武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

音楽

LPレコードのジャケットはええもんです~♪

投稿日:2009年2月11日 更新日:

COOL STRUTTING
ぼくは寝る前によくJazzを聴きます。それもCDではなく、きまってレコードで。甘~く、柔らか~い音が寝酒のウイスキーによぉ~合って、心が癒されます~♪
Jazzのレコードは学生時代には500枚ほど持っていたんですが、海外旅行の費用ほしさに、あるいは金欠になったとき、惜しげもなく売り払ってしまって、130枚ほどに減ってしまいました。
売ったレコードのなかには名盤が結構ありましてね。「なんて、もったいないことをしてしまったんや~」といまなお後悔することがあります。
プレーヤーに載せるレコードは、棚に並べてあるものからアット・ランダムにピックアップしています。そのたびに想うのは、レコード・ジャケットの素晴らしさです。ここで言うレコードはLPのことです。
ロックやフォーク、クラシックなどのジャケットも捨てがたいですが、Jazzのそれは渋くて、どれもひとつの写真作品、絵画になっているように思えるんです。コマーシャリズムの枠を超え、もはや芸術作品と言っていいモノもあります。
1950年代に活躍したピアニスト、ソニー・クラークの『COOL STRUTTIN’ (クール・ストラッティング)』(1958年、BLUE NOTE)のジャケットなんて、もう最高! ハイヒールを履いて歩く女性の足元をクローズアップで撮ったモノクロ写真ですが、これがすごくオシャレで、艶っぽくて、いつも見惚れています。
まさにタイトルどおり、「クールに気取って歩く」を表現しています。場所はニューヨーク。足首を見ると、たとえばマリリン・モンローのような、グラマーな美女にちがいないと勝手にイメージしてしまいます。
先日、レコード店で『COOL STRUTTIN’ 』のCDを眼にしました。あれっ、「彼女」の足が止まっている! そんなふうに感じました。
CDは小さすぎる。LPの大きさでないと、ジャケットの良さが生かされない。そう確信しました。と同時に、ますますレコードをいとおしく思え、針を落とすときに、「ときめき」さえ生じてきました。

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最近の愛聴アルバム~♪♪

最近の愛聴アルバム~♪♪

毎日、必ず聴いているCD、それが憂歌団の『Blues』です。   大阪出身の4人組。   14年前に自然解散してしまったけれど、彼らのサウンドがぼくの音楽の原点になっています。   …

ウイスキーと愉しめるオススメの音楽(4)追加

ウイスキーと愉しめるオススメの音楽(4)追加

『JAZZ SINGER』 ローズマリー・クルーニー(ソニー・ミュージック) イングリッド・バーグマンにそっくりですが、この人、1950年代に活躍した白人の女性シンガー、ローズマリー・クルーニー(19 …

ビートルズをギターで弾き語り~♪♪♪

ビートルズをギターで弾き語り~♪♪♪

今朝はちょっと二日酔いでした。昨夜、関西大学の教え子たちとのコンパがあり、酔うほどに喋り、喋るほどに酔い……、気がついたら結構、飲んでました。ほんま、楽しかったです~! そんな状態で、寝起きに何気なく …

理屈抜きにカッコいい~3大ギタリスト♪♪

理屈抜きにカッコいい~3大ギタリスト♪♪

昨晩、NHKハイビジョンで放映された『ワールド・スーパー・ライブ完全保存版~伝説のギタリスト 第1夜』を食い入るように観ていました。 エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ページの3人のギタリ …

初ライブの日時、場所を変更します~♪♪♪

初ライブの日時、場所を変更します~♪♪♪

今日、誕生日でした。 これからバースデーを迎える度に、若返っていこうと決めました(^o^)v さて、ぼくにとって今年の超ビッグ・イベントとなるアコギのライブ。 過日、お伝えしました前触れ告知を、あっさ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。