«

»

1月 20

シリーズ第1弾 『スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く』

シリーズ第1弾
スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩くスコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く
著者:武部 好伸
販売元:彩流社
発売日:1999-09
定価:2500円+税


「ケルト」紀行シリーズ全10巻の記念すべき第1弾です。ぼくは生来の天邪鬼なので、1作目はあまり注目されていない場所、あるいは日本人がほとんど行ったことのない場所を訪れたいと思っていました。
それが1998年の春に敢行した、英国・スコットランド西部の海域に浮かぶ辺境の地、ヘブリディーズ諸島への旅でした。「ヨーロッパで最後の辺境地」とも呼ばれている過疎の島々。そこではケルト語の一種、スコットランド・ゲール語が日常的に話されていました。そうした「ケルト」の文化に、北欧のヴァイキングの息吹が絶妙に溶け込んでいるところにぼくは惹かれました。
寒冷な気候のうえ強風にさらされながら、フェリーとバスを乗り継いでの旅。すごく刺激的な1か月を、この本にこってりとまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">