Category Archive: ランニング

1月 04

走り初め+教え子との歓談~♪♪

1日遅れできのう(1月3日)の出来事を記します。

 

Facebookには投稿ずみですが……。

 

2013年の走り初め。

 

朝の陽光を浴び、中之島を横断してきました。

 

人影はまばら。

 

時折、ランニングを楽しんでいる人とすれ違う。

 

そのつど、「新年おめでとうございます」と頭のなかで言って、軽く会釈しました。

 

それで何となく通じた(ような気がしています)。

 

中央公会堂前で凧揚げしている親子のほほ笑ましい光景を目にし、心がほんわか、ほんわか~(^o^)v 

 

ぼくの幼いころは正月の屋外遊戯といえば、凧揚げでした。

 

昨今はほんとうに見かけなくなったなぁ。

 

凧がうまく風に乗り、かなり上空を舞っていました。

 

若いパパさんの糸を操る動作がなかなか巧みでしたなぁ。

 

走るにつれ、酒が抜け、心身ともに軽やか、かつ爽やかになった。

 

ほんまに気持ちのええ50分ランニングでしたo(^-^)o

 

今年も無理をせず、時間ができたときに楽しく走ろう。

 

帰宅後、朝風呂に浸り、殿様気分を味わいました。

 

もう最高ですね、極楽、極楽~(^o^)v

 

しかしその1時間後、酒を抜いた身体にまたもアルコールが入りました。

 

それがすごくええお酒でした。

 

2006年に関大を卒業した教え子のあきぼー&ひで(ゼミ3期生)が来宅し、2人が手土産で持ってきてくれた「越の誉」をチビチビ(グビリグビリ?)やりながら、歓談しました。

 

お酒の飲めないあきぼーはお茶を何倍もあおっていましたが……。

 

近況、これからの展望、悩み事などいろんな話が飛び交いましたが、終始、和やかな雰囲気。

 

初笑いの連続で、ほんま、顔が歪みっぱなしでした。

 

めちゃめちゃ楽しかった~♪♪ 

 

2人とも社会人の貫禄がにじみ出ていて、うれしかったなぁ。

 

そして卒業後、何年経ってもぼくに会いに来てくれる、そのことがありがたくて、ありがたくて。

 

正月3が日の素晴らしい最終日を締めくくれました。

 

12月 29

新たな宝物~♪♪

大阪マラソン(11月25日)の完走。

 

ぼくにとって今年最大のトピックスでした。

 

それを報じた大阪マラソン新聞を手にしました~!!

 

一生の宝物です。

 

今さらながら、完走できてよかった(^o^)v

 

 

 

 

 

 

12月 12

大阪マラソン、走行中の写真です!

何とか完走できた大阪マラソン(11月25日)のレース中の写真が届きました。

 

これは大阪市役所前の御堂筋。

13キロの地点です。

 

余裕しゃくしゃくです(^o^)v

 

しかし前半のハイペースがたたり、後半はガタガタ。

 

下の写真は、両脚の痙攣を克服し、動かない脚を酷使し、ゴールに飛び込む直前の姿です。

必死の形相。

 

こんなに頑張ったのは久しぶりです。

 

そしてゴールイン!!

左側に映っています。

 

公式タイムは、4時間17分32秒を示しています。

 

しかしネットタイムは、4時間11分32秒。

 

ええ思い出になりました(^o^)v

 

 

11月 25

大阪マラソン、完走できました~!!

快晴の元、大阪マラソンを無事に完走してきました。

 

午前5時に起き、パン、バナナ、大福餅でお腹を満たし、スタート地点の大阪城へ。

 

かなり寒かったです。

 

更衣場所の大阪城ホールの前にはすでに大勢の人が。

着替えて、スタンバイOK.

 

下の写真は岩手県から来たというランナーに撮ってもらいました。

 

 大阪とあって(?)、イチビッてはる人がぎょうさんいてはります。

 

そういうランナーと記念撮影。

スタート40分前の大阪府庁前はまだ整然としていましたが、このあとランナーがどっと集まりました。

トイレの行列もすごかった!

