武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ケルト ドイツ「ケルト」紀行(2015年夏)

ドイツ「ケルト」紀行(10)

投稿日:

フランス国境に近いドイツ南西部の町ザールブリュッケンは観光地ではないので、観光客らしき人は皆無でした。

IMG_7564

ぼくはこんな田舎町が大好きです~(^-^)v

 

今日(  日)は暑い~!

 

といっても、こちらの日中最高温度はたかだか28度程度です。

 

屋外でビールを飲むには最適~(^-^)v

 

これからはずっとドイツなので、昨日のワインから一転、ビール漬けになりそう~(((^^;)

 

町の考古学博物館で思いのほか収穫があり、麦酒がめちゃうまいです~(*^^*)

14385205959670

翌日、ザールブリュッケンの駅前からSバーン(近郊電車)とバスを乗り継ぎ、1時間かけて南東方向にある広大なヨーロッパ考古学公園へ。

 

英語表記は、European Archaeological Park of  Bliesbruck-Rheinheim。

IMG_7577

ここはかつてケルト人の一大定住地で、その後、ローマ人によって町が築かれたところです。

 

ぜひとも訪れてみたかった所。

 

緑がまばゆい美しい谷間に、ケルトの遺跡がしっかり存在感を放っていました。

 

とりわけ、「ラインハイムのケルトの王女」と呼ばれる高貴な女性の墳墓(紀元前3世紀)を見ることができ、満足、満足。

 

墳墓に隣接した博物館に入ると、レプリカで甦った彼女が横たわってはりました。

14385966140851

こんもりした盛り土が墳墓。

IMG_7610

これも再現されたものなので、登ってもOK~(*^^*)

 

もちろん駆け登り、てっぺんで「イェーツ~!!」。

14385936768510

気持ちよかった~(^-^)

14386670648710

遺跡公園は独仏国境にまたがっており、フランス側に行ったり、ドイツ側に戻ったりと炎天下、動き回りました~(((^^;)

IMG_7693

フランス側は、ガロ=ローマの町の遺跡が残っていました。

IMG_7690

今日は雲ひとつない快晴で、最高気温が33度。

 

こちらでは異常な高温ですが、湿気がないので、ひなたでも十分、耐えることができます~。

 

目的地をきちんと押さえることができ、はるばるやって来て、よかった、よかった~(*^^*)

-ケルト, ドイツ「ケルト」紀行(2015年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

6月24日(日)、文化講演『映画・ウイスキー・・・エトセトラ in SCOTLAND !』(日本スコットランド交流協会関西支部)

6月24日(日)、文化講演『映画・ウイスキー・・・エトセトラ in SCOTLAND !』(日本スコットランド交流協会関西支部)

またまたお知らせです。 ぼくが会員になっている日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の文化講演会で、『映画・ウイスキー…エトセトラ in SCOTLAND !』と題してお話しします。 かなり濃密 …

ブランドとしての「ケルト」

ブランドとしての「ケルト」

暑い~! そこに湿気が加わるから、蒸し風呂状態になり、不快極まりない~!! 梅雨はもう~大キライ! ブツブツ言いながら、汗をかきもって街中を歩いていると、涼風がそよぐアイルランドのさわやかな光景が次か …

10月12日(日)11:30~、阪急百貨店で文化講演『英国に息づくケルト~もうひとつのイギリス』

10月12日(日)11:30~、阪急百貨店で文化講演『英国に息づくケルト~もうひとつのイギリス』

『英国に息づくケルト~もうひとつのイギリス』 阪急百貨店「英国フェア2014」の関連企画としてこんなテーマで、10月12日(日)11:30~13:00、阪急うめだホール(阪急うめだ本店9階)で講演しま …

日経新聞で連載『〈ケルト〉映画の旅』が始まりました~(^_-)-☆

日経新聞で連載『〈ケルト〉映画の旅』が始まりました~(^_-)-☆

昨年暮れ、日経新聞東京本社から原稿依頼がありました。 『〈ケルト〉映画の旅』 こんなテーマで、毎週水曜日夕刊文化欄の「鑑賞術」で執筆してほしいと。 ケルトと映画~!! ぼくの得意中の得意分野なので、即 …

7月4日、静岡県焼津市でケルトの講演をします~(^_-)-☆

7月4日、静岡県焼津市でケルトの講演をします~(^_-)-☆

7月4日、遠洋漁業の基地として知られる静岡県焼津市へ出張します。 『「ケルト」を探る~ヨーロッパの原点を求めて~』のテーマで講演するためです。 焼津が、明治期の文豪、小泉八雲ことラフカディオ・ハーン( …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。