武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記 未分類

正福寺での「春季彼岸会」に参列……

投稿日:

「彼岸の中日」の昨日、WBCの準決勝で、メキシコと対戦した侍ジャパンが劇的なサヨナラ勝ちをし、気分が高揚したまま、昼下がり、うちのお寺さん、池田市にある大学の友人、末本さんの寺院「正福寺」(浄土真宗本願寺派)へ、嫁さんの遺影と位牌を持参し、春季彼岸会に参列しました。

彼女が泉下の人になって初めてのお彼岸さんです。

門徒さんがぎょうさん来てはりました。

現住職は息子さんで、小学生の時、一緒に甲子園で阪神を応援したことがあります~✌️(笑)

今や35歳、しっかりしてはりました~❗

メダカやウジを例え話にして、すべてが阿弥陀さんの光明そのものという、先代の住職(末本さん)の法話も心に染み入りました。

実はお布施を持ってくるのを忘れて慌てました。

いや、正確には、そういう意識を持ち合わせいなかったんです。

「ホンマに常識ないな、アホちゃう~」と〈彼岸〉から嫁さんのお叱りの声が聞こえてきました……😅

布施袋を買いにコンビニまで走っていく時間がなかったので、「明日、郵送するわ」と末本さんに言うと、ケラケラ笑われ、「浄財(お賽銭)でええよ」と。

なるほど~✌️

しかし、一万札しかなかった❗

万札はちょっとキツイ。

お釣をもらうわけにもいかず、仕方なく、余っている小銭をすべてじゃらじゃら入れさせてもらいました~😅(笑)

すんませんねぇ。

帰り間際、隣の文化会館「ナムのひろば」の文化教室で、嫁さんが寄贈した観音さんのイラストと対面しました。

西洋風の観音さんです。

10年前、これを描いていた姿が鮮明によみがえってきて、思わずグッときました。

素敵な法要でした。

そろそろ納骨せなあかんなぁ。

-日記, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

「大阪都構想」の是非を問う住民投票を前に、『郷土、大阪市』についての想い

「大阪都構想」の是非を問う住民投票を前に、『郷土、大阪市』についての想い

『郷土、大阪市』   ロンドン(約840万人)……8倍   ニューヨーク(約820万人)とロサンゼルス(約390万人)……6倍   ベルリン(約350万人)……4.5倍 …

新しいギターを買いました!! GIBSON-J160E~♪♪

新しいギターを買いました!! GIBSON-J160E~♪♪

日本のフォークギターの草分けといわれるYAMAHA FG-150を2年前に買って、毎日、弾きまくっています。 継続は力なり。 自分でも驚くほど腕が上達してきました。 病み付き状態です。 そうなると、も …

阪神・淡路大震災、20年に思う

阪神・淡路大震災、20年に思う

今日は、阪神・淡路大震災からちょうど20年。   ぼくが40歳のときです。   地震が起きた1月17日は、大阪市内の自宅マンションでもかなり揺れ、棚からウイスキーのボトルがなだれ落ち、足を負傷しました …

小学校時代の写真……

小学校時代の写真……

おとつい、南大江小学校の同窓会があったので、気分が小学校時代にシフトしてしまった……(笑) あのころの写真を見たいと思い、あれこれと探し回ったんですが、意外なほど少なかった。 なんでやろ?? 整理が悪 …

東日本大震災から1年

東日本大震災から1年

宮城・気仙沼の「陸(おか)の船」。 昨年の暮れ、晴れ渡った青空をバックにぼくの眼前に迫ってきたこの船がずっと脳裏から離れません。 あの大震災からきょうで1年。 大阪・堀江にある松竹の試写室で『八日目の …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。