Category Archive: 講演

1月 14

『アイルランド物語-歴史、文化、風土を知る-』、3月3日、朝日カルチャーセンター中之島教室で~!(^^)!

ヨーロッパの西端に浮かぶアイルランド。

歴史、文化、風土……といろんな角度からこの島国に斬り込む講座が3月3日、朝日カルチャーセンター中之島教室で開かれます。

2時間半のロングバージョンです(途中、休憩あり)。

パワーポイントの画像はてんこ盛り~!

アイルランドの決定版だと思います。

興味のある方、どうぞ聴講しに来てくださいませ~(^_-)-☆

12月 30

来年3月3日の特別講座『アイルランド物語』の講演内容をまとめ、今日で仕事納めになりました~(^_-)-☆

今日が仕事納め。

クリスマスのあと連日、朝から夕方まで目一杯、エネルギーを注ぎ、大きな仕事を成し遂げました。

やれやれ~(^^;)

その成果をお披露目するのが来年3月3日、朝日カルチャーセンター中之島教室で開催される特別講座『アイルランド物語――歴史、文化、風土を知る――』

2時間半のロングバージョンです(途中休憩あり)。

パワーポイントの画像が前編102枚、後編123枚、トータルで225枚~!!

写真はすべてぼくが現地で撮影したものです。

自分で言うのも何ですが……、アイルランドに関する情報を分かりやすくてんこ盛りにした決定版だと思います。

種本が自著『アイルランド「ケルト」紀行~エリンの地を歩く』と『北アイルランド「ケルト」紀行~アルスターを歩く』(共に彩流社)。

久しぶりに熟読しました~(笑)

年明けもバタバタしそうなので、ゆとりのあるこの時期に早めに講演内容をまとめましたが、アイルランドは興味の尽きない国だと改めて実感した次第。

また行きたくなってきましたわ~(^_-)-☆

11月 20

26日(日)15時から豊中のショットバー・リーでトークライブの第2弾~(^_-)-☆

先日、大阪・谷町六丁目の隆祥館書店で、新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベントを済ませたところですが…………。

今度は豊中・服部のショットバー・リーで、26日(日)15時~、『ビバ! ウイスキー アンド シネマ 』と題してお話しします。

トークライブ第2弾です~(^_-)-☆

北摂にお住まいの映画好き+洋酒好きの方、バーテンダーの方、そして先日の発刊記念イベントに来られなかった方、グラスを傾けながら、ぼくのマシンガント・トークを堪能してください(笑)

素敵な女性バーテンダーが歓待してくれる癒しのバーです。

これはお得ですよ~💡

https://tabelog.com/osaka/A2706/A270601/27011514/

11月 12

奮闘する町の本屋さん、隆祥館書店にエール! 18日に発刊記念イベント~(^_-)-☆

デジタル化の大波に飲み込まれ、非常に厳しい状況にある活字文化&出版文化。

そんな中、大阪・谷町六丁目の隆祥館書店は使命感を持って、作家を囲む会を開いたりして大奮闘している町の本屋さんです。

大手のチェーン書店ではなく、とことん個人経営。地べたのホンマもんの文化やと思うてます❗

ラーメン屋さんでも、うどん屋さんでも、居酒屋さんでも、「わっ、美味い❗」とうならされるのはたいてい個人経営のお店です。

ぼくの好きなバーはその最たるもの。

そこにぼくは美意識を感じ、どうしようもなく応援したくなります。

今回の発刊記念イベントもその一つです。

本代(定価1500円+税)込みのトークライブで、参加費3000円は妥当な値段やと思いますが……。

ぼくと同じ思いを抱いておられる方、ご都合よろしければ、18日に町の本屋さんに足をお運びください~!!

