Category Archive: 大学

10月 07

またまた元教え子の結婚式、富士山を望む静岡・日本平で~(^_-)-☆

最高気温が34度!

7日、真夏に戻ったような静岡市の日本平ホテルで、大学の元教え子、みっひー(岡田美海さん)の結婚式に出席しました~ 💒

富士山と駿河湾をセットにした絶景にガーーン!!

完全に目が奪われました。

彼女は3年前卒業の関大JP8期生で、非常に芯のある学生でした。

卒業後、生まれ故郷の静岡で、大学で習得したことを活かして仕事に励んでいます~ 😁

今日は全身から「幸せオーラ」をめいっぱい放ってました~ 🌼

旦那さんは軽やかな感じの好青年でした。

同期生のなお、そのかとも会えて、よかった、よかった~ ❗

ぼくは専任の教員ではなく、単なる非常勤講師なのに、これまで教え子たちから数えきれないほど結婚式に招待されました。

ほんまにありがたいと思うてます。

いつも願うことは……、ただただ幸せになりや~ ❗ ❗

9月 25

元教え子のウェディング・パーティー~♪&とんだハプニング~((+_+))

22日(土)は神戸で大学の元教え子、えり(5年前卒業の関大JP6期生)のウェディング・パーティーでした~😃💕

会場は重要文化財指定の旧神戸居留地十五番館。

レトロで素敵な洋館です。

彼女は学生時代、ほんまに前向きで活達な子でした。

この日はちょっとしおらしく、それでいて、「幸せオーラ」を発散させ、光り輝いていました~✴

同期生たちや矢野先生、稲見先生とも再会でき、ミニ同窓会になりました。

旦那さんはナイスガイ~😏

えり、お幸せに~😁

このあと、ハプニングが!!

久しぶりに会った矢野さんと三宮で飲み、話が盛り上がってはしご酒~🍶

ええ塩梅で、阪神三宮駅から最終の(?)梅田行き特急に乗り、ちょっと寝たつもりが、目覚めると三宮でした~😱

えっ❗

ガーン😱

つまり梅田まで行って、戻ってきたわけです~😅

振り出しですわ~(笑)

何で終着の梅田駅で起こしてくれへんかってん。

プンプン😠💨

もう大阪方面行きの電車がないので、三宮周辺のビジネスホテルに投宿しました。

よくよく考えれば、JRならまだ電車があったかも……。

まぁ、しゃあないです。

というわけで、結構、刺激的な夜になりました。

チャン、チャン~😂

6月 17

大学の元教え子と一緒に仕事しました~経済ニュースサイト「NewsPicks」で!

ソーシャル経済メディアのNewsPicksってご存知ですか?

急速に伸びているニュースサイトです。

そこで記者をしている大学の元教え子、泉秀一君(関大社会学部JP5期生)がほとんど1人で特集「サントリー最強の家族経営」を取材、執筆しました。

社長へのインタビュー、成長への歩みと秘話、ウイスキーを取り巻く状況など内容は多岐にわたっています。

20代の記者がここまで濃密にまとめるとは……、吃驚しました!!

ほんま、よぉやってますわ~(^.^)/~~~

泉君からの依頼でぼくが執筆した『琥珀色の脇役たち』も掲載されています。

こんなふうに教え子と一緒に仕事ができ、すごくうれしいです~(^O^)/

6月 05

学生たちの手応え十分!!~関西大学社会学部の講義『メディア史』

インドから帰って来て2日後の5月31日、関西大学社会学部メディア専攻の講座「メディア史」(2限)に登壇しました。

『日本の初期映画史~大阪と映画』

こんな演題で、映画がいかにして日本に入ってきたのか、そこに大阪がどう絡んだのかを分かりやすく解説しました。

拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)の第1章を要約したもので、これまであちこちでお話ししてきましたが、大学の正規講座では初めて。

本講座を担当する松山先生に「ぜひ、お話しください」とお声がけいただきました。

感謝感激です!!

ありがとうございます!

250人もの受講生が聴講する久しぶりの大教室。

ぼくの日焼けした顔を見入る学生たちを前に、インド旅行の話を「枕」(つかみ)にしたら、えらい興味を持ったので、そのまま延々と喋ってしまいそうでしたわ(笑)

