武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

こんな生き方も……英国映画『ミス・シェパードをお手本に』

投稿日:

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

「七年目の浮気」「アマデウス」「戦火の馬」……。

 

舞台劇の映画化は非常に多い。

 

ミュージカル映画となると、ほぼ全てがそうだ。

 

こうした作品は、いかに程よく劇から遊離できるかがポイント。

 

本作はその良い典型例だった。

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

英国の劇作家アラン・ベネットの実体験を基に1999年、ロンドンで舞台化された。

 

映画では演出家ニコラス・ハイトナーが監督を務め、主演のマギー・スミスとアレックス・ジェニングスが同じ役に扮した。

 

ミス・シェパードはとんでもない老女だ。

 

薄汚い衣服をまとい、見るからに不潔で、悪臭を放っているのだからたまらない。

 

しかも高飛車。

 

親切にしてもらった人にも悪態をつく。

 

1人身で、黄色いポンコツのワゴンを住居にし、自由気ままに過ごす。

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

そんな彼女が高級住宅地に暮らす劇作家ベネット(ジェンキンス)の自宅の車寄せにワゴンを乗りつけ、何と15年間も居坐り続けた。

 

あまりにも奇抜な状況とあって、最初はとまどうかもしれない。

 

しかしフランス語を話せ、音楽に精通する主人公のミステリアスな面が増幅され、いつしか物語に引きずり込まれる。

 

そもそもどうしてこんな荒んだ生活を送るようになったのか。

 

一体、何者なのだ。

 

疑問を抱きつつ、彼女に惹かれていくベネットの姿が少しユーモラスに描かれる。

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

時折、戯作者の分身が現れ、本人といがみ合う場面が妙におかしい。

 

とかく劇では大仰になりがちな演技がかなり抑えられていた。

 

それでいて舞台めいた空気をそこはかとなく感じさせる。

 

そこがこの映画の持ち味といえよう。

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Rights Reserved.

常に気高さを失わないシェパード。

 

彼女は「レディ(淑女)」なのだ。

 

何とも風変わりな女性を演じたマギー・スミスの強烈なオーラに圧倒されっぱなし。

 

英国の演劇・映画界の懐の深さを改めて実感させられた。

 

1時間44分

 

★★★(見応えあり)

 

☆24日からシネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸で、近日中に京都シネマで公開

 

(日本経済新聞夕刊に2016年12月9日に掲載。許可のない転載は禁じます)

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

死を前にしてどう生きるか~『BIUTIFUL ビューティフル』

死を前にしてどう生きるか~『BIUTIFUL ビューティフル』

スペイン人俳優ハビエル・バルデムって、実に味のある演技を披露してくれますね。 名優だと思います。 この人が一球入魂で打ち込んだのがこの映画です。      ☆     ☆     ☆     ☆    …

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』の発刊記念イベント、11月18日(土)に!!

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』の発刊記念イベント、11月18日(土)に!!

11月初旬刊行の新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベント~! 11月18日(土)午後3時~、大阪・谷町6丁目の隆祥館書店で開催されます。 映画とウイスキ …

愛すべき〈大阪映画〉、『ねばぎば新世界』が10日から公開~(^_-)-☆

愛すべき〈大阪映画〉、『ねばぎば新世界』が10日から公開~(^_-)-☆

「梅に鶯、松に鶴、牡丹に唐獅子、勝吉いうたら、このコオロギでっせ!」 勝新太郎と田宮二郎のコンビによる任侠映画の金字塔『悪名』を彷彿とさせる、痛快作『ねばぎば新世界』が10日から順次公開されます。 と …

今風のお葬式映画~『おじいちゃん、死んじゃったって。』11月4日~テアトル梅田で公開

今風のお葬式映画~『おじいちゃん、死んじゃったって。』11月4日~テアトル梅田で公開

まさに拾い物の映画でした。 ほぼ無名に近い34歳の森ガキ侑大監督がオリジナル脚本でここまで深く人間を掘り下げるとは…………、びっくりポンでした~! 現代の家族模様をきちんと見据えてはります。 拙稿を掲 …

栄光からの転落、自分の居場所を求めて~『レスラー』

栄光からの転落、自分の居場所を求めて~『レスラー』

2代目タイガーマスクとして活躍したプロレスラーの三沢光晴さん、そしてレフェリーの田辺哲夫さんが、相次いで試合中に亡くなりはりました。ご冥福をお祈りします。 最近でこそあまりプロレスを観なくなりましたが …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。