«

»

6月 15

池井戸潤の原作、初の映画化作品~『空飛ぶタイヤ』(14日公開)

「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」などテレビドラマ化が相次ぐ作家、池井戸潤の原作で初の映画化作品。

企業の不正にメスを入れた娯楽作に仕上がった。

逆転劇が実に爽快だ。

©2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

運送会社のトレーラーが走行中に突如、前輪タイヤが外れ、通行人の主婦を直撃、即死させた。

全く想定外の出来事だった。

車体を製造した自動車会社の調査によって運送会社の整備不良と判断される。

社長の赤松(長瀬智也)は車両の欠陥ではないかとメーカーの担当課長、沢田(ディーン・フジオカ)に再調査を要求するが……。

©2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

運送会社の厳しい経営状況を前面に打ち出し、赤松が窮地に陥っていく姿を軸に据える。

彼を支える社員の団結ぶりが共感を呼ぶ。

©2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

そこに自動車会社、同社と深い関係にある銀行の動きが並行して描かれる。

さらに担当刑事、週刊誌記者、家族、遺族、他の運送会社社員が絡み、物語を重層的に構築していく。

ドラマの牽引役は赤松、沢田、銀行本店営業部の井崎(高橋一生)。

別々に行動する3者の思いがやがて集約し、重大な疑惑が浮上してくる。

サスペンス風の展開が何とも小気味よい。

©2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

とりわけ沢田が社内で同志の社員と隠密行動を取るくだりが非常にスリリング。

常務取締役の狩野(岸部一徳)が時代劇の悪代官のように思えた。

本木克英監督の演出はテンポとキレがよく、ぐいぐい引きずり込む。

複雑な人間関係も手際よくまとめられ、作品を覆う濃密な空気に酔わされた。

赤松に扮した長瀬の演技はやや熱すぎたが、クールさが際立つ沢田役のフジオカと好対照となり、メリハリをつけた。

ただ井崎役の高橋の影が薄かった。

企業の不正と隠蔽を断じて許さない。

良識ある者は報われる。

勧善懲悪的な内容とはいえ、何度も心を揺り動かされた。

芯のある「企業映画」だ。

2時間

★★★★(見逃せない)

☆14日から大阪ステーションシティシネマほかで全国公開

(日本経済新聞夕刊に2018年6月8日に掲載。許可のない転載は禁じます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">