 

 

そして号砲が鳴るや、一斉に3万人がスタート。

 

といっても、ゆるりゆるりとです。

 

なにせ参加者が多すぎるので、ぼくがスタート地点に達するまで、6分ほどかかりました。

 

甲子園球場での阪神戦が終わり、阪神の駅までだらだらと流れていく、そんな感じでした。

 

前半は快調でした。

 

「ペースを落として走ろう」と頭ではわかっているのに、身体が言うことを聞きません。

 

テンションが上がっていますからね~。

 

千日前辺りの給水スポットで、前期の教え子小林苑香さんと一瞬、目と目が合いました。

 

「あっ、武部先生!」

 

ちゃんと声が聞こえました。

 

うれしかった(^o^)v

 

御堂筋に入ってから、さらにヒートアップ。

 

夢にまで見た御堂筋ランですから。

 

ほんま、感動ものでした(^o^)v(^o^)v

 

沿道を埋める人たちが、すべてぼくのためだけに声援を送ってくれていると思い込んで、走ってました。

 

得な性格ですな~(^o^)v

 

そのかいあって、10キロのラップタイムが53分55秒。

 

飛ばしすぎますよね(汗)

 

大阪ドームの周辺もよかった。

 

普段、よく練習で走っているコースですが、大勢のランナーと一緒にいると、気分もまた違います。

 

ハーフのタイムが1時間53分42秒。

 

昨年秋にチャレンジした淀川市民マラソンで達成した記録を上回っています。

 

この調子やと、サブ・フォー(4時間切り)ができるんやないか。

 

そんな色気が出ました。

 

同時に、ヤバイ……、きっと後半、バテるぞ、と理性的な思考回路も働いて~。

 

意識的にブレーキをかけたつもりですが、あきませんねぇ、まだ心身が分離状態。

 

その勢いのまま、南へと向かって行きました。

 

ここからが面白かった。

 

大阪でも非常に庶民的な街とあって、応援も人情味あふれていました。

 

沿道の人たち(老若男女です)がみな手を差し出して、「がんばれ!」「ファイト!」「いける、いける!」。

 

御堂筋以上の熱気です。

 

ぼくは沿道側に寄り、できるだけハイタッチ(この表現でいいんですかね?)しました。

 

花園町辺りで、ええ感じにデキあがったおっちゃんが「兄ちゃん、ビール、飲んでいくか」と缶ビールを差し出してくれました。

 

そんなん、飲みたいけど、飲んでられまへんがな。

 

そのおっちゃんと手と手を合わせると、ぼくの手のひらがネバネバ。

 

わーっ、日本酒の粘り気やo(><)o

 

次の給水スポットで、水を飲まず、ひたすら手を洗いました(^o^)v

 

でも、こういう「触れ合い」、大好きです。

 

心がほんわかとします。

 

気がつけば、玉出交差点。

 

もう30キロです。

 

あっと言う間という感じ。

 

ここから北加賀屋、住之江公園を経て、南港へ突き進んでいきます。

 

住之江通りに差しかかった時、ペースがガクンと落ちました。

 

やはり前半のタタリがきたみたいで、両脚に異常感を覚えました。

 

さらに日陰に入り、気温が一気に下がったせいか、両腕もツリかけて……。

 

もうさっぱりあきません~o(><)o

 

35キロのタイムは、3時間19分23秒。

 

しばらく行くと、最後の難関、南港大橋。

 

この橋の上りがめちゃきつかった。

 

「心臓破り」の坂ですね。

 

いや、「筋肉破り」の坂でした。

 

ぼくには上り坂が大きな壁のように見えました。

 

ここまでは、一応、楽しんで走ってきましたが、今こそ頑張る時です!!

 

歯を食いしばって、坂道をゴー!!

 

しかし脚の筋力がギブアップ状態で、上り切った時、両脚の太ももが痙攣し、ツッてしまったんです。

 

立ってられません。

 

このままお腹の方まで痙攣がひろがっていくのではと真っ青になりました。

 

こんな経験、初めて。

 

半泣きどころか、「助けてーー!!!」と悲鳴を上げそうになりました。

 

周りには歩いている人がぎょうさんいてはります。

 

前にいてるランナーはへたばってはりました。

 

棄権しようかなと思ったけれど、ここまで来て投げ出したら、一生後悔する。

 

「頑張れ! 頑張れ!」

 

こんなに自分にムチを打ったのは久しぶりのことです。

 

とにかく、立ち止まり、まずは屈伸とストレッチをしましたが、いっこうに効果なし。

 

ならば、我慢して再びランニング。

 

でも、歩いている人に抜かれるほどの超スローペース。

 

こうなったら、歩こう!