昨年、一昨年に担当した元教え子たちも聴講しに来てくれました~😁

・フランス(リュミエール商会)のシネマトグラフとアメリカ(エジソン商会)のヴァイタスコープの攻防。

・121年前、大阪・難波でシネマトグラフによる日本で最初に催された映画興行。

・心斎橋の舶来品雑貨商、荒木和一がヴァイタスコープを個人輸入し、難波の福岡鉄工所で試写上映したこと。

・それがおそらく日本で最初のスクリーン投影式映画の上映になったこと。

・さらに、京都で行われたシネマトグラフの試写よりも早かったこと。

・映画の初上映と初興行の地、難波が日本における「映画のふるさと」。

上記のことを、パワーポイントの画像を使って時系列的に説明しました。

学生たちにとって、知らないことばかりなので、みな真剣に聴いていました。

昨日、彼らのコメントが自宅にどっさり送られてきました。

ほぼ全員、ぼくの講義に感銘を受けてくれ、すごくうれしかったです。

コメントはだいたい以下のような感じです。

「非常に興味深い内容だった」

「定説を鵜呑みにしてはいけないことがわかった」

「荒木和一をもっとクローズアップすべき」

「関西、それも大阪の難波から映画が始まったとは……、びっくりした」

「ずっと京都が映画発祥地と思っていたので、衝撃を受けました」

「日本の初期映画史で、こんなスリリングな攻防があったとは知らなかった」

一昨年秋に拙著を上梓後、「大阪・難波が〈映画のふるさと〉」であることを懸命にアピールしてきましたが、まだまだ浸透していません。

お膝元の南海電鉄、地元商店会、その他、映画関係者がバックアップしてくれてているにもかかわらずです。

学生の誰一人としてぼくの新説を知っている者がいなかったからです。

今回、少しは彼らを意識改革できたのではないかと思っています。

これからも地道に訴えていきます~(^.^)/~~~

1月 25

元教え子の送別会、ファイト!!

昨夜は関西大学の元教え子、荒木君(2009年卒のJP2期生)の送別会です。

彼は大手企業の営業マンを辞めて、1年間、シンガポールのビジネススクールで経営の何たるかを学んでスキルアップし、昨年暮れに帰国。

これからいよいよ東京で奮闘します~❗

コンサルタント会社に勤務するそうです。

こういう生き方、ええですね、好きです~😁

ずっと応援してるよ~✌

久しぶりにJP2期生の面々と泉さん(当時の事務方さん)にも会え、会話に花が咲きました。

みんなで記念撮影~📷

主賓の荒木君は後方右から2人目です~😁

1月 20

関大JP13期生の授業、終了~(^_-)-☆

関西大学社会学部メディア専攻のJP(ジャーナリズム実習)13期生(2年生)の授業が昨日、終了しました。

6人の教え子たち(JP13期生)と実に楽しい時間を共有でき、満足、満足~😁

みな素晴らしい取材原稿を書いてくれ、濃密な修了原稿集ができました。

最終授業恒例のミニライブでは熱心に耳を傾け、手拍子を入れてくれたのがうれしかった~🎵(笑)

動画はガラガラ声のスタンダード曲「All of me」とオリジナル曲「たんぽぽ」~🎵

武部 好伸さんの投稿 2018年1月19日(金)

武部 好伸さんの投稿 2018年1月19日(金)

今回、身につけた自力(地力)を活かして大いに羽ばたいてほしい~❗

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

以下は、修了原稿集に添えた、教え子たちに向けたぼくのメッセージです。

「JP」と呼ばれるジャーナリズム実習(当初はジャーナリスト養成プログラム)が始まって早、13年がたちました。

かつては30人以上も在籍していたメディア専攻随一の人気授業でした。

それが……、新しい実習が次々と設けられたことやマスコミを敬遠する風潮から次第に受講生が減り続け、2017年度は何と6人でした(前期は7人)。

前年より1人マイナス!! 

それも女子ばかり!!! 

時代が変わってきたなぁとつくづく実感しました。

しかし少人数ゆえ、1人ひとりとしっかり向き合うことができ、きめ細やかな指導ができたと思っています。

みんな、仲が良くて、すごくいい雰囲気の中で授業を進めることができました。

中でも忘れられないのは2017年暮れの忘年会。

童心に返り、メリーゴーランドに乗ってキャッキャッ、キャッキャッとはしゃいだことは記憶から消え去ることはないでしょう。

授業ではいろんな原稿を書いてきました。

自分への追悼文から始まって、ポルトガルの置物の描写、キャンパスの定点観測、コメント取り、ショートショートのフィクション……。

その後、学生食堂とタワー(塔、城なども)のルポ原稿へと広がっていき、締めがJP2年次の集大成ともいえるこの修了原稿。

「ハードル」の高い内容を求めました。

そのため、「赤」だらけの原稿を何度も突き返し、追加取材を指示しました。

限られた時間の中でさぞかししんどかったことでしょう。

文章にまとめるのも四苦八苦したはず。

でも、みんな必死になって食らいついてきました。

その努力が実り、どれも読みごたえのある原稿に仕上がりました。

現場主義に基づいた面白い読み物。

どこに出しても通用します。

「諦めたらそこで終わり」

そのことも身を持って知ったはずです。

企画、アポ取り、取材(インタビュー、写真撮影)、執筆のすべてを独りでこなしました。

間違いなく自力(地力)が身についていますよ。

大いに自信を持ってください。

この経験は絶対に3年次、4年次で役立ちます!

