武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

観光地化する新世界

投稿日:2009年1月12日 更新日:

shinsekai_090112昨日(1月11日)、寒風のなか、今宮戎に行って参りました。「残りえびす」です。大学の教え子が福娘として笹を売っていたのを見て、今年は幸先がいいと思いました。
ほんわか気分での帰り、通天閣が眼に飛び込んできました。
「あっ、ビリケンさんにお参りせなあかん! 忘れてた!」
そう、ぼくは毎年欠かさず、新たな年を迎えると、通天閣の展望台に鎮座しているビリケンさんにいろいろ祈願してるんです。大阪では「ビリケンさん」と必ず「さん」をつけます。なんたって、現世利益を叶えてくれる神サンですからね。それもアメリカ生まれの! 
というわけで、本日、昼すぎに新世界へ駆けつけました。今宮戎とか新世界とか、ほんま、ぼくはディープな浪花っ子丸出しやと実感した次第。はるか遠くヨーロッパの「ケルト文化」に惹かれるぼくとは、また別の顔があるんです。
で、通天閣の下にたどり着いたら、なんと長蛇の列でした。「展望台へは40分の待ち時間」の張り紙。イラチのぼくには耐え難い時間です。こういう場合、さっさとあきらめ、「明日にしよ~!」と気持ちを切り換えます。
祝日(成人の日)とはいえ、新世界が存外に賑わっていました。そぞろ歩きながら歩行者の話し言葉に耳をそばだてていると、大阪弁以外の言葉ばかり。なるほど、観光客然とした人が多い。しばらくすると、「JTBエース」の小旗を振る添乗員のあとをぞろぞろとついて歩く団体さんもいました。
ひと昔前では考えられない光景です。観光客が増えることは、地域振興のため、引いては大阪のためにも良いことだと思います。ただ、観光客の増加につれて、串カツ屋さんがどんどん目立ってきました。昨年より格段に増えています。いまや新世界=串カツの街にすらなっているほどです。
同じ色に染まっていくと、街の個性がなくなってしまうのでは……。『寅さん』『シェーン』『眠狂四郎』と信じられない3本立てを上映していた映画館、新世界公楽劇場や演芸場などがなくなり、新世界らしさが希薄になりつつある現状に、時代の流れとはいえ、ちょっぴり憂いを覚えています。
スマートボール屋さんが健在だったのが妙にうれしかったです。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界1周の旅を終えた教え子が来宅~♪

世界1周の旅を終えた教え子が来宅~♪

2年にわたる世界1周旅行を終え、このほど帰国した教え子の和田康佑君が昨夜、帰朝報告しにわが家に来てくれました。   関西大学社会学部マスコミ専攻を2006年に卒業、金融業界で4年間働いたのち …

教え子が編集した本、書店に並びます~♪♪

教え子が編集した本、書店に並びます~♪♪

関西大学を2006年に卒業した教え子のさっちん(大谷幸恵さん、ゼミ3期生)が昨夜、ゼミ生のこまき(小賀真紀さん)と一緒にわが家に遊びに来てくれました。   2人とも元気でした。   …

『作家と読者の集い』100回突破記念フェア~町の本屋さん「隆祥館書店」で

『作家と読者の集い』100回突破記念フェア~町の本屋さん「隆祥館書店」で

大阪・谷町六丁目にある町の本屋さん「隆祥館書店」。 ぼくの生まれ育った家のすぐ近くにあります。 大型書店ではできないユニークな取り組みをいろいろやってはります。 『作家と読者の集い』もそのひとつ。 こ …

“ビートルズ”に触発され、明日のライブに向けてゴー~♪♪♪

“ビートルズ”に触発され、明日のライブに向けてゴー~♪♪♪

昨夜、自宅前のオリックス劇場で、ビートルズのそっくりさんバンド「RAIN」のよるショーを観に行きました。   顔立ち、動作・仕草、サウンド、すべてにおいてビートルズそのものでした。 &nbs …

新世界でパリの哀愁を~街頭オルゴール

新世界でパリの哀愁を~街頭オルゴール

きょうから3が日、「えべっさん」です。 今宮戎神社はかなりの人ごみでした。 遠くの賽銭箱にコインを投げ入れましたが、果たして到達したのかどうか。 参拝のあと、近くの通天閣に登ってビリケンさんにお参りし …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。