 

5分ほど歩きました。

 

いや、もっと歩いたかもしれません。

 

そのうち太ももの違和感がウソのように消えていきました。

 

やれやれ。

 

もう40キロの地点。

 

ゴールまで目と鼻の先。

 

こうなれば、がむしゃらに脚を動かすだけ。

 

バテバテ状態ですが……。

 

そして「FINISH」のゲートが見えた瞬間、俄然、生気が舞い戻り、得意のラストスパート!!

 

最後は、20人ほど抜いて気分よくゴールインできました。

 

時計を見ると、4時間17分32秒。

 

でも、それは号砲が鳴ってからの公式タイム。

 

ぼくが実際にスタート地点を飛び出してからの時間(ネットタイム)は、4時間11分32秒でした。

 

3月、長居公園を15周する大阪42.192キロマラソンの記録(4時間13分41秒)を2分ほど上回り、自己最高タイム。

 

やった~!!!!!(^o^)v

 

完走メダルとタオルをもらった時、ジーンと胸にきました。

 

ほんま、諦めなくてよかった。

 

心底、そう思いました。

 

前回のフルマラソンより今回のレースの方がはるかにしんどかった。

 

それでも、御堂筋や中之島、さらに西成の庶民的な街並みをランニングでき、実に楽しかった(^o^)v

 

走れてよかった!!

 

そしてつくづく思いました。

 

ぼくはあんまりフルマラソン向きではないんやと。

 

ペース配分や駆け引きなんて全くしていませんからね。

 

ただ、ひたすら本能のまま、感性のまま走っているだけ。

 

こんな性格なので、サブ・フォー(4時間切り)なんて絶対にできませんわ(笑)

 

もっと理性的にならないとね。

 

でも無理です(笑)。

 

だから、これからはハーフとか10キロ走をメーンにしようかと考えています。

 

レース自体、もうええかなと思ったりして。

 

まぁ、楽しく走れたらそれでええやん。

 

ということで、大阪マラソンの走行記を締めくくりにします。

 

さぁ、お酒を飲むぞ(^o^)v(^o^)v

11月 23

ラジオに出演し、大阪マラソンの受付を済ませました!!

午前6時に起床。

 

こんな早朝に目覚めたのは久しぶりです。

 

小雨がぱらつく中、福島のABC朝日放送へ。

 

朝のラジオ番組『おはようパーソナリティ道上洋三です』にゲスト出演し、最新映画やオススメ映画などについて喋ってきました。

 

出演時間が30分弱とあって、エッセンスしか触れることができなかったけれど、道上さんが一生懸命、聞いてくれはって、すごく話しやすかったです。

 

生放送はええですね、適度の緊張感があって~(^o^)v

 

放送局を後にし、中之島界隈を散歩してから、南港へ向かいました。

 

明後日に迫った大阪マラソンの受付をするため。

 

午前11時からだというのに、結構、参加者が来てはりました。

 

ホールのステージに、大学の教え子のミュージシャン寺前未来ちゃんがいて、びっくりしました。

 

彼女、ウェルカム・コンサートのリハーサルの最中だったんです。

 

「先生、何しに来はったんですか?」

 

「マラソンに出るんや」

 

「えっ!?」

 

予期せぬ再会。

 

幸先がよろしおます(^o^)v

 

受付会場に入ると、武者震いがしました。

 

そしてゼッケン、計測チップなどレースに必要な一式を受け取りました。

 

これでちゃんと出場できる!!

 

プレゼント用の記念Tシャツが気に入った。

 

黒と黄色のカラー。

 

ますます幸先がいい(^o^)v

 

夏場、これ見よがしにこのTシャツを着て、街を歩いたろ(笑)

 

お昼ごはんは、会場に出店していた丸萬すしのさば寿司。

 

ちょっと贅沢しましたが、めちゃめちゃ美味かった!!

 

さぁ、これで準備OK。

 

満足感に浸り、南港から引き揚げました。

11月 22

大阪マラソンまであと3日~!!

