«

»

8月 20

犯罪被害者の本性が暴かれる異色サスペンス映画『エル ELLE』

フランスを代表する演技派女優イザベル・ユペールのカリスマ性のある演技。

ポール・ヴァーホーヴェン監督の刺激的な演出。

両者が見事に融合し、あっと驚く異色サスペンス映画に仕上がった。

悲鳴と共にいきなり女性が自宅で覆面の男に襲われる。

意表を突く冒頭シーンにまず気圧される。

©2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP

これがトリガー(引き金)となり、主人公の本性があぶり出される手法が新鮮で、すこぶる面白い。

被害者のミシェルは一人暮らしを満喫するゲーム会社の社長。

警察に届けず、普段と変わらない生活を送る。

©2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP

やがて次の犯行を予告する謎のメールが送りつけられ、にわかにミステリーの様相を帯びてくる。

強靭な精神力と行動力で彼女が単身、犯人探しに乗り出すや、怪しい人物が次々と登場してくる。

ここからドラマが深化する。

売れない小説家の元夫(シャルル・ベルリング)、好意を寄せる隣人(ロラン・ラフィット)、不満を抱く社員、密かな愛人、老いた母親の若い恋人……。

©2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP

各人、胡散臭さを誇張して見させるところが巧い。

恐怖で慄くミシェルの顔を張り付けたゲームの画像を映す辺りも〈仕掛け〉として申し分ない。

そのうち彼女の多面性が浮き彫りになってくる。

寛大で優しい面を見せたかと思えば、冷淡でシニカルな面を覗かせる。

しかも子供のころ猟奇殺人事件に絡んでいたことを匂わせられ、ますます混沌の極みに……。

一体、ミシェルは何者なのだ。

©2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP

モンスター化していく過程が本作の醍醐味。

それを大胆に、かつ重層的に描いた監督の演出力は大ヒット作『氷の微笑』(1992年)のころと変わらない。

78歳とは思えないほど映像が熱い。

道徳観念をことごとく覆す怖い女性を痛快に演じ切ったユペール。

ほぼ全シーンに出ており、まさに独壇場。

次回作が楽しみだ。

☆PG-12

2時間11分

配給:GAGA

★★★★(見逃せない)

☆25日から大阪ステーションシティシネマほかで公開

(日本経済新聞夕刊に2017年8月19日に掲載。許可のない転載は禁じます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">