«

»

12月 22

ホロコーストを生き延びたユダヤ人老人の故郷へのロードムービー『家(うち)へ帰ろう』(今日から公開)

けさ、ABC朝日放送テレビの朝のワイド番組『おはよう朝日 土曜日です』にゲスト出演してきました。

お正月のおススメ映画の解説。

5本取り上げましたが、最後に熱っぽく語った映画が本作でした。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

ナチス・ドイツによるホロコースト(大量虐殺)が絡む映画では異色作に属する。

自らのアイデンティティーを確認するため、郷里への一人旅を敢行する老人の物語。

人との触れ合いがことさら胸に響く。

Ⓒ2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

監督はユダヤ系アルゼンチン人のパブロ・ソラルス。

祖父の前では、「ポーランド」の言葉を発するのがタブーだったという記憶を基に脚本を執筆した。

ブエノスアイレスで仕立屋を営む88歳のアブラハムが老人施設に入る前夜、自宅を抜け出し、単身、飛行機でスペインへ飛ぶ。

手には自ら仕立てた背広。

彼はポーランドの地方都市で生まれ育った。

第2次大戦中、ユダヤ人ゆえ強制収容所に移送されたが、辛くも逃げ延びていた。

その時に傷つけられた右脚を今なお引きずって歩く。

郷里へは二度と戻らないと決めていたのに、使命感に突き動かされ、故国に向かう。

70年間、音信不通の親友との再会を願って……。

Ⓒ2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

そこに背広の重要性が秘められており、物語がにわかに深化していく。

マドリッドから鉄道を利用するも、忌み嫌うドイツの経由を断固、拒む。

このように意地っ張りで気難しく、それでいてどこか憎めない老人をアルゼンチンの名優ミゲル・アンヘル・ソラが見事に演じ切った。

見ていてハラハラさせるこの爺さんに女性たちが力を添える。

ホテルの女主人、ドイツの女性文化人類学者、看護師……。

Ⓒ2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

彼女たちとの関わりが実に温かく、しなやかに描かれていた。

疎遠な末娘と会う脇筋が光っていた。

彼女の腕には収容所番号の入れ墨。

父親の苦しみを受け継ぐ証しである。

これぞ細部にこだわった演出であろう。

Ⓒ2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

「友情」と「約束」。

2つのキーワードがラストで前面に迫ってくる心に染み入るロードムービーだった。

1時間33分  

★★★★(見逃せない)

☆12月22日(土)~シネ・リーブル梅田、 京都シネマ、 シネ・リーブル神戸にて公開

(日本経済新聞夕刊に2018年12月21日に掲載。許可のない転載は禁じます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">