大阪マラソンまであと3日
 
夕方、追い込み練習をしました。
 
1キロの全力走×3本(インターバル・トレーニング)。
 
ええ汗かいた(^o^)v 
 
明日は休み。
 
レース前日のあさっては軽くジョギング。
 
だから実質的に今日で最後の練習です。
 
手ごたえありo(^-^)o
Qちゃん(高橋尚子さん)を育てた小出義雄さんの本『マラソンは毎日走っても完走できない』(角川SSC新書)に書かれた練習方法を実践しています。
 
この本、ぼくにはバイブルです。
 
その通りにやって、3月、生まれて初めてのフルマラソンで完走できたから。
モチベーションが一気に高まってきた。
 
はよ御堂筋を走りたい。
 
イェーツ(^o^)v

11月 11

セカンド・ライブまであと1週間~♪♪

 
ちょかBandのセカンド・ライブまであと1週間となりました。
 
大阪マラソンまで2週間。
 
何かとあわただしくなってきた今日、お昼前に雨中、中之島から大阪城を経て、森之宮、玉造界隈をランニングしました。
 
遠い昔の記憶をたぐり、中学、高校時代の友達や同級生の家を順々に訪ねていきましたが、8割方、全く別の建物になり、痕跡すら残っていなかった。
 
時代の変遷ですね。
 
1軒だけ家屋も表札も当時のままの家があり、「あいつ、まだここに住んでるんやろか」と気になりました。走行
 
距離は15キロほどで、タイムは1時間半。
 
なかなかええ塩梅です(^o^)v
 
雨合羽を羽織り、雨の中、黙々と走っている姿を、「明日のジョー」の矢吹丈とだぶらせ、ちょっと自己陶酔してしまった(^_-)-☆
夕方から、ライブの強力な助人ジャズピアニストの藤井美穂さんを交え、天六のスタジオで3人で初の音合わせ。
 
どんなサウンドが生まれるのか楽しみ、楽しみ~♪♪

11月 04

ランニングの本当の楽しみ~♪

今日のランニング。

 

自宅(西区新町)から北上し、十三大橋を渡り、十三へ。

 

そこから淀川の河口を目指しました。

 

左手に望む梅田の高層ビル群がなかなかキレイで、うっとり見とれてしまいました。

 

伝法大橋を伝って、淀川の左岸に渡り、さらに河口へ向かうと、大阪市漁業協同組合の事務所がありました。

 

大阪市に漁業共同組合??

 

大都会にもあるんや!

 

これには驚いた。

 

この辺りにくると、河口の幅がグーーンと広くなります。

 

それに潮の匂いもします。

 

もう海の世界なんですね。

 

阪神高速湾岸線の神崎川橋に到達し、大阪湾を一望しました。

 

沖にタンカーや貨物船が航行しており、気分が雄大になりますね。

 

そこから此花区の住宅街を経て、弁天町経由でうちへ帰ってきました。

 

時計を見ると、ちょうど3時間、走っていました。

 

知らなかった大阪の街をいっぱい目にすることができ、めちゃ満足しました。

 

正直、ランニングしていたことを忘れていたほど。

 

こういう感じ、大好きです。

 

これから土曜日か日曜日は、未知なる地との出会いを求める、その手段としてランニングを利用しよう~(^o^)v

 

タイムなんて、別にどうだっていい。

 

そんなこと関係なく走りたい。

 

6月 21

大阪マラソンに出場します!!

御堂筋を走れる!
普段のランニングでは、歩道しか走っていませんが、堂々と車道を疾駆できるんです。
11月25日の大阪マラソンに出場できることになりました。
昨年は、抽選で無念の涙を呑みましたが、今年は何と大会事務局から招待されました。
マスコミ枠らしいです。
3月4日、長居公園を15周する大阪42.195キロマラソンで、生まれて初めてフルマラソンを完走しました。
なので、1年の間に2回、フルマラソンを走ることになります。
でも大阪マラソンはビッグ・レース。
本当に楽しみです~♪♪
目標タイムは、長居のレース(4時間13分44秒)より、速ければそれでいいです。
べつに遅くなっても、かまへん。
とにかく楽しく大阪の街を走りたいだけ。
レースは、ちょかBandのセカンド・ライブの翌週。
11月は慌しくなりそう。
ウキウキしてきた~(^o^)v

