武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

めちゃ元気をもらえました!!~イタリア映画『これが私の人生設計』

投稿日:

超前向きで、少々のことではへこたらない。

 

そんなパワフルな女性建築家が織りなすイタリア映画。

 

幾度も壁にぶち当たって奮闘する姿をコミカルに描きながら、社会性のあるテーマに踏み込んでいる。

 

主人公のセレーナはチャーミングな独身女性。

(C)2014 italian international film s.r.l

(C)2014 italian international film s.r.l

世界を股にかけ、設計技師としての才能を存分に発揮させる。

 

まさに輝くキャリア・ウーマンである。

 

彼女に扮したパオラ・コルッテレージはイタリアの国民的歌手。

 

底抜けに明るいヒロインを嫌味なく演じた。

 

夫のリッカルド・ミラーニ監督と息の合ったところを見せる。

 

そのまま順風満帆にいくはずのセレーナがホームシックに罹り、人生をリセットすべく故国へ戻る。

 

ところがイタリアの建築業界は完全な男性社会。

 

この現実は意外だった。

 

もっと開けていると思っていたのに、女性への不信感と蔑視の空気が渦巻いている。

 

何とかもぐり込んだ設計事務所の社長の傲慢ぶりが目に余る。

 

権力を振りかざす様は実に滑稽だ。

 

正業だけでは生活できず、アルバイトでレストランに勤める。

 

このように主人公を取り巻く厳しい状況を見せつけてから、魅力的な男性を登場させる。

 

店の経営者フランチェスコ(ラウル・ボヴァ)。

(C)2014 italian international film s.r.l

(C)2014 italian international film s.r.l

イケメンで優しい。

 

間違いなく恋愛ドラマへと発展すると思いきや、そうではなかった。

 

種明しはしないが、友情で結ばれるところが物語のエッセンスとなる。

 

2人は共に世間から孤立し、浮き上がっている。

 

いわば似た者同士がタッグを組み、あっと驚く裏技を使って巨大な公営住宅のリフォームに着手する。

 

この展開が実に面白い。

 

共犯者となった彼らのスリリングな「演技」が見ものだ。

 

全て伏線があり、構成がしっかりしている。

 

とことん笑顔で突き進むセレーナ。

 

すごく元気をもらえる映画だった。

 

1時間43分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆5日から大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、神戸国際松竹などで公開

 

(日本経済新聞夕刊に2016年3月4日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

妻への疑惑~風格あるスパイ・ミステリー『マリアンヌ』

妻への疑惑~風格あるスパイ・ミステリー『マリアンヌ』

ブラッド・ピットとマリオン・コティヤール。   円熟味を増してきた実力派俳優の共演に興味がそそられる。   最愛の妻が謎めいてくるという夫婦の物語。   第二次大戦を舞台 …

プロモーション・ムービー『映画の街,なんば』、YOUTUBEでアップしています~(^_-)-☆

プロモーション・ムービー『映画の街,なんば』、YOUTUBEでアップしています~(^_-)-☆

ぼくが初めて脚本を書いたプロモーション・ムービー『映画の街・なんば』(制作:戎橋筋商店街振興組合)が完成し、YOUTUBEでアップされています。 拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)を題材にし、〈日本 …

映画の地を訪ねて(2) 東京・小石川植物園~『赤ひげ』

映画の地を訪ねて(2) 東京・小石川植物園~『赤ひげ』

  都心のど真ん中にこんな閑寂な空間が広がっているとは……。 小石川植物園(東京都文京区)に足を踏み入れた瞬間、普通の公園とは全く違った緑一色の清澄な空気に包まれ、思わず深呼吸をしてしまった。 正式名 …

モビィ・ディック(巨大白鯨)は実在していた~! アメリカ映画『白鯨との闘い』

モビィ・ディック(巨大白鯨)は実在していた~! アメリカ映画『白鯨との闘い』

大昔、ハリウッド俳優グレゴリー・ペックが主演した『白鯨』(1956年)という映画がありました。   バカでかいマッコウクジラ「モビィ・ディック」に片足を食いちぎられたエイハブ船長が、復讐心を …

スコッチウイスキー+人生讃歌~『天使の分け前』

スコッチウイスキー+人生讃歌~『天使の分け前』

© Sixteen Films, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve, Facebookですでに投稿しましたが、ブログでも同じ文面 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。