武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記 音楽

最近の愛聴アルバム~♪♪

投稿日:2012年11月14日 更新日:

毎日、必ず聴いているCD、それが憂歌団の『Blues』です。

 

大阪出身の4人組。

 

14年前に自然解散してしまったけれど、彼らのサウンドがぼくの音楽の原点になっています。

 

このアルバムは、憂歌団がメジャーデビューする前の、1973~75年に東京と千葉のライブハウスで録音されたライブ盤です。

 

ぼくの浪人+大学時代のころで、彼らのライブをよく聴きに行っていましたわ。

 

タイトルのごとく、全曲、ブルースのカバーです。

 

ロバート・ジョンソンの『Walking Blues』『Kind Hearted Woman』、エルモア・ジェイムズの『Please Find My Baby』、『Shake Your Money Maker』、マディ・ウォーターズの『Rollin’&Tumblin’』……。

 

渋めのブルースナンバーが14曲、収められています。

 

これを流しながら、ぼくはギターで一緒にセッションを楽しんでいるんです。

 

アドリブでリードを弾くのが最高ですね。

 

ええ練習になります。

 

ただ、10月に亡くなった島田和夫さんのドラムが切なく感じられて……。

 

残念です。

 

嫁さんが愛聴しているのが、布施明の『Way of the Maestro』。

 

この人、もうじき65歳になるのに、全然、声量が衰えませんね。

 

元々、カンツォーネ出身だから、納得できますが、それにしても伸びのあるボーカルです。

 

『Nessun Dorma 誰も寝てはならぬ』、『Morir de Amor』、『Ave Maria』などの有名な曲をオーケストラをバックに堂々と気持ちよく謳うてはります。

 

何だか、ひとりIL DIVOみたいな感じ。

 

それは嫁さんは、近隣の迷惑を顧みず、大音響で聴いてはります。

 

完全に悦に入っているような。

 

ぼくも嫌いではないです。

 

ええと思います。

 

でも、憂歌団の方がしっくりきますわ(^o^)v

 

 

-日記, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日から2度目の南インド放浪の旅~(^_-)-☆

明日から2度目の南インド放浪の旅~(^_-)-☆

明日から南インドへ旅立ちます。 3年ぶり2度目です。 還暦の記念に初めて訪れた前回は、ケララ州南部とタミル・ナードゥ州南部を巡ってきました。 インド亜大陸の最南端カニャークマリ(ロサリン岬)で「イェー …

2012年の幕開けです~!

2012年の幕開けです~!

おはようございます。 いや、あけましておめでとうございます~♪ よぉ~、寝ましたわ。 もう午前10時すぎ。 なんでいきなりこの写真やねん!? 少しずつ目が冴えてきました。 新たな年に向けて思ったことを …

陶芸に魅せられた西川光男さんの個展

陶芸に魅せられた西川光男さんの個展

左の男性、元産経新聞記者で、現在、陶芸家として地歩を固めておられる西川光男さんです。 35年ほど前、読売新聞京都支局でサツ回り(事件担当)をしていたころ、ライバル会社なのに、新米記者のぼくにいろいろア …

ウイスキーと愉しめるオススメの音楽(1)

ウイスキーと愉しめるオススメの音楽(1)

ウイスキーにとことんこだわっている『Whisky World』という隔月誌をご存知ですか。 この分野では日本一といわれるウイスキー評論家の土屋守さんが編集長を務めてはります。 そこに、ぼくは『映画にみ …

レッド・ツェッペリンに酔っています~♪♪

レッド・ツェッペリンに酔っています~♪♪

ギターは相変わらず続けています。 執筆の合間にギターを手にすると、知らぬ間に気分が和らいできます。 暑気払いにもってこいです。 2年前にギターと再会でき、ほんまによかった。 音楽が好きなんやと改めて実 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。