武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

見せるアニメ『ブレンダンとケルズの秘密』~大阪ヨーロッパ映画祭

投稿日:2010年11月21日 更新日:

ケルズ
ケルズの書--。
言わずと知れた「アイルランドの至宝」といわれるキリスト教の福音書です。
渦巻き文様、組みひも文様、螺旋などを駆使した、これぞケルト美術のエッセンスというべき精緻極まる装飾が施されています。
首都ダブリンのトリニティ・カレッジの図書館に展示されているので、じかに見た人も少なくないかもしれませんね。
北欧からやって来たバイキングの脅威にさらされていた8世紀、アイルランド中東部のケルズ修道院で作られたと言われています。
その誕生の秘密を独自に解釈した長編アニメ『ブレンダンとケルズの秘密』がきょう、大阪・肥後橋のイシハラホールで開催中の第17回大阪ヨーロッパ映画祭で上映されました。
独創性あふれる映像と奇抜な発想力に基づいた内容にぼくは感動すら覚え、銀幕に眼が釘付けに。
非常に中身の濃いアニメだと思いました。
昨年のアカデミー賞長編アニメーション部門でノミネートされた作品なんです。
監督・脚本のトム・ムーアさんがアイルランドからゲストで招かれ、上映後、観客との間で質疑応答がありました。
トムムーア
「ケルズの書にまつわるいろんな伝説や歴史を踏まえ、完全にオリジナル・ストーリーとして構築しました。こういう内容のアニメはアイルランドでは初めてです。これからもヨーロッパを拠点に制作していきます」
アニメに対するムーアさんの熱意が会場を包み込みました。
Tシャツ姿がよかった。
一番好きな映画は、宮崎アニメの『トトロ』で、「ジブリ・ミュージアムを見学するのが楽しみ、楽しみ~♪」と笑みをこぼしていました。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本で一番、忙しい監督? 三池崇史さんにインタビュー

日本で一番、忙しい監督? 三池崇史さんにインタビュー

どことなくヤンチャそうな風貌がたまりませんねぇ。 市川海老蔵主演の時代劇大作『一命』(10月15日公開)のキャンペーンで、先日、大阪に来た三池崇史監督の記者会見にお邪魔しました。 この映画のクランクア …

18日(水)PM8:00~、堺のバーWhisky Catで『ウイスキー アンド シネマ』のトークショー開催~(^^)/

18日(水)PM8:00~、堺のバーWhisky Catで『ウイスキー アンド シネマ』のトークショー開催~(^^)/

ぼくの新刊『ウイスキー アンド シネマ 琥珀色の名脇役たち』(淡交社)が刊行されてから4か月以上が経ったのに、今なおマスメディアで紹介されています。   3日前(5月30日)には、古巣の読売 …

戦時中の国策映画『阿片戦争』(1943年)を観て……。

戦時中の国策映画『阿片戦争』(1943年)を観て……。

今宵、非常に興味深い映画をDVDで観ました。 なぜDVDかというと、戦時中の1943年(昭和18年)に公開された日本映画だからです。 先日、古い映画マニアのK氏からもらったものです。 題名は『阿片戦争 …

家族の物語『TheLady アウンサンスーチ ひき裂かれた愛』

家族の物語『TheLady アウンサンスーチ ひき裂かれた愛』

この映画、感動しました。   きょうから公開です。   オススメ!!       ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ © 2011 EuropaCorp …

天六のシネマパブ「ワイルドバンチ」、とりあえず営業終了

天六のシネマパブ「ワイルドバンチ」、とりあえず営業終了

大阪の天六(天神橋筋六丁目)から映画・映像文化を発信してきたシネマパブ「ワイルドバンチ」が昨日(2月13日)でもって、とりあえずピリオドを打ちました。 入居しているビルが老朽化のため、取り壊しになるた …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。