武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

WBCとアカデミー賞に斬り込む~!

投稿日:2009年2月25日 更新日:

090225_1
「侍ジャパン」。だれがネーミングしたのか知らないけれど、(憎っくき)巨人の原監督が指揮をとっていることもあり、WBCにはそれほど関心がありませんでした。それがきのう(2月24日)、京セラドーム大阪でオーストラリアとの強化試合を観る機会に恵まれ、日本代表チームが圧勝し、存外に元気をもらいました。
冷静に考えると、すごいメンバーです。先発のダルビッシュがちょっと誤算だったけれど、攻守にわたりめちゃ強いと実感しました。ひょっとしたら本番で2連覇達成するかも~と期待を抱かせました。
「日本、なかなかやるやん~!」
気分よくビールをすすりながら、時おり肩をクルクルまわすライトのイチローを、外野席からぼんやり眺めていると、前日のアカデミー賞のことが頭に浮かんできました。ニュースで大々的に報じられていましたね。
090225_2滝田洋二郎監督の『おくりびと』が外国語映画賞を、加藤久仁生監督の『つみきのいえ』が短編アニメ賞を獲得。日本作品のW受賞という快挙です。純日本的なたたずまいと死生観をそこはかとなく表現した『おくりびと』がアメリカでも評価されたのがぼくにはとてもうれしかったです。
WBCとアカデミー賞。野球と映画……、ジャンルはちがえども、ともにアメリカで創設されたもので、ある意味、アメリカ文化そのものです。そんな異国の土俵で日本が奮闘しているのが痛快と言えば痛快~! 
べつに愛国主義が芽生えたわけではありません。素直によろこびたいのです。時代が暗くなってきているだけに、よけいにそう思えるのかもしれませんが……。
8回終わって、8対2。楽勝、楽勝~!! 抑えはてっきり阪神の球児(藤川)とばかり思っていたら、なんとソフトバンクの馬原くんでした。馬原くんには悪いけれど、ドーム内に失望のため息がもれました。
「なんで藤川、出せへんねん! 原のボケ~!」
最後になって、アメリカ文化のことなど吹き飛び、阪神ファンの素顔をのぞかせたぼくでした


							

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教え子の鈴木信輝君が新聞の一面に~!!

教え子の鈴木信輝君が新聞の一面に~!!

「中部経済新聞の一面に私の記事が掲載されました~!!」 先ほど大学(関西大学社会学部マス・コミュニケーション学専攻)の教え子、鈴木信輝君からぼくの携帯に写真(上)付きでメールが届きました。 彼は200 …

西川光男さんの陶展を堪能~(^_-)-☆

西川光男さんの陶展を堪能~(^_-)-☆

かれこれ40年前、古巣新聞社の新米記者時代、初任地の京都で自社の先輩諸氏のみならず、他社の記者にも随分、お世話になりました。   その1人が産経新聞社の西川光男さん。   8つ年上 …

文化部記者時代に撮った懐かしの写真~

文化部記者時代に撮った懐かしの写真~

今朝、やはり気になって書庫を探すと、出てきました!! 新聞社の文化部時代に撮影したネガがわんさと!! 自分で撮った分です。 劣化・破損しているネガが結構、ありました。 さっそく一部を写真屋さんでプリン …

あゝ、琵琶湖、びわこ、ビワコ、琵琶湖……

あゝ、琵琶湖、びわこ、ビワコ、琵琶湖……

写真集「ケルト」紀行(上下巻)の締め切りが迫ってきており、ちと焦り気味ですが、気分転換を兼ね、きのう11日の夜、湖国・滋賀県の彦根に泊まりに出かけました。 関西大学社会学部マスコミュニケーション学専攻 …

怒涛の数日間を振り返って

怒涛の数日間を振り返って

久しぶりのブログです。 芦屋BARの1周年記念ライブ(11月22日)のあと、なにかと慌しい日々を過ごしていました。 翌23日(土)は、ちょかBandの相方、疋田さんと天王寺の口縄坂で、ミュージック・ビ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。