武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

心がくすぐられる『配色事典』

投稿日:

桑染色(くわぞめいろ)、淡黄檗(うすきはだ)、緋褪色(ひざめいろ)……。

すべての色に日本語の名前が付いてるんですね~(^_-)-☆

京都の出版社、青幻舎に勤務している大学の元教え子(2006年卒業、関大武部ゼミ3期生の大谷幸恵さん)から実に興味深い事典が贈られてきました。

ありがとうね~!!

彼女が編集した『配色事典 応用編 大正・昭和の色彩と商業デザイン』。

著者の和田三造は、衣笠貞之助監督の『地獄門』で色彩・衣裳デザインを担当した著名な洋画家です。

滋味ある色のネーミングに日本人の美意識が感じられ、心がくすぐられています~♥💛♥

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教え子の初編集本~!! 『ブタとおっちゃん』

教え子の初編集本~!! 『ブタとおっちゃん』

おとついの木曜日、4年前に関西大学社会学部(マスコミ専攻)を卒業した、ピエールと異名をとるゼミ3期生のR・Tさんとランチを楽しみました。 彼女はうちの近くの会社に勤めておりまして、とても元気だったので …

田辺聖子さんの『一生、女の子』

田辺聖子さんの『一生、女の子』

先日、講談社から1冊の本が贈られてきました。 『一生、女の子』 大阪をこよなく愛する作家、田辺聖子さんへのインタビュー記事、生い立ちから今日までの証言集、自作の解説、そして仲のいい落語家、笑福亭鶴瓶と …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(3)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(3)

【身も心も休まる本】 『水木サンの幸福論 妖怪漫画家の回想』 水木しげる *日本経済新聞社 2004年   今や注目の漫画家が、世界中の幸福な人、不幸な人を観察してきた体験から、ユニークな「幸福の七カ …

映画愛が煮詰まった本『元町映画館ものがたり』

映画愛が煮詰まった本『元町映画館ものがたり』

神戸に足を向けると、道幅の広い三宮センター街から元町商店街の西端(西元町)までよくそぞろ歩きます。 大阪の狭い商店街とは違って「ゴチャゴチャ感」がなく、妙に開放感に浸れますから(笑)。 知らぬ間に街の …

単行本『安倍三代』(朝日新聞出版)~安倍首相のもう1つの系譜を徹底検証

単行本『安倍三代』(朝日新聞出版)~安倍首相のもう1つの系譜を徹底検証

非常に面白い本を読破しました。   『安倍三代』(朝日新聞出版)。     現在、総理大臣で自民党総裁の安倍晋三、父親の自民党代議士、安倍晋太郎、父方の祖父、安倍寛(かん …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。