武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

information

東ヨーロッパの「ケルト」をどうぞ~!

投稿日:2009年4月9日 更新日:

これぞ4番打者、アニキ金本の神がかり的な活躍で、完全に舞い上がってましたが、このままでは仕事がでけへん~とちょっぴり気を引き締めています。ということで、きょうは阪神タイガースから離れ、文化的なお知らせです。
朝日カルチャーセンター芦屋教室で続けている「ケルト」の新しい公開講座『ケルトを旅する~東欧からギリシア、トルコヘ』。
東欧ケルトのチラシ
古代ケルト人の東方移動の足跡を求めたシリーズ第7弾『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』(2005年、彩流社)をベースにしたものです。
東ヨーロッパ「ケルト」紀行―アナトリアへの道を歩く
東ヨーロッパ「ケルト」紀行―アナトリアへの道を歩く
クチコミを見る
チェコのプラハを皮切りにスロヴァキア、ハンガリー、セルビア、ルーマニア、ブルガリア、ギリシア、そしてトルコへと至るルート。8か国、5320キロにもおよぶ大旅行でした。
おそらく東欧から「ケルト」をイメージする人はいないと思いますが、古代ケルト人が関わったスポットが少なくありません。写真のお城は、スロヴァキアの首都ブラチスラヴァ近郊にあるデヴィーン城で、かつてケルト人の一大定住地でした。
デヴィーン城
それと1989年のベルリンの壁崩壊から始まった東欧革命(社会主義独裁体制の瓦解)後の社会の変化についても言及しようと思っています。だから少しジャーナリスティックな内容になるかもしれません。
〈1〉 4月25日(土) ボヘミアやドナウ川沿いの古代ケルト
             ――チェコ、スロヴァキア、ハンガリー
〈2〉 5月23日(土) 刺激的で混沌としたバルカン半島のケルト
             --セルビア、ルーマニア、ブルガリア
〈3〉 6月27日(土) 古代ケルト人の東方移動の到着点
             --ギリシア、トルコ
1月~3月のイタリア・マルタ編は大勢の方々に来ていただき、ありがとうございました! 東ヨーロッパ編もきっと満足してくださると思います。よろしくお願いします~♪
朝日カルチャーセンター芦屋教室の同講座HP

-information

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2月4日、大阪・十三のシアターセブンで、日本映画『ひとくず』の上映後に登壇します~(^_-)-☆

2月4日、大阪・十三のシアターセブンで、日本映画『ひとくず』の上映後に登壇します~(^_-)-☆

昨年、観た映画で最大の拾い物が『ひとくず』でした。 幼児虐待と育児放棄という超シビアな現実をあぶり出した骨太な作品。 大阪出身の俳優、上西雄大さんが監督・脚本・主演の三役をこなしてはります。 ものすご …

イタリアの「ケルト」はいかがですか?♪

イタリアの「ケルト」はいかがですか?♪

ちょっとPR! イタリアといえば、歴史的には古代ローマ帝国やルネサンス、宗教的にはカトリックの総本山ヴァチカン、カー・マニアならフェラーリ、アルファロメオ、旅好きの人なら、永遠の都ローマをはじめ、フィ …

ちょかBandが落語会に出演~6日(日)

ちょかBandが落語会に出演~6日(日)

ちょかBandの相方、疋田吉継さんが主宰する落語会「天六アハハ寄席」が今度の日曜に開かれます。   疋田さんは「天六亭セブン」の名で高座を務めはります。   もちろん、ちょかBan …

今日からブログの画面が一新~(^_-)-☆

今日からブログの画面が一新~(^_-)-☆

本日より、ブログの画面がリフレッシュしました!!   実は、何やかんやとややこしいことがありまして(まだ公言できません)、サーバーを変えることになったのです。 つまり引っ越しです。 ブログの …

心を癒すシネマセラピー~♪

心を癒すシネマセラピー~♪

映画を楽しみながら、映画の登場人物の心模様を心理分析。自分の隠れたメンタルパワーの扉を開き、ご自身のフタとなっている深層心理や魅力に気づく「映画+心理セラピーコーチング」のユニークなセミナーです。 こ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。