武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記 音楽

最近の愛聴アルバム~♪♪

投稿日:2012年11月14日 更新日:

毎日、必ず聴いているCD、それが憂歌団の『Blues』です。

 

大阪出身の4人組。

 

14年前に自然解散してしまったけれど、彼らのサウンドがぼくの音楽の原点になっています。

 

このアルバムは、憂歌団がメジャーデビューする前の、1973~75年に東京と千葉のライブハウスで録音されたライブ盤です。

 

ぼくの浪人+大学時代のころで、彼らのライブをよく聴きに行っていましたわ。

 

タイトルのごとく、全曲、ブルースのカバーです。

 

ロバート・ジョンソンの『Walking Blues』『Kind Hearted Woman』、エルモア・ジェイムズの『Please Find My Baby』、『Shake Your Money Maker』、マディ・ウォーターズの『Rollin’&Tumblin’』……。

 

渋めのブルースナンバーが14曲、収められています。

 

これを流しながら、ぼくはギターで一緒にセッションを楽しんでいるんです。

 

アドリブでリードを弾くのが最高ですね。

 

ええ練習になります。

 

ただ、10月に亡くなった島田和夫さんのドラムが切なく感じられて……。

 

残念です。

 

嫁さんが愛聴しているのが、布施明の『Way of the Maestro』。

 

この人、もうじき65歳になるのに、全然、声量が衰えませんね。

 

元々、カンツォーネ出身だから、納得できますが、それにしても伸びのあるボーカルです。

 

『Nessun Dorma 誰も寝てはならぬ』、『Morir de Amor』、『Ave Maria』などの有名な曲をオーケストラをバックに堂々と気持ちよく謳うてはります。

 

何だか、ひとりIL DIVOみたいな感じ。

 

それは嫁さんは、近隣の迷惑を顧みず、大音響で聴いてはります。

 

完全に悦に入っているような。

 

ぼくも嫌いではないです。

 

ええと思います。

 

でも、憂歌団の方がしっくりきますわ(^o^)v

 

 

-日記, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジョン・レノン没後30年……

ジョン・レノン没後30年……

きょう12月8日は、日本と日本人にとって忘れられない日です。 太平洋戦争に突入した開戦記念日。 65年前のことです。 NHKスペシャルドラマで放映されている『坂の上の雲』で描かれた、愚直なほど気骨なる …

親子3人水入らず~♪

親子3人水入らず~♪

今日は、岡山にいる母親に新年の挨拶に。 87歳の母親は生っ粋の大阪人ですが、縁あって岡山で暮らしています。 山男の兄貴と、2人の好きな歴史の話をベラベラ喋っているのを見ながら、ニコニコ笑っていました。 …

昨夜は、学生たちと楽しい忘年会でした~♪

昨夜は、学生たちと楽しい忘年会でした~♪

昨日は今年最後の大学(関西大学社会学部JP文章実習)の授業でした。   夜は、関前の居酒屋で、JP8期生のみんなと忘年会を開き、楽しいひと時を過ごしました。   話せなかった学生が …

今日はサラエヴォ事件からちょうど100年目です

今日はサラエヴォ事件からちょうど100年目です

  実行犯のセルビア人青年が逮捕された瞬間 ちょうど100年前の今日(1914年6月28日)、バルカン半島のサラエヴォでオーストリア皇太子がセルビア人青年に射殺されました。   い …

教え子の結婚披露宴で、2人の門出を祝う歌を披露~♪♪

教え子の結婚披露宴で、2人の門出を祝う歌を披露~♪♪

20日は関大の元教え子、岩田健志くんの結婚式に招待されました~(^^♪   2009年に卒業したJP2期生です。   社会常識をわきまえた好青年で、現在、JR西日本の運転士をしてい …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。