11月 02

映画は「なんば」からはじまった!~12月7日(木)18:30~、難波の大阪府立大学サテライト・キャンパスで

大阪と映画との深い関わりを探った拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)を上梓して、早1年以上が経ちました。

難波が映画興行(仏リュミエール商会のシネマトグラフ)のみならず、映画上映(米エジソン商会のヴァイタスコープ)も国内で最初に行われていた可能性が極めて高いことを本書の中で明らかにしました。

言うなれば、難波が「日本における映画のふるさと」です。

その難波を本拠地にする南海電鉄がミナミの町づくりの一環として、12月7日(木)に特別セミナーを開催してくれることになりました。

ぼくの講演と活動弁士付きの無声映画上映です。

会場は南海電鉄の本社ビル内にある大阪府立大学I‐siteなんば(サテライト・キャンパス)。

これまで各地で講演を重ねてきましたが、どういうわけかお膝元の難波では一度もお話しする機会がなかっただけに、すごくうれしいです。

この地が「映画のふるさと」であることを地域の人たち、南海沿線の人たちだけでなく、広く大阪・関西の人、映画好きの人に知ってもらえればと切に願っています。

何と入場無料です~!!!!

大阪の歴史遺産を再認識する1つの機会だと思います。

ふるってご参加ください~(^_-)-☆

10月 27

『ビバ! ウイスキー アンド シネマ』~11月26日(日)午後3時から豊中のショットバー・リーで開催

11月初旬刊行の新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)にちなみに、またまたトークショーが決まりました~❗

『ビバ❗ ウイスキー アンド シネマ』

素敵な女性バーテンダー(松下理美さん)が歓待してくれる豊中のショットバー・リー(同市服部豊町2ー20ー12)で、11月26日(日)15時~。

ワンドリンク付き1500円。

定員20人。

予約制。

申し込みはお店へ(☎06ー4866ー8771) ★19時以降で。

https://m.facebook.com/shot-bar-Lee-212232542164024/…

このお店とは随分前にご縁ができ、たまに訪れると松下さんがすごく歓待してくれはります。

非常にパワフルな女性で、目下、山登りに没頭中。

「北摂のウイスキー好き+映画好きの方はもちろん、この時間帯ならバーテンダーの方が来やすいので、ぜひお気軽にどうぞ」と呼びかけてはります。

12月22日には北新地のバーUK(すでに満席です)、12月28日には堺のバーKANEDA(近々、告知します)といった具合に、大阪では北摂、新地、堺と3か所のバーでトークショーを開催する運びとなりました。

まだ出版されていない拙著にバーテンダーの方々が早々と興味を持っていただき、ほんまにありがたいと思うています。

10月 17

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』の発刊記念イベント、11月18日(土)に!!

11月初旬刊行の新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベント~!

11月18日(土)午後3時~、大阪・谷町6丁目の隆祥館書店で開催されます。

映画とウイスキーとの素敵な関係をお話しします。

自分で言うのもなんですが(笑)、絶対にオモロいトークショーになります~(^_-)-☆

映画愛好家&愛飲家はもちろんのこと、映画をそれほど観ない人、ウイスキーが飲めない人でもきっと楽しんでいただけると思います。

ふるってご参加ください~(^^)/

10月 16

大阪・新地のバーUKでのトークショー『銀幕に映えるウイスキー』(12月22日)、早くも予約で満席~!!

新著『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)が11月初旬に刊行されますが、それにちなんだイベントがいくつも企画されています。

その中のひとつが、大阪・北新地のバーUKでのトークショー。

https://www.facebook.com/arkwbaruk/

ぼくの長年の飲み友達、荒川英二さんがマスターを務めている素敵なウイスキー・バーです。

この人、同じ大学の同じ学部出身で、ぼくの古巣新聞社の最大のライバル、朝日新聞社の記者でした。

「好きの力」を活かし、こだわりのバーを開かれました。

12月22日(金)の夜、『銀幕に映えるウイスキー』と題するトークショーの開催がが14日にいきなり決まり、荒川さんがさっそくFacebookで告知し、ぼくがそれをシェアしました。

すると、あっという間に満席に~!

びっくりポンです~(^_-)-☆

ブログで呼びかける必要がなくなりました(笑)。

まさにウイスキー&シネマの力。

その凄まじさに驚いています~(笑)

ほんまにありがたいことです。

他のイベントにつきましては追ってお知らせします。

1月 18

京都三条ラジオカフェで歌ってきました~♪ 26日PM8時~オンエア

バタバタしておりまして、面白い話をブログに書くのを忘れていました!

