武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

父親の写真

亡きオヤジさん撮影の写真たち……昭和30年代の息吹

投稿日:2018年2月19日 更新日:

13年前、85歳で黄泉の客となったオヤジさん(武部孝太郎)は生前、アマチュア・カメラマンでした。

私たち一家が暮らしていた大阪市東区(現在の中央区)龍造寺町の長屋で印刷職人として毎日、カチャン、カチャンと機械を動かしていました。

完全な個人経営、町の印刷屋さんです。

昭和29年1月5日撮影

近所に写真スタジオを営んでいたTさんと懇意になったことから、カメラを手にしたようです。

うちの家は狭かったので、現像や焼け付けができず、いつもTさんのスタジオを利用していました。

カメラは、上から覗いて撮影する二眼レフ(ローライ?)、ライカ、キャノンを愛用していました。

撮影していたのは、ぼくが生まれた昭和29年ごろから東京オリンピック開幕の昭和39年までの10年間です。つまり、昭和30年代!

昭和39年にピタリと写真の世界から遠ざかりました。

その年に東大阪の枚岡に転居したので、Tさんと縁遠くなったのでしょうか。

でも職場は龍造寺町にあったので、ずっとつき合っていたはずです。

オヤジさんは郊外での暮らしを喜び、自宅の庭での菜園に没頭し、いろんな野菜や花を栽培していました。

ぼくは市内の長屋生活に未練があり、時々、祖母が独りで住んでいた龍造寺町の家(父親の職場の2階)に寝泊まりしに行きました。

よくよく考えると、高度経済成長が始まったころ、仕事がだんだん忙しくなり、写真どころではなくなってきたのかもしれませんね。

オヤジさんが兄貴夫婦の暮らす岡山市内で他界してから、遺されたものを整理していたとき、大判に焼いた写真がごっそり出てきました。

身びいきではありませんが、どれもプロが撮ったような出来栄えで吃驚した次第。

そして昨年7月、母親が90歳で永眠したのを機に岡山の家で両親の遺品を片付けていると、さらに写真がぞろぞろと……。

トータルで158点ありました。

そのうち104点が芸術性を追求したものです。

例えば、樹皮、岩、波浪、植物、船のロープなどをアップで狙った作品。

残りの54枚が街(風景)と人を撮ったものです。

とりわけ子どもと人物スナップが興味深い。

どれも当時の息吹がみなぎっており、見映えする写真ばかりです。

うち39枚は昭和30年代の大阪を見事に活写しています。

写真集『大阪市の昭和』(樹林舎)が今年10月に刊行されるので、大阪の分を応募しました。

掲載されるかどうかは分かりませんが……。

埋もれたままにしるのはもったいないと思うので、近い将来、しかるべきところで写真展を開こうと考えています。

とりあえずお気に入りの写真を一挙、ご紹介します~(^_-)-☆

以前、アップした分もあるかもしれませんが、ご了承ください。

-父親の写真

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真作品(1)~大阪の子どもたち

写真作品(1)~大阪の子どもたち

子どもたちの集い。生まれ育った龍造寺町。ぼくは真ん中です。 当時、公園は子どもだらけでした。場所不明。 滑り台でよぉ遊びましたわ。 何を楽しそうに喋っているのかな? 綿菓子を頬張る女の子。母校の大阪市 …

敗戦記念日……、亡き父親の写真の数々

敗戦記念日……、亡き父親の写真の数々

台風10号が迫り来る敗戦記念日。 満州(中国東北部)へ出征した亡きオヤジさんの写真がいろいろ出てきました。 ソ連国境の守備隊(満州第287部隊)に配属され、銃を構えるソ連兵の顔がよく見えたと言うてまし …

写真作品(4)~その他もろもろ

写真作品(4)~その他もろもろ

『夜行列車』。2等客車です。散乱するゴミ、ヤカンが当時の空気を濃密にはらませていますね。 どういうわけか、ブタ!! 『水溜まり』 漁村の子ども。場所不明。 浜辺の漁船。場所不明。 海岸の流木。場所不明 …

写真作品(3)~大阪の風景

写真作品(3)~大阪の風景

大阪のエネルギー源のひとつ、関電春日出発電所。今は跡地にコーナンが建っています。 阪神工業地帯を象徴する工場群。場所不明。 『煙突の見えるところ』。瓦解している煙突が気になります。四貫島辺りか? 大阪 …

写真作品(2)~人物スナップ

写真作品(2)~人物スナップ

松屋町(まっちゃまち)での仕入れ 松屋町(まっちゃまち)での仕入れ 昼下りのうたた寝。盗撮です~(笑) 大阪港の遊覧船。疲れ切った船乗りさん 『日曜画家』。天保山です。後方が日立造船所。 タイトルは『 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。