«

»

7月 31

フランスの大女優、ジャンヌ・モローさんが天国に召されました

フランスの世界的な大女優、ジャンヌ・モローさんが永眠されました。

享年、89。

大好きな女優さんのひとりでした。

『死刑台のエレベーター』、『突然、炎のごとく』、『黒衣の花嫁』……。

知的で洗練された演技が忘れられません。

ぼくが古巣新聞社の文化部(映画担当)記者だった1997年9月26日の夜、京都のホテルでモローさんと単独インタビューしました。

このとき、66歳。まだまだお若かった。

京都国際映画祭(東京国際映画祭の京都バージョン)の審査委員として来日されたので、映画祭事務局に何とかお願いして取材させてもらったんです。

非常にインテリジェンスの高い人で、ぼくの質問に対し、間髪入れず回答していただきました。

日本映画に関心を持っておられ、「日本では年間、何本の映画が製作されているのですか?」と逆取材されました(笑)

お母さんが英国人とあって、英語もべらべら。この時はフランス語でしたが……(もちろん通訳付き)。

翌日の夕刊一面に掲載されました。原稿最後の「(好)」はぼくのことです。

その日行われた映画祭の記者会見で、モローさんがぼくを見つけ、満面の笑みで手を振ってくれはりました。

めちゃめちゃうれしかった!!

最高の思い出です~(^^)/

安らかにお休みください。合掌……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">