«

»

4月 13

家族愛と報復心に突き動かされて……ドイツ映画『女は二度決断する』

メッセージ性の強い実録映画。

ドイツで実際に起きたネオナチによる在住外国人への連続殺人事件を題材にしている。

最愛の家族を奪われた者の悲痛な気持ちを壮絶な復讐劇としてあぶり出した。

Ⓒ2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production, Corazon international GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH

カティヤ(ダイアン・クルーガー)は機械に強い明朗なドイツ人女性。

コンサルタント業を営むトルコ系移民の夫ヌーリ(ヌーマン・アチャル)、6歳の息子と幸せに暮らしている。

彼女が友人と遊びに出かけている間、夫と息子が爆破テロに遭い、命を落とす。

理不尽な暴力がカティヤを哀しみと絶望の淵に立たせる。

打ちひしがれる姿が猛烈に痛々しい。

Ⓒ2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production, Corazon international GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH

ドラマが大きく動き出すのは容疑者のドイツ人夫婦が逮捕されてから。

2人は外国人排斥を訴える極右思想の人種差別主義者。

舞台は法廷に移り、緊迫感みなぎる裁判劇と化す。

全く罪の意識がない被告人。

ヌーリが麻薬売買の前科者の移民であることを強調する彼らの弁護人。

決定的な証拠を突きつけられない検察側。

息をもつかせぬ審理に見入ってしまう。

裁判の結果を踏まえ、映画は予期せぬ展開を用意する。

カティヤをある単独行動に走らせたのだ。

その原動力が家族愛と報復心。

Ⓒ2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production, Corazon international GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH

加害者の動機に一切触れず、あくまでも主人公の言動に焦点を置く。

彼女にカメラが密着し、サスペンスタッチで物語が深化していく終盤は観応え十分だ。

トルコ系ドイツ人のファティ・アキン監督はネオネチの犯罪で知人を亡くした経験を持つだけに、並々ならぬ力を注いだ。

カティヤは自分の分身と言い切る。

クルーガーの感情をむき出しにした熱い演技に圧倒される。

Ⓒ2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production, Corazon international GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH

最後の決断を下す時の吹っ切れた表情がことさら印象的だった。

外国人差別に怒りを込めて真っ向から挑むリベラリスト。

カティヤがその象徴的な存在に思えた。

1時間46分

★★★★(見応えあり)

☆14日からシネマート心斎橋ほかで公開

(日本経済新聞夕刊に2018年4月13日に掲載。許可のない転載は禁じます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">