武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

映画宣伝ウーマン、Yさん最後のおススメ映画『聖なる犯罪者』(15日~)

投稿日:

ミニ・シアター系映画の配給・宣伝会社ツインの大阪オフィスが年末に閉鎖されました。

今後、東京オフィスだけでやっていくようですが、大阪で産声を上げた会社だけに、すごく残念で、悲しくてなりません。

コロナと東京一極集中の影響……、ホンマに腹立たしいです。

その大阪オフィスの敏腕宣伝ウーマンYさんは目立たない秀作に何とか日が当たるよう尽力されてきはりました。

そんな彼女の最後のおススメ映画がこれです。

15日から全国公開されるポーランド=フランス合作映画『聖なる犯罪者』。

元殺人者の青年が神父になり、ウソを重ねながら信者の心をつかんでいく……。

実話です。

主演のポーランド人俳優(バルトシュ・ビィエレニア)の演技が素晴らしい!!

目力に圧倒されました。

心を込めて、「シネルフレ」(映画ファンのための感動サイト)で書かせてもらいました。

Yさん、お疲れさまでした。

そして、いりろありがとうございました!

http://cineref.com/review/2020/12/post-1079.html

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

破滅へとひた走る~『紙の月』

破滅へとひた走る~『紙の月』

テレビドラマで話題になった『紙の月』。   映画版は、独特な味付けが施されていますよ。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆                    …

高倉健、6年ぶりの映画『あなたへ』

高倉健、6年ぶりの映画『あなたへ』

(C)「あなたへ」製作委員会 健さんが6年ぶりに銀幕に戻ってきた。   若い人にはピンとこないだろうが、高倉健の存在は日本映画において千鈞の重みがある。   205本目の出演作とな …

人間の誇りと崇高な愛を描いたドイツ映画『東ベルリンから来た女』

人間の誇りと崇高な愛を描いたドイツ映画『東ベルリンから来た女』

最近、見ごたえのある映画が目白押しです。   この映画も、グイグイ引き込まれました。       ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ © SCHRAMM …

作家主義の競演~『ポルトガル、ここに誕生す ギラマンイス歴史地区』

作家主義の競演~『ポルトガル、ここに誕生す ギラマンイス歴史地区』

たまにはこういうシブい映画もいい。 ぼくは大好きです。      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ 仰々しい邦題から壮大な歴史スペクタクルを想起するかもしれない。 本作はそれを心地よ …

WHISKY Festival 2014 大阪 

WHISKY Festival 2014 大阪 

きのうは『WHISKY Festival 2014 大阪』が天満橋のマーチャンダイズビル展示大ホールで開かれました。   大阪では3回目。   1回目の時は、『映画とウイスキー』と題してトークショーを …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。