武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

郷愁の時代への誘い~『佐伯祐三とパリ』

投稿日:2012年4月30日 更新日:

佐伯
1920年代のパリ。
パブロ・ピカソ、アンリ・マティス、サルバドール・ダリ、T・S・エリオット、ルイス・ブニュエル、アーネスト・ヘミングウェイ、スコット・フィッツジェラルド、コール・ポーター……。
フランスだけでなく、海外からも歴史に名をとどめる画家、詩人、映画監督、小説家、作曲家らが居つき、その時期は「狂乱の時代」と呼ばれています。
大阪出身の洋画家、佐伯祐三(1898~1928年)もそこにいました。
彼はしかし、華やいだ空気とは一転、茶系で統一したシックなパリの街角を描き続けました。
どこかペシミスティックなムードが漂い、たまらなく惹きつけられます。
この人の作品、大好きです。
何時間でも見入っていられる。
とくに、『壁』というタイトルをつけられた上の作品は、詩情があふれていて、何かドラマを秘めているような気がします。
そんな佐伯祐三の作品を集めた美術展が大阪市立近代美術館心斎橋展示室で開催されています。
『佐伯祐三とパリ』
13357861983912
白っぽいパリの街がどうしてかくもシブい色彩で表現されるのか。
興味は尽きません。
26日から公開されるウディ・アレン監督の新作『ミッドナイト・イン・パリ』はちょうどその頃を舞台にした物語です。
アレンも20年代のパリに郷愁を覚えているみたい。
コール・ポーターのノスタルジックな音楽がよく合います。
タイムマシンがあれば、真っ先にこの時代のパリに行きたい。
この展示会、オススメです!!
大阪からこんな素晴らしい画家が輩出されたことが、何よりもうれしい(^o^)v

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

演劇→陸上部OB総会→第九

演劇→陸上部OB総会→第九

金曜日、関西大学社会学部での講義を終えてから、同大学千里山キャンパスで開かれた演劇を観に行きました。 教え子(JP6期生)のE.Mさん、S.Mさんが所属している劇団「学窓座」の冬公演です。 『カラフル …

陶芸に魅せられた西川光男さんの個展

陶芸に魅せられた西川光男さんの個展

左の男性、元産経新聞記者で、現在、陶芸家として地歩を固めておられる西川光男さんです。 35年ほど前、読売新聞京都支局でサツ回り(事件担当)をしていたころ、ライバル会社なのに、新米記者のぼくにいろいろア …

WHISKY Festival 2014 大阪 

WHISKY Festival 2014 大阪 

きのうは『WHISKY Festival 2014 大阪』が天満橋のマーチャンダイズビル展示大ホールで開かれました。   大阪では3回目。   1回目の時は、『映画とウイスキー』と題してトークショーを …

阪神・淡路大震災、20年に思う

阪神・淡路大震災、20年に思う

今日は、阪神・淡路大震災からちょうど20年。   ぼくが40歳のときです。   地震が起きた1月17日は、大阪市内の自宅マンションでもかなり揺れ、棚からウイスキーのボトルがなだれ落ち、足を負傷しました …

MORITA BAR、新たなるスタート~!

MORITA BAR、新たなるスタート~!

今日から4月、新年度の始まりです。   新入生&新入社員が期待と不安を胸に新たな一歩を踏み出します。   初々しいです。   それが眩く、また清々しく感じられますね。 & …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。