武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛に包まれたアメリカ映画『ビール・ストリートの恋人たち』(本日公開)

愛に包まれたアメリカ映画『ビール・ストリートの恋人たち』(本日公開)

愛の純粋さを高々と謳い上げた心温まるラブ・ストーリー。 不条理な社会的抑圧に断固、屈しないアフリカ系アメリカ人(黒人)のカップルと家族に寄り添いたくなる、そんな愛おしい映画だった。 (c)2018 A …

犯罪被害者の遺族が取った奇抜な行動~米・英合作映画『スリー・ビルボード』(2月1日公開)

犯罪被害者の遺族が取った奇抜な行動~米・英合作映画『スリー・ビルボード』(2月1日公開)

行き場のない怒りや喪失感を抱いたとき、それをどこに向ければいいのか。 人間の本質を突いたテーマに本作が深く斬り込んだ。 犯罪被害者遺族の心情と行動を独特な視点から見据えた極上のサスペンスだ。 (C) …

南インド紀行(9)~ガンジー記念博物館を訪れて

南インド紀行(9)~ガンジー記念博物館を訪れて

マハトマ・ガンジー(1869~1948年) イギリスの植民支配下にあったインドを独立へと導いた「建国の祖」。   そのガンジーを顕彰する建物やモニュメントがインド国内に数えきれないほどありま …

ブランドとしての「ケルト」

ブランドとしての「ケルト」

暑い~! そこに湿気が加わるから、蒸し風呂状態になり、不快極まりない~!! 梅雨はもう~大キライ! ブツブツ言いながら、汗をかきもって街中を歩いていると、涼風がそよぐアイルランドのさわやかな光景が次か …

大阪出身の藤元明緒監督、長編デビュー作『僕の帰る場所』を大阪アジアン映画祭で観ました!

大阪出身の藤元明緒監督、長編デビュー作『僕の帰る場所』を大阪アジアン映画祭で観ました!

大阪で開催中の第13回大阪アジアン映画祭。 初春のイベントとしてすっかり定着してきた感があります。 今年は何かと忙しく、1本しか観れていません。 その1本が昨夜、シネ・リーブル梅田で上映された日本・ミ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。