武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪 映画 講演・トークショー

写真集『昭和の映画絵看板~看板絵師たちのアートワーク』、出版記念トークイベント~(^_-)-☆

投稿日:2021年7月31日 更新日:

今宵は、関西大学梅田キャンパスで、写真集『昭和の映画絵看板~看板絵師たちのアートワーク』の出版記念トークイベント(主催 : TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE、協力:関西大学梅田キャンパス )。

会場が4階のラボに変更されました

ぼくがコーディネートした手前、司会の大役を務めねばならなくなりました。

本を企画された貴田奈津子さん、4人の元絵師さん=貴田明良さん(貴田さんのお父さん)、松原成光さん、伊藤晴康さん、岸本吉弘さん=を迎え、貴重な話をいろいろ聞くことができました。

左が貴田奈津子さん

貴田明良さん

松原成光さん

伊藤晴康さん

岸本吉弘さん

元絵師さんは職人でありながら、やっぱりアーティストなんやと改めて実感。

70年前に泥絵の具で描かれた『海底二万マイリ』の図柄

今はほとんど目にすることのない手描きの巨大な映画絵看板はまさに夢の世界へと導く「招き猫」のようでした~

あの時代をリアルで体感でき、ぼくは幸せでした。

わずか1時間強の短い時間でしたが、参加者の皆さんが興味深く聞き入ってくれはったのが、何にも増してうれしかったです。

ホンマに素晴らしいひと時でした~

最後は全員で記念撮影!!

左端が東京から駆けつけた都築響一さん

-大阪, 映画, 講演・トークショー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

池井戸潤の原作、初の映画化作品~『空飛ぶタイヤ』(14日公開)

池井戸潤の原作、初の映画化作品~『空飛ぶタイヤ』(14日公開)

「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」などテレビドラマ化が相次ぐ作家、池井戸潤の原作で初の映画化作品。 企業の不正にメスを入れた娯楽作に仕上がった。 逆転劇が実に爽快だ。 ©2018「空飛ぶタイヤ」製作 …

大阪市内で漁業!?

大阪市内で漁業!?

昨日、Osaka Metroのアプリ「Otomo!」で連載エッセイ「大阪ストーリー」がアップされました。 以下、全文です。

闇の中のぬくもり~ポーランド映画『ソハの地下水道』

闇の中のぬくもり~ポーランド映画『ソハの地下水道』

  Ⓒ 2011 Schmidtz Katze Filmkollektiv GmbH, Studio Filmowe Zebra, Hidden Films Inc. All Rights …

文化ってなんやねん~『ザ・コーヴ』を観て

文化ってなんやねん~『ザ・コーヴ』を観て

(c)OCEANIC PRESERVATION SOCIETY. ALL RIGHTS RESERVED. 参議院選挙スタート、サッカーW杯の対デンマーク戦の直前……。 何だか気ぜわしくなってきました …

高倉健、6年ぶりの映画『あなたへ』

高倉健、6年ぶりの映画『あなたへ』

(C)「あなたへ」製作委員会 健さんが6年ぶりに銀幕に戻ってきた。   若い人にはピンとこないだろうが、高倉健の存在は日本映画において千鈞の重みがある。   205本目の出演作とな …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。