武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪 映画 講演・トークショー

写真集『昭和の映画絵看板~看板絵師たちのアートワーク』、出版記念トークイベント~(^_-)-☆

投稿日:2021年7月31日 更新日:

今宵は、関西大学梅田キャンパスで、写真集『昭和の映画絵看板~看板絵師たちのアートワーク』の出版記念トークイベント(主催 : TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE、協力:関西大学梅田キャンパス )。

会場が4階のラボに変更されました

ぼくがコーディネートした手前、司会の大役を務めねばならなくなりました。

本を企画された貴田奈津子さん、4人の元絵師さん=貴田明良さん(貴田さんのお父さん)、松原成光さん、伊藤晴康さん、岸本吉弘さん=を迎え、貴重な話をいろいろ聞くことができました。

左が貴田奈津子さん

貴田明良さん

松原成光さん

伊藤晴康さん

岸本吉弘さん

元絵師さんは職人でありながら、やっぱりアーティストなんやと改めて実感。

70年前に泥絵の具で描かれた『海底二万マイリ』の図柄

今はほとんど目にすることのない手描きの巨大な映画絵看板はまさに夢の世界へと導く「招き猫」のようでした~

あの時代をリアルで体感でき、ぼくは幸せでした。

わずか1時間強の短い時間でしたが、参加者の皆さんが興味深く聞き入ってくれはったのが、何にも増してうれしかったです。

ホンマに素晴らしいひと時でした~

最後は全員で記念撮影!!

左端が東京から駆けつけた都築響一さん

-大阪, 映画, 講演・トークショー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

12月18日の刊行記念トークイベントで、あっと驚くモノを披露します~(^_-)-☆

12月18日の刊行記念トークイベントで、あっと驚くモノを披露します~(^_-)-☆

18日(土)、大阪・谷町六丁目の隆祥館書店で開催される新刊『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房)の刊行記念トークイベント。 あっと驚くモノが見つかり、それを当日、ご披露しま …

このイギリス映画、見応えあり~『アリス・クリードの失踪』

このイギリス映画、見応えあり~『アリス・クリードの失踪』

いやぁ~、かなりの拾いモノでした~! 前回、ご紹介した日本映画『奇跡』とは全く異なったテイストですが、見応え十分。 あまりの面白さに、試写で見終わったあと、ちょっと興奮してコーヒーを3杯も立て続けに飲 …

『映画美術監督 井川徳道の世界 京都の映画美術』(4月1日~20日)

『映画美術監督 井川徳道の世界 京都の映画美術』(4月1日~20日)

ぼくの友達で、京都を拠点に映画に関わる活動をしている西川敦子さんから、ぜひ告知してほしいと熱いメールを届きました。   『映画美術監督 井川徳道の世界~京都の映画美術』。 *お昼の部の上映は …

これぞ21世紀のマカロニ・ウエスタン~『ジャンゴ 繋がれざる者』

これぞ21世紀のマカロニ・ウエスタン~『ジャンゴ 繋がれざる者』

めちゃめちゃ面白かった!!!   騙されたと思うて、観に行ってください。   絶対、納得しますから~(^o^)v        ☆     ☆     ☆     ☆   …

30日(金)、写真集『昭和の映画絵看板 看板絵師たちのアートワーク』、出版記念トークイベント~!!

30日(金)、写真集『昭和の映画絵看板 看板絵師たちのアートワーク』、出版記念トークイベント~!!

先日、ご紹介しました写真集『昭和の映画絵看板 看板絵師たちのアートワーク』(発行:トゥーヴァージンズ)。 その出版記念トークイベントが30日(金)19時から、TSUTAYA BOOKSTORE 梅田M …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。