武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

今年の邦画ベストワン~!? 『ぼくたちの家族』

投稿日:2014年5月23日 更新日:

©2013「ぼくたちの家族」製作委員会

これ、ひょっとしたら今年の邦画ベストワンになる可能性が大です。

 

迷うことなく、★★★★★をつけました~(^_-)-☆

 

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

 

「舟を編む」(13年)で丁寧な演出力を内外で高く評価された石井裕也監督の新作。

 

ズバリ、家族に斬り込んだ。

 

それも真正面から。

 

非常にシリアスな物語なのに、一種、爽快感を与える。

 

〈石井マジック〉が冴える新感覚のホーム・ドラマだ。

 

会社経営者の父親(長塚京三)と母親(原田美枝子)は東京郊外の一軒家で暮らしている。

 

会社員の長男(妻夫木聡)は所帯を持って独立しているが、次男(池松壮亮)は大学を留年し、気ままな下宿生活を送る。

 

そんな家族に激震が走った。

 

母親が脳腫瘍で余命1週間と宣告されたのだ。

 

さぁ、どうする!? 

 

ここから2人の息子と父親が母(妻)を救うべく奮闘劇が繰り広げられる。

 

といっても、妙にゆとりが感じられる。

 

誇張した表現は一切ない。

 

切羽詰まった状況を気負わずに、かつ登場人物の本質をさり気なく描き出したからだろう。

 

これが石井監督の真骨頂。

 

大黒柱の父親が何とも頼りなくて、生真面目な長男が全てを仕切る。

 

次男は能天気ながらも気骨あるところを見せる。

 

兄弟の距離感が絶妙だ。

 

こんな具合に素顔が明かされるにつれ、この一家に同化していく。

 

緩急のメリハリも効いていた。

 

記憶が薄らぎ、天真爛漫な少女のようになった母親と次男とのかみ合わない会話が笑いを誘う。

 

その横で父親と長男が顔を強張らせている。

 

見事な対比。

 

可愛さを存分に体現させた原田。茶目っ気な性格を印象づけた長塚。

 

繊細な心を些細な仕草で表現した妻夫木。

 

池松も少年から大人へ成長する若者を好演していた。

 

配役は申し分ない。

 

分裂状態にあった家族が、ある程度よく似たベクトルを持って歩み出す。

 

決して一致団結ではない。

 

そこに理想像とは異なるリアルさがあり、大いに納得できた。

 

本当に愛すべき家族だった。

 

1時間57分

 

★★★★★(今年有数の傑作)

 

☆5月24日(土)より、大阪ステーションシティシネマ/なんばパークスシネマ/
MOVIX京都/神戸国際松竹、他全国ロードショー

 

(日本経済新聞2014年5月23日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関西経済連合会で講演~『映画のはじまり、みな関西』

関西経済連合会で講演~『映画のはじまり、みな関西』

スリランカの哀しみをグッと胸に収め、今日の昼、中之島のホテル「リーガロイヤルNCB」でかつてないほどビッグな講演に臨みました。 関西経済連合会の評議員会で、『映画のはじまり、みな関西』をテーマにお話し …

どこまでもイギリス映画……『ガーンジー島の読書会の秘密』(30日から公開)

どこまでもイギリス映画……『ガーンジー島の読書会の秘密』(30日から公開)

イギリス(連合王国=UK)には王室保護領が2か所、あります。 アイリッシュ海に浮かぶマン島とフランス・ノルマンディーのコタンタン半島沖合に散らばっているチャンネル諸島です。 イギリスの領土なのに、それ …

『ビバ! ウイスキー アンド シネマ』~11月26日(日)午後3時から豊中のショットバー・リーで開催

『ビバ! ウイスキー アンド シネマ』~11月26日(日)午後3時から豊中のショットバー・リーで開催

11月初旬刊行の新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)にちなみに、またまたトークショーが決まりました~❗ 『ビバ❗ ウイスキー アンド シネマ』 素敵な女性バーテンダー …

ある日突然、地獄へ突き落とされる~オスカー受賞作『それでも夜は明ける』

ある日突然、地獄へ突き落とされる~オスカー受賞作『それでも夜は明ける』

先日、発表されたアカデミー賞の作品賞を受賞した映画です。   厳しい物語ですが、観ておきたいです。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ © 2013 …

恐るべし「大阪芸大」パワー~!!

恐るべし「大阪芸大」パワー~!!

最近、目を疲れさせないように試写を1日に1本と決めていますが、今日は連続で2本観ました。   熊切和嘉監督の『私の男』(6月14日公開)と石井裕也監督の『ぼくたちの家族』(5月24日公開)。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。