武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

足が地に着かない人生は虚しい~アメリカ映画『マイレージ、マイライフ』

投稿日:2010年3月25日 更新日:

マイレージ、マイライフ
(C)2009 DW Studios L.L.C and COLD SPRING PICTURES. All Rights Reserved
「バックパックに入らない〈人生の荷物〉を背負わないこと~!」
柔和な顔を見せ、もっともらしい言葉を並べ立てるライアン(ジョージ・クルーニー)は、企業のリストラ対象者に解雇を宣告する首切り人。
見かけとは裏腹に、何事もドライに割り切り、決して深く立ち入ろうとはしない。
人の人生を左右する仕事なのに、驚くほど冷徹だ。
ホテルを自宅代わりに使い、高級スーツを着こなし、さっそうと仕事に出かける。
見るからにダンディーで、リッチな独身男。羨ましく思える。
年間、322日も飛行機で全米を飛び回っている。当然、マイレージがたまる。
何でも1000万マイルが人生の目標だという。
そんなライアンが人との出会いによって、自分の生き方を見直し、少しずつ人生観や価値観を変えてゆく。
その変貌ぶりをジェイソン・ライトマン監督がコミカル風味に描いた。全く肩の凝らない娯楽作に仕上げているのがいい。
ライアンにとって転機になったのが、女性の新入社員ナタリー(アナ・ケンドリック)の教育係に任命されたこと。
彼女はライアンを上まわる超合理主義者で、面談でのリストラ通告は費用がかかるので、ネットであっさり解雇を言い渡すべきだと主張する。
しかも超マニュアル人間ときている。柔軟性はゼロ。
まるでロボットのような部下から、ライアンは人とのつながりの大切さを実感する。
そしてホテルのバーで知り合ったキャリア・ウーマンのアレックス(ヴェラ・ファーミガ)が彼を成長させる。
大人のつき合いと割り切っていたはずなのに、ライアンは彼女の世界に土足で踏み込み、痛い目に遭う。
他者と適度な距離感を保つのを信条にしてきたけれど、愛が芽生えたらそうは言っていられない。
失恋して初めて「情」の力を知った。
飛行機ばかり乗っている主人公は、文字通り足が地に着いていない人生を歩んできた。
そんな生き方は、どう見たって孤独で寂しい。
昨今、その場の空気を乱さないがために、本音でモノを言わず、表面的に繕う風潮が強くなってきた。
この映画は、そういう社会に何かしら警告を与えているような気がした。
冒頭、ライアンが言った〈人生の荷物〉は、多ければ多いほど充実している証しだと思う。
絶対に無駄ではない。
大きな荷物をいっぱい背負って前向きに生きていきましょう~!
☆公開中

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大阪・難波が映画発祥地~大阪日日新聞に掲載されました!!

大阪・難波が映画発祥地~大阪日日新聞に掲載されました!!

今日の大阪日日新聞にドカーンと出ました。 荒木和一氏よりぼくの顔写真の方が大きいので、ちょっと戸惑っています(笑) 逆ですよね……(*_*; 大阪密着の地域紙ですが、こんな形で紹介されてうれしいです。 …

わが子への母親の切なる想い~『あなたを抱きしめる日まで』

わが子への母親の切なる想い~『あなたを抱きしめる日まで』

©2014『あなたを抱きしめる日まで』製作委員会 この映画、ぐんぐん引き込ませるパワーがあります。   大好きな作品です~(^O^)/   ☆     ☆     ☆     ☆  …

プロモーション・ムービー『映画の街、なんば』、日経新聞の告知記事、自分で書きました~(^_-)-☆

プロモーション・ムービー『映画の街、なんば』、日経新聞の告知記事、自分で書きました~(^_-)-☆

きのうの日経新聞夕刊、「関西タイムライン」欄にぼくの寄稿が載りました。 映画の発祥地についてずっと訴えていることですが、見出しの横に「武部好伸氏寄稿」とドカーンと銘打たれるとはびっくりポンでした~(^ …

22日(土)、ABCテレビ朝のワイド番組『おはよう朝日です』に出演します~(^_-)-☆

22日(土)、ABCテレビ朝のワイド番組『おはよう朝日です』に出演します~(^_-)-☆

ちょっとお知らせです。 22日(土)、朝日放送(ABC)テレビ朝のワイド番組『おはよう朝日です』に出演することになりました~😁 オススメのお正月映画の紹介です。 映画評論家ではないし、 …

『映画美術監督 井川徳道の世界 京都の映画美術』(4月1日~20日)

『映画美術監督 井川徳道の世界 京都の映画美術』(4月1日~20日)

ぼくの友達で、京都を拠点に映画に関わる活動をしている西川敦子さんから、ぜひ告知してほしいと熱いメールを届きました。   『映画美術監督 井川徳道の世界~京都の映画美術』。 *お昼の部の上映は …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。