武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

死者を弔うこと~

投稿日:2009年3月1日 更新日:

納骨堂
早いものできょうから3月。2009年の6分の1が過ぎてしまいました。春が目前です。
そんななか、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』が凱旋公開され、映画館が結構、にぎわっているそうです。納棺師を主人公にした映画とあって、死の問題に関心をもつ年配者が多いらしいですが、ぼくももう一度、観たいと思っています。
若かりしころは、たしかに死を忌まわしいものと受け止めていました。でも、「ケルト」の文化と出会い、古代ケルト人が死後の世界と行き来できるという死生観をもっていたのを知ると、死がすごく身近なものに感じてきたんです。
死は生の証しそのものなんや、生きていることと死はつながってるんや~。あれこれ考えることが増え、死をタブー視することがまったくなくなりました。だからブログでも、こんな文章を抵抗なく書けるんです。
この写真、一見、グロテスクでしょ。頭蓋骨を中心に人骨がところ狭しと並べられてあるのですからね。8年前に訪れたオーストリア中部ハルシュタット村にある納骨堂のなかです。湖と山にはさまれた狭い土地ゆえ、墓地をつくるスペースがなくなり、こんな形で納骨しているんです。
これは古代ケルト人の遺骨ではなく、中世のゲルマン系の人たちのものです。生前に愛した家族の名前、十字架、色とりどりの草花や動物などが頭蓋骨に記されています。
納骨堂に入ったとき、あまりの不気味さに足がすくみました。しかししばらくすると、遺族の深い愛情が感じられ、キリスト教の世界であることなどすっかり忘れ、ぼくはお寺でお参りするような格好で自然と合掌していました。
死者へのいたわり、思いやり……。どこの国でもおなじなんですね。ほんま、死は尊いもの。だからこそ精一杯生きなあかんのです~よね。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「忘れられた戦争」の終結から100年~

「忘れられた戦争」の終結から100年~

「忘れられた戦争」……。 こう呼ばれる第一次世界大戦の終結から100年を迎えました。 「ケルト」の取材でヨーロッパ各地の田舎に足を向けると、どんな小さな町や村でもこの大戦で命を失くした戦没者慰霊碑を見 …

早稲田大学でスコットランドの講演をしてきました~(^^♪

早稲田大学でスコットランドの講演をしてきました~(^^♪

♪♪~都の西北、早稲田の杜に~♪♪   24日(土)、東京は早稲田大学のキャンパス内にある国際会議場(セミナールーム)で、『スコットランドの「ケルト」』と題して講演してきました。 &nbsp …

甲子園でフィーバー~(^_-)-☆

甲子園でフィーバー~(^_-)-☆

きのう、今季初の甲子園でした~ 毎年、懲りもせず、年に10回程度、甲子園(あるいは京セラドーム大阪)へ足を運び、わが阪神タイガースを応援しているのですが、今年は新型コロナ禍で開幕が遅れ、しかも観客を5 …

戦後71年目、真田山陸軍墓地にて

戦後71年目、真田山陸軍墓地にて

真田山陸軍墓地(大阪市天王寺区玉造本町)。 真田山公園の北側、真田丸が築かれた大阪明星学院の東側に、5100基の墓碑が整然と並んでいます。 戦前、全国に約80か所あった陸軍墓地の中で最大のもの。 圧倒 …

国力ってなに~?

国力ってなに~?

これ、アメリカの新聞です。1941年12月8日付けのシンシナティ・タイムズスターという地方紙。 日本軍によるハワイ・真珠湾攻撃を受け、アメリカの議会がただちに日本に対して宣戦布告を決めたことを報じた記 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。