 

一昨日(16日)のことです。

 

拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)に絡み、昨年12月4日、京都・壬生のおもちゃ映画ミュージアムで、『映画の渡来、120年目の真相~日本の映画発祥地は京都ではなく、大阪だった~!?』という刺激的な演題で講演しました。

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a1%e3%82%83%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%83%a0%e3%81%a7%e3%81%ae%e8%ac%9b%e6%bc%94%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

それに対し、古巣新聞社(読売新聞大阪本社)の後輩、編集委員の森恭彦さんが「やっぱり京都でないと……」と食ってかかってきまして(笑)。

 

彼、生粋の京都人なんです。

 

しゃくに触るんでしょうね~(*_*;

 

そこで、28日午後1時半から同ミュージアムで講演会『反論!…日本「映画」事始め』を開くことになりました。

s_「反論!日本映画事始め」森君(2017.1.28)

どんな反論をするのか、めちゃ楽しみにしていますが、どういうわけか、終わってから余興でぼくが単独でライブをすることになったんです~!(^^)!

 

1人では寂しいので、デュオがいいと思い、友人の元ロックシンガー、西川☆ハニー☆敦子さんにボーカルをお願いしました。

 

で、一昨日昼すぎから雪化粧の北大路にあるカラオケ店で彼女と音合わせ。

 

たっぷりリハーサルをした後、ギターを背負って、寺町通り三条下るにあるコミュニティFM「京都三条ラジオカフェ」の地域番組『京都遊空間』にゲスト出演しました。

収録は、京都には不都合な(笑)拙著『大阪「映画」事始め』のトピックス(大阪映画発祥地説)と28日の「反論」講演会の告知のためです。

 

よくぞゲストに呼んでくれはりましたわ、ほんまに。

 

ギターを背負って局内に入ると、キャスターの高嶋加代子さんが「ぜひ生で歌ってくださいよ」。

「えっ、ほんまですか。ええんですか」

 

「通常は普通に音楽を流しますが、せっかくギターを持ってきてはるんですから、ぜひどうぞ~!」

 

「わかりました。ありがとうございます❗」

全く臆することなく、即答してしまった(笑)

演奏曲は、映画にちなんでオリジナルの『シネマはお好き?』。

 

フランス映画のタイトルを並べて作ったオシャレな曲で、ぼくのお気に入りです。

 

22日のちょかbandのビッグライブでも披露します。

収録が始まり、高嶋さんとの話が弾み、10分ほど経過したところで、彼女が「それでは、武部さん、歌ってください」。

 

よっしゃ!

 

ギターをヒザに乗せ、アルペジオでやりました!

京都三条ネットカフェ(1)
スタジオ内で生で音楽を収録……、何だかプロのミュージシャンになった気がした~(*^^*)

こんな経験、二度とないかも。

京都に来てよかった~✌

京都三条ネットカフェ(2)
オンエアは、26日(木)の午後8時からです。

 

FM79.7~!

 

番組は20分間、その中ごろで歌ってます~

録音したCDを家で聴きました。

 

トークはバッチリでしたが、歌声はさっぱりダメでしたわ。

 

鼻づまりのガラガラ声です~(^o^;)

 

でも、予期せぬ展開になり、びっくりポン!

 

まぁ、よしとしまひょ~!

12月 28

新年1月にこんな講演会が京都で! 『反論!…日本「映画」事始め~』

拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)に絡み、さる12月4日、京都のおもちゃ映画ミュージアムで、『映画の渡来、120年目の真相~日本の映画発祥地は京都ではなく、大阪だった~!?』という演題でお話しさせていただきました。

 

これに対し、「やっぱり京都でないと……」と反論する人が現れました。

 

な、な、何と、古巣の新聞社で映画記者として一緒に仕事をした後輩の森恭彦さん(読売新聞大阪本社編集委員)。

 

びっくりポンです~(^^;)

%e3%80%8c%e5%8f%8d%e8%ab%96%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%98%a0%e7%94%bb%e4%ba%8b%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%80%8d%e6%a3%ae%e5%90%9b%ef%bc%882017-1-28

その講演会が1か月先の新年1月28日(土)13:30~、同ミュージアムで開催されます。

 

彼は生粋の京男。

 

どんな反論をするんやろ……、ちゃんと反論できるんかな~(笑)

 

こんな文化的な「バトル」は大歓迎、ウキウキしています。

 

なお、講演終了後、余興でぼくがソロライブをやることになりました(何でやねん!?)

 

あっと驚くゲスト出演(ボーカル)もありますよ~(^_-)-☆

古い記事へ «