武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

異色学園ドラマ~『桐島、部活やめるってよ』

投稿日:2012年8月10日 更新日:

こういうドラマもありなんや。

 

新鋭小説家、朝井リョウの原作の面白さもさることながら、映画としても十分、パワーのある作品でした。

 

ぼくの拙稿をどうぞ。

 

      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社

 “主人公”が一切、姿を見せず、それでいて最後まで観させる。

 

不穏な空気をはらませ、多感な高校生の内面を、登場人物のそれぞれの視点からあぶり出した異色学園ドラマだ。

 

桐島。バレーボール部で活躍し、成績も優秀なイケメン男子。

 

この生徒が突然、部活を辞めた。

 

噂がたちまち校内に広がり、波紋を投げかけていく。

 

まるで池に小石を落としたように。

 

ガールフレンドの梨紗(山本美月)、親友の宏樹(東出昌大)、バレー部の部長……。

 

桐島に近しい人物はもちろんのこと、彼らの周辺にもカメラが迫る。

 

金曜から火曜までの5日間の物語。

 

吉田大八監督は初日を執拗に、かつ丁寧に描いた。

 

視線を変え、同じ場面を何度も映す。

 

これは尋常ではないぞと思わせる巧みな導入部。

 

いや、ドラマ全体が巧緻に仕組まれていた。

 

徐々に浮き彫りにされる人間関係。

 

組織の中におれば、状況や立場によって見せる顔が異なる。

 

そこを突いてくる。

 

各人の立ち位置が物語の核となす。

 

存在感を際立たせたのが、桐島と最も関わりがない映画部員の前田(神木隆之介)。

 

8ミリビデオにこだわり、ゾンビ映画を撮り続ける彼の言動が“目立たない者”の矜持として独特な彩を添える。

 

仲間意識、恋心、嫉妬、憧れ、熱意……。

(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社

青春に付き物の感情に歪さと不安定さを与え、心の揺らめきを浮き立たせる。

 

その基盤になるのが焦燥感である。

 

桐島とは何者なのだ。

 

サスペンス色を匂わせ、しかし彼とは関係のない別世界に引きずり込む。

 

監督の術中にはまった!

 

全員が一堂に会する屋上のシーンは圧巻だった。

 

桐島に翻弄される彼らがぼくを振り回した。

 

謎解きもない。

 

奇妙な不完全燃焼。

 

この感触……。

 

ミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」(2009年)とよく似ていた。

 

1時間43分

 

★★★★

 

☆8月11日(土)より全国ロードショー

梅田ブルク7、TOHOシネマズなんば、アポロシネマ8、T・ジョイ京都、TOHOシネマズ二条、109シネマズHAT神戸 ほか

 

(日本経済新聞2012年8月10日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

笑わせる高度な会話劇~『セトウツミ』

笑わせる高度な会話劇~『セトウツミ』

大阪人が2人寄れば、お笑いが生まれる。 まさにそれを地でいく映画。 高校2年生の男子生徒2人が座ったまま平坦な無駄話を続ける様子をありのままに映し出す。 脱力系の面白さが際立ち、ひと味違った青春グラフ …

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます! 今年も、これまでと同じように「好きの力」を生かし、前向きに歩んでいこうと思っています。 元旦からさっそく仕事でした。 湊町のFM大阪まで歩いて行き、深夜番組『「なにわ …

サンティアゴ巡礼の道を歩く~映画『星の旅人たち』

サンティアゴ巡礼の道を歩く~映画『星の旅人たち』

サンティアゴ巡礼--。 なんとなくロマンをかき立てられますね。 この巡礼の道を舞台にした映画『星の旅人たち』がきょうから公開されています。      ☆    ☆    ☆    ☆    ☆     …

明日(29日)、MBSラジオ『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演します~(^_-)-☆

明日(29日)、MBSラジオ『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演します~(^_-)-☆

最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の絡みで、明日、MBSラジオの人気生ワイド番組『ありがとう浜村淳です』にゲスト出演します。 午前10時5分から15分程度。 ごく …

日経新聞「映画万華鏡」の最後の原稿~『記者たち~ 衝撃と畏怖の真実』

日経新聞「映画万華鏡」の最後の原稿~『記者たち~ 衝撃と畏怖の真実』

大量破壊兵器の保有――。 2003年のイラク戦争開戦の真相を徹底的に追い求め、その事実がないことを報道し続けた記者たちの実像。 政府発表を鵜呑みにせず、権力の監視を貫いたジャーナリスト魂に胸が打たれる …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。