«

»

1月 09

日経新聞で連載『〈ケルト〉映画の旅』が始まりました~(^_-)-☆

昨年暮れ、日経新聞東京本社から原稿依頼がありました。

『〈ケルト〉映画の旅』

こんなテーマで、毎週水曜日夕刊文化欄の「鑑賞術」で執筆してほしいと。

ケルトと映画~!!

ぼくの得意中の得意分野なので、即、OKの返答。

週に1回の4回連載です。

全国版というのが魅力的~(^_-)-☆

年末に送った1回目が8日の夕刊に載りました。

あと3回(15日、22日、29日)あります。

元日から「仕事始め」となり、お屠蘇もそこそこ、「好きの力」を目一杯活かし、3回分を一気に書き上げました。

めちゃめちゃ楽しかった。

掲載紙には、ルンルン気分で綴っているのがわかりました。

それにしても、自撮りの顔写真がイマイチですわ~(>_<) なお、日経新聞の電子版でも読めます。 「日経新聞 鑑賞術」で検索してください~(^_-)-☆

2 comments

  1. 大石和美

    日経夕刊で読み、たちまち引き込まれました。筆者の名前をメモしておき、今夜ようやくツイッターに辿り着きました。まだほんの少ししか拝読できていませんが、旅行記のバルト三国、デンマーク、北部ドイツ…。訪れたことのあるコペンハーゲン、タリン。そしてかつて「ブッデン・ブローグ家の人々」(やはり途中で挫折)の舞台リューベックの名と街の門(古い世界文学全集の1冊に載っていた白黒写真は忘れていません)。
    私はもう行けそうにありませんが、リューベックならトーマス・マンなのにと思っていたら、岡部さんがちゃんと、大事に紹介してくれていました。ギュンター・グラスの映画も懐かしいです。戦艦ポチョムキン、オデッサの階段…

    お酒は飲めませんが、文学、映画、歴史、美術、そして写真(お父様のもの含む)、武部さんの視線(姿勢)は多くの共感を呼びますね。関西在住なら謦咳に接することが出来るのに、と残念な思いの1949年四国生まれの横浜の主婦。これからもよろしくお願いします。

    1. admin

      大石和美様
      コメント、ありがとうございます。返信がすごく遅くなり、申し訳ございませんでした。気は付けば、世界的に大変なことになっています。
      Twitterはあまりツイートしておりません。主流派はFacebookです。
      ぼくと同じようなジャンルに興味を持たれておられ、うれしいです。
      これらもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">