武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

瀬戸内寂聴の半自伝的小説の映画化~『夏の終り』

投稿日:2013年8月27日 更新日:

(C)2012年 映画「夏の終り」製作委員会

涼しくなったと喜んでいたら、昼前から気温が上がってきました。

それでも一時の酷暑を思えば、楽チン、楽チン~(^o^)v

そろそろ夏が終わるんやと勝手に思い込んでいます。

まさにタイムリーな題名の映画が公開されます。

『夏の終り』

その映画についての拙文です。
     ☆     ☆     ☆     ☆

文芸作品の馥郁たる香りが全編を覆う。

その中で繰り広げられる男女の愛憎劇。

流れに身を委ねながらも、新たな世界へと羽ばたく1人の女性の決意を丹念に紡いでいく。

原作は瀬戸内寂聴が40歳の時に編んだ、半ば自伝的同名小説で、代表作でもある。

それを熊切和嘉監督が鋭い感性を生かして銀幕に映し出した。

妻子のいる年上の売れない作家、慎吾(小林薫)とかつて駆け落ちした相手の亮太(網野剛)。

染色家の知子(満島ひかり)は2人の男の間で揺れ動く。

慎吾は寛容さと優しさだけがとりえの男。

飄々としたところにずるさと哀しみを匂わせる。

年下の亮太はヨリを戻したことで、一途に和子を求める。

両者の温度差が映画の軸となる。
はっきり言って、どろどろした恋愛ドラマである。

それが途中から様相が変わる。

主人公が自分の生き方を見据え、転身を図るのだ。

「息苦しい!」と叫び、染めた布地を破るシーンにそれが集約されていた。

構図といい色彩といい、完ぺき。

居心地の良さがかえって自分を締め付け、そこから脱却しようと思い立った瞬間である。

慎吾の妻から電話がかかり、和子が緊張した面持ちで受話器を手にする場面も秀逸だった。

あえて覗き見しているようにぼかし気味に撮ったことで、見えないはずの妻の顔をイメージさせ、同時に彼女の心象を見事にあぶり出していた。

小津安二郎を参考にしたであろうローアングルと長回しが随所に生かされている。

ややくすんだ、それでいて味わいのあるシックな色調が昭和30年代のどこか澱んだ空気を映像に落とし込んだ。

『海炭市叙景』(2010年)で文芸映画に対する確かな演出力を見せた熊切監督。

本作でさらに技量がアップした。

満島の情感的な演技も評価したい。

1時間54分

★★★★(見逃せない)

☆31日から大阪・テアトル梅田ほかで公開

(日本経済新聞2013年8月23日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画講座『笑いと涙……チャップリン』、12日(土)13:00~14:30

映画講座『笑いと涙……チャップリン』、12日(土)13:00~14:30

喜劇王、チャップリン。   この人が亡くなって、もう36年も経つんですねぇ。   『キッド』『街の灯』『モダン・タイムス』『独裁者』……。   映画史にさん然と輝く名作が …

今年ナンバー1(!?)の邦画、『ディア・ドクター』~

今年ナンバー1(!?)の邦画、『ディア・ドクター』~

2009年が幕をおろすまでまだ5か月以上もありますが、現時点でまちがいなく日本映画のベストワンと言える作品が『ディア・ドクター』です。 日経新聞に掲載されたぼくの拙文を紹介します。まだ公開中です。未見 …

ミステリー風味のドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

ミステリー風味のドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

  ヴィヴィアン・マイヤー。   ご存知ですか?   全く無名のアマチュア女性写真家でしたが、6年前に死去してから、俄然、世界的に脚光を浴びています。   市井 …

超パワフルな時代劇アクション~『十三人の刺客』

超パワフルな時代劇アクション~『十三人の刺客』

大阪地検特捜部の主任検事によるデータ改ざん、尖閣諸島沖の中国漁船との衝突事件……、何やらきな臭い出来事が相次いでいますね。 ふたつの事案ともまずは真相究明が先決だと思います。 じっくり腰を据えて、取り …

末期医療の実情に迫る~『終(つい)の信託』

末期医療の実情に迫る~『終(つい)の信託』

重いけれど、観させる。   そして考えさせられる。   こういう映画もたまには観る方がいいと思います。   今日から封切りです。        ☆     ☆  …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。