武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

英国での実話の映画化~『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』

投稿日:

© 2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

どん底状態にあえぐストリートミュージシャンの青年と猫の物語。

英国で話題になった実話の映画化で、実際に注目された猫が堂々と“主演”を張っている。

監督はロジャー・スポティスウッド。

ジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)は音楽の道を歩むも、ドラッグに溺れ、今やホームレス。

更生プログラムに励みながら、日々、ゴミ箱をあさっている。

そんな青年がNPO団体にあてがわれた住居に茶トラの野良猫が迷い込む。

名はボブ。ケガを負ったその猫を彼が治療したことで距離がグンと狭まる。

さり気ない出会いが心地よい。

© 2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

繊細な心を持つジェームズは傷つきやすい。

しかも孤独。

それを癒やしてくれるボブは単なるペットではなく、心を許せる相棒として絆を強めていく。

© 2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

猫が登場する映画は結構、多い。

その中でこの猫と立ち位置がよく似ていたのがオードリー・ヘップバーン主演『ティファニーで朝食を』(1961年)の名無しの猫。

ともに主人公の分身的な存在だった。

常にボブと一緒にいるジェームズ。

ガールフレンドのベティ(ルタ・ゲドミンタス)の協力を得て、次第に再生していく。

© 2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

特に父親との修復がほほ笑ましい。

ボブは招福猫そのものだ。

肩に愛猫を乗せ、雑誌「ビッグイシュー」を販売する光景が新聞に掲載され、一躍、時の人に。

© 2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

5年前、本人の実体験を綴った本がベストセラーになった。

現在、推定11歳のボブは人間でいえば、60歳前後。

初老に入り、落ち着いた演技を披露している。

実の飼い主でない俳優にもよくなついていたのには驚いた。

本作は英国社会の断片を浮き彫りにしている。

しかしもう少し深く斬り込めば、ひと味違った社会派映画に仕上がっていたと思う。

ともあれ、空前の猫ブーム。

猫好きの人にとってボブはどのように映るのだろうか。

1時間43分

★★★(見応えあり)

☆8月26日(土)より大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、神戸国際松竹ほかで公開

配給:コムストック・グループ

(日本経済新聞夕刊に2017年8月25日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドイツ映画『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

ドイツ映画『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

シネ・リーブル梅田で公開中の『ちいさな独裁者』のトークイベント。 昨日(10日)、午後2時からの回終了後、ほぼ満席の観客を前に、この映画について映画ライターの華崎さんと対談しました~🙆 …

南北対立を重喜劇で描く~『レッド・ファミリー』

南北対立を重喜劇で描く~『レッド・ファミリー』

こういう映画は日本では撮れません。   ものすごく説得力がありました。   力作です。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ & …

ときめきシネマ・ワールド(NHK文化センター神戸教室)~!

ときめきシネマ・ワールド(NHK文化センター神戸教室)~!

明日から10月、秋ですね~。   秋といえば、文化・芸術のシーズン。   映画の世界に浸るのに最適です。   その流れで(笑)、NHK文化センター神戸教室の定時講座『とき …

君の瞳に乾杯~♪

君の瞳に乾杯~♪

ズバリ、洋画のなかで一番の名ゼリフだとぼくが思っているのがこれ。 「君の瞳に乾杯~!」 クラシック映画の名作『カサブランカ』(1942年)のなかで、シャンパン・グラスを手にしたハンフリー・ボガートがイ …

渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!!

渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!!

8月になると、「戦争」関連のイベントや映画、ドラマが目立ってきますね。 あの戦争を風化させないためには、せめてこの時期だけでもリフレインするのはいいことだと思います。 そんな中、巨匠・小林正樹監督の渾 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。