わずか半期だけでしたが、みんなと素晴らしい時間を共有できたのが何にも増してうれしいです。

このご縁を大切にしていきましょう!

かの、ひかりん、みう、えりんぎ、りお、はたぽん、お疲れ様でした。

イェーツ~(^O^)/

1月 08

大学の元教え子たちとの新年会~(^_-)-☆

新年を迎え、大学(関西大学社会学部JP)の元教え子たちとの新年会(ミニ同窓会?)が続いています。

大学を卒業し、社会に出てからも「飲みに行きましょう」と声をかけてくれるのはほんまにうれしいです。

2日は3年前に卒業したJP8期生のこっちゃんとありさ。

ミナミの居酒屋でもつ鍋を突っつき、二次会は近くのバーSKYEで。

4日は2009年卒業のJP2期生の岡田さんと新垣さん。

梅田・お初天神通りのイタリアンでワインを味わい、ほろ酔い気分で近くのバーJURAへ。

そして昨日の7日は2010年卒業のJP3期生の同窓会。

日本橋の味園で石狩鍋→大衆パブ「HUB」というコース。

思いのほか多くの教え子と再会でき、小川先生や木島先生(現在、桃山学院大学)も来てくださって、大いに盛り上がりました。

会社を辞めたり、社内で悶々としていたり、新天地で奮闘していたり、大学院で修士論文と格闘していたり、婚約してルンルン気分になっていたり、逆に彼氏との恋愛に悩んでいたり……と彼らの現状がよくわかりました。

基本、みんな必死で生きていて、うれしかった。

今年が素敵な年になりますように!!

12月 30

今年最後の飲み会……(^_-)-☆

昨夜は今年最後の飲み会でした。

2年前に大学を卒業した関大社会学部JP9期生の面々とのミニ同窓会+忘年会。

年の瀬とあって、参加者は少なかったけれど、めちゃめちゃ楽しい会でした。

天六(天神橋筋六丁目)の馴染みの焼き鳥屋さんで鍋をつつき、焼き鳥をほおばり、しこたま飲みながら、大いに語り、大いに笑いました。

タイのバンコクで怒涛の勢いで働いていた会社を辞め、この日帰国した者、「不慮の事故」で心を病み、そこから再生して新たな会社に就職した者、東京のテレビ番組制作会社から来春、地元・大阪のテレビ大阪に転身する者……。

いろいろありますねぇ。人生の縮図みたい……。

でも、みんな、ガッツがあるので、何とか生き抜いていくことでしょう。

結局、二次会(バー)、三次会(寿司)までつき合いました。

それにしてもこの1年、ほんまに飲み会が多かった。

はて、何回あったのか……??

お誘いがあると、よほどのことがない限り、断りません。

その会に出向くと、何か「プラス」になることがありますからね。

それにお酒が好きですから、全く苦になりません(笑)

来年も年明けからいろいろ飲み会があります。

ちょっと酒量を減らし、いつまでも飲み続けられるようにしたいものです。

12月 04

教え子たちとの愉快な忘年会~♪(^^♪

スーパームーンが輝く昨夜、現在、大学で教えている受講生(関大社会学部JP13期生)との忘年会でした。

何と餃子パーティー~!

みな若い。

食べる、食べる。

びっくりポンでした~👀

教え子は女子ばかりで、ぼくが黒一点~(笑)

いろんな話(メインは恋愛話!?)が飛び交い、授業中に見せたことのない顔を覗かせてくれました~💡😁

そして餃子からいきなりメリーゴーランドへ~🎠

スカイビルの広場にメリーゴーランドがあるんですよ。

「ペンギン釣り」を楽しんでから、みんなで乗り込みました。

童心に返ってキャッキャ、キャッキャと大はしゃぎ。

まさかこんな展開になるとは思わなかった~。

生まれて初めての体験でした(笑)。

めちゃめちゃ楽しいひと時でした~(^_-)-☆

10月 24

今日は仕事で元教え子(関大JP4期生)が来宅~(^_-)-☆

昨日に続き、今日も大学の元教え子がわが家に来てくれました。

6年前に卒業した関大JP4期生の池邊文香さん。

遊びではなく、仕事です。

会社のホームページに熟年者向けの読み物を載せるため、ぼくの生き方をこってり取材してくれました(笑)

スムーズな会話にもっていき、グイグイ迫ってくる粘りのあるインタビューで、びっくりポンでしたが、それがすごく嬉しかった~💡😁

学生のころからしっかりしていた彼女、ますます成長していましたわ❗

古い記事へ «