をあますことなく展示されていたことです。

14388953845851

14388953494880

 

IMG_7911

ドイツがどうのこうのと言うつもりはありませんが、自国が犯した「罪」をきちんと公の場で明るみにし、それを自国民に伝えていこうという姿勢に敬意を表したい。

 

自虐的でも何でもないです。

 

それが歴史的事実として当たり前のことだから、入館料無料で、国内外の人に見てもらっているのでしょう。

 

日本もこういう博物館なりを作ればいいと思いました。

-ケルト, ドイツ「ケルト」紀行(2015年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドイツ「ケルト」紀行(8)

ドイツ「ケルト」紀行(8)

アルザス・ワインといえば、白ワインですね~(^-^) リースリング(Riesling)、ゲヴュルツトラミネール(Gewurtztramier)、シルヴァネール(Sylvaner)など6種あります。 実 …

ドイツ「ケルト」紀行(4)

ドイツ「ケルト」紀行(4)

ヨーロッパの母なる川。   そう呼ばれているドナウ川ですが、上流域のケールハイム(Kelheim)の町ではそれほど大河ではありませんね。   町の向こうの丘の上に古代ケルト人が巨大 …

「ケルト」の神様に似てきた~!?

「ケルト」の神様に似てきた~!?

ヨーロッパの基層文化のひとつ「ケルト」にぼくが取り憑かれてから、10数年が経ちました。その間、ヨーロッパの各地で「ケルト」に関連した数多くの遺跡や遺物に接してきましたが、なかでも印象深かったのがこの写 …

スペインひとり旅(6)

スペインひとり旅(6)

念願の地にやっと来れました~!! ヌマンティア(Numantia)。 ソリア(Soria)の北7キロに位置しています。 スペイン全土から言えば、中東部で、メセタ(中央台地)の東端辺り。 ソリアからバス …

ブランドとしての「ケルト」

ブランドとしての「ケルト」

暑い~! そこに湿気が加わるから、蒸し風呂状態になり、不快極まりない~!! 梅雨はもう~大キライ! ブツブツ言いながら、汗をかきもって街中を歩いていると、涼風がそよぐアイルランドのさわやかな光景が次か …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。