武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シリーズ第8弾  『イングランド「ケルト」紀行~アルビオンを歩く』

シリーズ第8弾  『イングランド「ケルト」紀行~アルビオンを歩く』

イングランド「ケルト」紀行―アルビオンを歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2006-10定価:2500円+税 イギリスの半分以上を占めるイングランドの「ケルト」を探る旅です。2005年夏に敢行 …

あっと言う間のJP6期生の前期

あっと言う間のJP6期生の前期

ぼくが受け持つ関西大学社会学部マスコミ専攻JP6期生の前期授業がきょう、終了しました。 よぉ~喋ったなぁ。 映画、新聞記者時代の話、もちろん文章の書き方についても、あれこれと喋りまくりました。 笑いが …

『アーティスト』~今だからこそ、サイレントのメロドラマ

『アーティスト』~今だからこそ、サイレントのメロドラマ

© La Petite Reine – Studio 37 – La Classe Américaine – JD Prod – …

ポルトガル紀行(8)

ポルトガル紀行(8)

29日、朝のバスでラーゴスの北東にあるシルヴェスという町へ向かいました。 もちろん、「タルテシアンの石碑」を見るためです。 途中、最近、注目されているリゾート地ポルティマンで乗り換え。 旅ではよくバス …

スペイン・アンダルシア紀行~6日目(9月7日)

スペイン・アンダルシア紀行~6日目(9月7日)

旅の6日目。 朝、アルヘシラスの港から対岸のジブラルタルを眺めました。 コンテナリフトの向こうに見えるジブラルタルは頂に雲がかかっていました。 バスで1時間半揺られ、昼前にヘレス・デラ・フロンティーら …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。