武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

見せるアニメ『ブレンダンとケルズの秘密』~大阪ヨーロッパ映画祭

投稿日:2010年11月21日 更新日:

ケルズ
ケルズの書--。
言わずと知れた「アイルランドの至宝」といわれるキリスト教の福音書です。
渦巻き文様、組みひも文様、螺旋などを駆使した、これぞケルト美術のエッセンスというべき精緻極まる装飾が施されています。
首都ダブリンのトリニティ・カレッジの図書館に展示されているので、じかに見た人も少なくないかもしれませんね。
北欧からやって来たバイキングの脅威にさらされていた8世紀、アイルランド中東部のケルズ修道院で作られたと言われています。
その誕生の秘密を独自に解釈した長編アニメ『ブレンダンとケルズの秘密』がきょう、大阪・肥後橋のイシハラホールで開催中の第17回大阪ヨーロッパ映画祭で上映されました。
独創性あふれる映像と奇抜な発想力に基づいた内容にぼくは感動すら覚え、銀幕に眼が釘付けに。
非常に中身の濃いアニメだと思いました。
昨年のアカデミー賞長編アニメーション部門でノミネートされた作品なんです。
監督・脚本のトム・ムーアさんがアイルランドからゲストで招かれ、上映後、観客との間で質疑応答がありました。
トムムーア
「ケルズの書にまつわるいろんな伝説や歴史を踏まえ、完全にオリジナル・ストーリーとして構築しました。こういう内容のアニメはアイルランドでは初めてです。これからもヨーロッパを拠点に制作していきます」
アニメに対するムーアさんの熱意が会場を包み込みました。
Tシャツ姿がよかった。
一番好きな映画は、宮崎アニメの『トトロ』で、「ジブリ・ミュージアムを見学するのが楽しみ、楽しみ~♪」と笑みをこぼしていました。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人間の本質を突く問題作~『ザ・スクエア 思いやりの聖域』

人間の本質を突く問題作~『ザ・スクエア 思いやりの聖域』

これは誠にけったいな映画でした。 28日から公開される『ザ・スクエア 思いやりの聖域』。 昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した悲喜劇です。 世界的に注目を浴びるスウェーデンの名匠リュー …

苦~いボンド・マティーニ

苦~いボンド・マティーニ

007シリーズの最新作『007/慰めの報酬』が24日から封切られます。22作目です。ダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドとして、前作『007/カジノ・ロワイヤル』(2006年)以上に大熱演。最 …

『今度は愛妻家』~夫婦善哉の現代版!?

『今度は愛妻家』~夫婦善哉の現代版!?

(C) 2010「今度は愛妻家」製作委員会 いま公開中の日本映画『今度は愛妻家』……。 ヨトエツと薬師丸の夫婦がなかなかええ味を出しております。 シネマエッセーをどうぞ。     *      *   …

超パワフルな時代劇アクション~『十三人の刺客』

超パワフルな時代劇アクション~『十三人の刺客』

大阪地検特捜部の主任検事によるデータ改ざん、尖閣諸島沖の中国漁船との衝突事件……、何やらきな臭い出来事が相次いでいますね。 ふたつの事案ともまずは真相究明が先決だと思います。 じっくり腰を据えて、取り …

ありがたい紹介記事、大阪日日新聞紹介

ありがたい紹介記事、大阪日日新聞紹介

こんな記事が出ると、無性にうれしくなりますね~(^_-)-☆   ちょっと前ですが、10日付けの大阪日日新聞1面の「潮騒」。     拙著『ウイスキーアンドシネマ』のことを見事な文章で紹介し …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。