武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

スコットランド一人旅(2024.5.26~6.6) 日記

スコットランド一人旅(5)

投稿日:

5日目の30日、いろいろハプニングのあったフレイザーバラ(Fraserburgh)からバスを乗り継ぎ、西方のエルギン(Elgin)へ。

朝、ホテルにダイアナさんがタクシーで迎いに来てくれたのにはびっくりしました!

気分良く、スペイサイドの都エルギンに到着後、2つ目の目的を達成しました。

昔話ですが……。

古巣新聞社にいた1988年、勤続10年休暇で嫁さんとスコットランドを旅した時、スペイサイドのウイスキー蒸留所を巡るため、飛び込みで宿泊したエルギンのB&Bのご夫婦、ロイ(Roy)&アン(Anne)と仲良くなりました。

以降、文通が続き、10年後の1998年、シリーズ第1弾『スコットランド「ケルト」紀行~ヘブリディーズ諸島を歩く』(彩流社)の取材時にもお世話になり、さらに親交を深めました。

アンは地域の子たちに絵を教えていたので、イラストレーターの嫁さんと意気投合。

ロイに先立たれたアンが一昨年、天国へ旅立った時、息子さんのゲイリー(Gary)&シャーリー(Shirley)のご夫婦から訃報が入り、それを機に彼らと繋がりができました。

いつの日か2人に会い、ロイ&アンのお墓参りをしたい……。

その願いが本日、叶ったのです〜!!

エルギンのバスステーションでシャーリーと落ち合い、2022年にスペイサイド・グランタウン(Grantown)に開設されたケアン(Cairn)蒸留所に連れて行ってくれました。

エルギンに拠点を置くボトリング会社のゴードン&マクファイル(G&M)社が所有しています。

非常に斬新な蒸留所で、スペイ川が敷地を流れる蒸留所のロケーションが素晴らしく、見学ツアーもよかったです。

その後、ゲイリーと合流し、マッシュ・タン・バー(Mash Tun Bar)という素敵な店で会食。

2人はすごく仲の良い夫婦。

ともにフレンドリーなので、すぐに打ち解け合えました。

映画、音楽、ウイスキーが大好きで、ケルト文化にも興味がある2人とは共通点が多く、会話が途絶えることがなかったです。

もっともぼくは片言英語ですが(笑)

拙著『スコットランド「ケルト」の誘惑〜幻の民ピクト人を追って』(言視舎)をプレゼントすると、ケラケラ笑いながら、

「何で日本人がこんな本を。けったいなお人ですね」

その後、お墓へ。

「久しぶりに会いに来ましたよ。ぼくは嫁さんの分までしっかり生きてますから、大丈夫〜!」

ロイとアンに報告し、2番目の目的を成し遂げた時、思わず涙がこぼれました。

このあとフォレス(Forres)の郊外にある2人のマイホームで、ゲイリー所蔵のウイスキーをちびちびやりながら、ロイ&アンの思い出話をしたり、ギターとマンドリン(シャーリー)の共演でビートルズソングやスコットランド民謡を歌ったり〜。

ほろ酔い気分で、『やけ酒ブルース』を歌ったら、えらい受けましたわ!

この曲はインターナショナルやな〜(笑)

そして素敵な宴のあと、キレイなベッドルームで爆睡。

言葉で尽くせないほど温かいおもてなしを受け、めちゃめちゃ楽しいひと時を過ごせ、スコットランドへやって来てホンマによかったと改めて実感〜!

ゲイリー&シャーリー、おおきに、ありがとう〜❗❗

-スコットランド一人旅(2024.5.26~6.6), , 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

東日本大震災~!!

東日本大震災~!!

大惨事です。 きのう大阪・南堀江の松竹関西支社の試写室で映画を観ていたら、ゆる~い揺れが長く続き、気分が悪くなりました。 体調が悪いのかなと思っていたら、地震でした。 それも遠く離れた東北地方で。 大 …

けったいですね……( ;∀;)

けったいですね……( ;∀;)

風邪を引いたり、病気になったりした人に対して、「お大事に」、「お大事になさってください」というのが人間として当たり前ですよね。 ところが新型コロナの場合、感染するや、白い目で見られがちで、「お大事に」 …

ぶらり東京へ~R・ストーンズとの再会を(下)

ぶらり東京へ~R・ストーンズとの再会を(下)

2日目(26日)も快晴~(^^♪ お江戸に青空が広がり、空気も穏やかで、すっかり春の風情です。 昨夜、ちょっと深酒しすぎたうえ、目覚ましをセットするのを忘れ、起きたのが10時すぎ。 爆睡してしまった( …

文化部記者時代の写真、第2弾~!

文化部記者時代の写真、第2弾~!

数日前、新聞社の文化部記者時代に撮影した芸能人の写真を一部、紹介しましたが、他のネガは思いのほか損傷しておりまして……。 適当に丸めてゼムピンで留めていたんです。 そのピンが錆び、肝心な部分(被写体が …

大島渚監督、逝く……~あゝ、『戦場のメリークリスマス』

大島渚監督、逝く……~あゝ、『戦場のメリークリスマス』

大島渚監督が亡くなられました。   享年、80。   ぼくにとっては、大阪・釜ケ崎(アイリン地区)を舞台にした『太陽の墓場』(1960年)が大島映画の原点でした。   商 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。