3月 04

フルマラソン、完走~♪♪

フルマラソン「1」
午前6時に起き、大阪42.195kmマラソン大会の会場、長居公園(大阪市東住吉区)へ向かいました。
朝のうちは天気がよかったのですが、午前10時のスタート直前にポツリ、ポツリときました。
上の写真のように、厚い雲が張り出してきました。
でも全然、めげません。
モチベーションは高いまま。
そしてスタート!
いよいよぼくのフルマラソン・デビューです。
参加者は300人程度でしょうか。
かなりペースが速いです。
1周2.813メートルの周回路を15周回ります。
最初の1周はちょうど15分でした。
このペースをしばらく保ちました。
フルマラソン「2」
上の写真は3周目辺りでしょうか、余裕ですね。
しかし雨が本格的に降ってきて……。
フルマラソン「3」
帽子をかぶり、「さぁ、これから!」と気合を入れてゴー!!
単調なコースですが、平たんなので、マラソンの初心者にはいいと思います。
ウォークマンの音楽を聴きながら走っていました。
このランニング用のウォークマンは雨にめちゃ強いです!!
走行中は、1周回るごとに必ず左手に見えてくる植物園に咲いている菜の花や巨大な杉の木などを目で楽しんでいました。
それに飽きると、公園内にいる人たちをヒューマン・ウォッチング。
雨でも結構、いてはりました。
ワンちゃんに追っかけられ、ギャーギャー泣いていた男の子。
お母ちゃんはどこにおるんや!?
缶ビールを飲んでデキあがっていたおっちゃんが向こうから逆走してくるわ、カップルが言い争いをしているわ、「雨のなか、よぉ走りはるなぁ。よほどモノ好きなんや」とおばちゃん連中が世間話に花を咲かすわ……。
なかなかオモロイ。
そんな周りの情景を目にするゆとりがありました。
フルマラ
しかし35キロを超えた辺りで、脚の筋力がガクンと落ちました。
体力的にはまだバテていないのに、足が前へ進まないんですよ。
フルマラソンを経験した人はみな、この壁にぶち当たっているのでしょうね。
こうなれば、ヒューマン・ウォッチングは無理。
ひたすらランニングに専心しました。
正直、しんどいのを通り越えて、きつい!!
脚の筋肉が破裂しそうな感じ。
走るのを断念して歩いている人や棄権者が見受けられます。
この時だけは、自分に発破をかけました。
「頑張れ!!」
こういう時の言葉なんだと改めて実感。
だんだん寒くなってきて、右脚にけいれんのような兆しが……。
ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ!
当然、ペースは落ちていきます。
歩幅も狭くなり、歩いているような感じに。
もう、タイムなんてどうだっていい。
とにかくゴールに飛び込みたい。
その一心で一歩、一歩、前へ進めていきました。
そうすると、腕の輪ゴムがなくなっていました。
あっ、忘れていました。
このレース、自己申告制なんですよ。
受け付けした時、輪ゴムを14本もらい、それを腕に巻いておくんです。
1周走ったら、輪ゴムを1本、指定の箱の中に投げ入れていく。
だから、ぜんぶなくなったら、ラスト1周ということになります。
ごまかせますよね。
でも、そんなことしたって意味がありませんもんね(^o^)v
あと1周となると、気力がふつふつと湧き上がってきます。
もうすでに39.382キロを走破しているんですから。
ゴールまで目と鼻の先!
ウォークマンから流れてくるビートルズの「Let it be」を口ずさみ、ちょっとだけ無理をして重い脚を上げるようにしました。
案の定、ペースが上がってきました。
いい感じ。
そのまま気持ちよくゴールイン~!!
フルマラソン「4」)
タイムは、4時間13分41秒。
年齢(57歳)と初フルマラソンということを考えれば、自分を褒めてやりたい記録だと思います。
「よぉー、やった!!」
フルマラソン「5」止
脚はパンパンになっていたけれど、体力と気力はいつも通り。
そのことに驚いた。
もっと筋力をつければ、4時間切れも可能??
そんな色気が出たけれど、シャワーを浴び、フルーツを口にして、ひと休み。
そして長居公園近くの王将で、餃子をつまみながら生ビールを!!
言い知れぬ達成感、心身ともに得た計り知れない自信、そして自分へのご褒美。
このビールが美味しくないはずがないですよね(^o^)v
ほんま、ええ1日になりました。
2012.3.4。
この日はやはりぼくの人生で忘れ得ぬ日となることでしょう。
イェーツ!!!!

古い記事へ «

» 新しい記事へ