«

»

7月 07

男女の対決(?)、テニス界世紀の一戦を再現~米映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

ベトナム戦争の和平協定が締結された1973年、アメリカで世界が注目したテニスのビッグマッチが行われた。

現役の女子世界チャンピオン、ビリー・ジーン・キングと元男子王者ボビー・リッグスとの対戦。

29歳と55歳。

性差を超えたこの試合を本作は詳細に再現する。

男女平等が叫ばれてはいたが、現実には大きな壁が立ちはだかっていた。

そんな当時の空気が濃厚に盛り込まれている。

テニス歴ゼロのエマ・ストーンが4か月間の特訓を積んで扮したビリー。

銀縁眼鏡をかけ、地味な風貌だが、芯はたくましく、驚くほど行動力がある。

女子の優勝賞金が男子の8分の1と定めた全米テニス協会に反発し、仲間と共に女子テニス協会を立ち上げる。

スポンサーを探し、独自に試合を開催。

メディアも熱い眼差しを注ぐ。

この動きに真っ向から挑んだのがボビー。

男性優位を声高に訴え、全女性を敵に回す。

しかしどこか演技じみている。

その理由があとで浮き彫りにされる。

目立ちたがり屋のボビーをスティーブ・カレルがやや過剰に演じ、コミカル風味を醸し出した。

それが本作の持ち味となった。

脚本はヒット作『スラムドッグ$ミリオネア』(2008年)で頭角を現した英国人のサイモン・ボーフォイ。

ビリーの恋人やボビーの夫婦仲、社会と政治の動きを加味し、単なるスポーツ物語に終わらせなかった。

共同監督のヴァレリー・ファリスとジョナサン・デイトンの夫婦が2人の内面をあぶり出し、人間ドラマへと昇華させた。

少し冗漫な部分もあったが、クライマックスの試合はテレビ中継を観ているようで、臨場感満点だった。

女性解放運動に火をつけた歴史的な出来事。

それを女性対男性の構図にせず、2人の友情めいた関係を強調した点が評価できる。

ビリーのその後が素晴らしい。

2時間2分

★★★★(見逃せない)

☆TOHOシネマズ梅田ほかで公開中

(日本経済新聞夕刊に2018年7月6日に掲載。許可のない転載は禁じます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">