Category Archive: 大学

7月 17

旧友を訪ねて飛騨高山へ~(^_-)-☆

15日の「海の日」に山へ向かいました~💨

といっても、山登りとちゃいます。

大学時代の旧友を訪ねて飛騨高山へ~🍀

大阪駅からJRの在来線特急「ひだ25号」でのんびりと列車の旅を満喫しました~🙆

ディーゼルの特急に乗るのはほんま、久しぶり。

ルンルン気分でしたよ~😆🎶✨

彼とは卒業以来、会っていないので、41年ぶりの再会になります。

無性に顔を見たくなり、半ば衝動的な行動でした~😅(笑)

いつもこんな感じです。

そして高山駅前で、旧友と再会できました❗

赤いマイカーで出迎えてくれた彼は元気でした。

同じ文学部とはいえ、彼の専攻はぼく(美学科)とは違ってフランス文学でしたが、妙にウマが合い、進学塾でのアルバイトも一緒でした。

学生時代はブルースバンドを組み、ベースを担当していましたな~。

大学卒業後は高校の教師。

目下、再任用で教壇に立っています。

車で白川郷⇒温泉⇒高山の郷土料理店とエスコートしてくれました。

飛騨で生まれ育っただけに、自分の庭のように軽やかに移動~(笑)

白川郷は初めてだったので、合掌造りの家屋を目の当たりにした瞬間、ときめいてしまった~!

思いのほか観光客が少なくて安堵した次第。

そこでツーショットを何枚か撮りました。

一緒に温泉に浸かれたのもうれしかったな~。

夜は割烹でこだわりの郷土料理の数々を堪能。

どれも美味かった。

最後は飛騨牛で締めました~✨

友の温かいおもてなしに感謝、感激~❗❗

1970年代の青春時代に戻りながらも、昨日会ったみたいな感じで、現状報告やこれからのこと、映画、ケルト文化、文学、イギリスのEU離脱などの時事問題、彼の好きな釣り、高山と大阪、あの頃の恋愛話、その他諸々について会話が途絶えることなく、語り合えました。

大学生のころ、こんなにガチで話したことがなかったのに……、これも年の功ですね~🙆

高山にやって来て、ほんま、よかった❗

2日目は1人で高山市内を散策。

古い街並みはやはり風情がありますね。

その中でも吉島家は別格。

古巣新聞社の先輩のご実家……、すごい!

洋館建ての市立図書館の外観が素晴らしかった。

旧役場も時代を感じさせてくれました。

白人観光客のお好みの世界です。

お昼は中華そば。

和そばより、中華そばの方が目に着きました~🍜🍥

「山の国」なのに、魚介類で取った醤油味の出汁がすごくあっさりしていて、具はチャーシューとメンマだけ。

シンプル・イズ・ベストですね~✌

おいしゅうございました~😃

このあと、昭和30~40年代を再現した飛騨高山レトロミュージアムを見学。

懐かしの世界へどっぷり浸りました。

午後2時のバスで高山を去り、名古屋へゴー。

夜、金山にあるANAクラウンプラザホテルで、関大武部ゼミ1期生、さっくんの夫婦➕同世代のご両親との会食を楽しみました~🙆

彼が大学を卒業して15年。

こんなふうに教え子のファミリーを巻き込んで(笑)、交流が続いているのがすごくうれしいです~🙆

話が弾みすぎて、理屈抜きに素敵な時を過ごせました✨

そして3日目。

朝の近鉄特急で難波へ帰ってきました。

こんなふうにすごく充実した旅でした。

人との出会いは理屈抜きに素敵ですね。

思い立ったら吉日、それを実行に移して大正解でした。

何はともあれ、めちゃめちゃ英気を養うことができました~(^_-)-☆

3月 24

素敵な土曜日になりました! 朝日カルチャーのケルト講座&山崎先生を囲む会

昨日、朝日カルチャーセンター中之島教室での特別講座『「ケルト」を旅する 中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』は、おかげさまで大盛況のうちに終了しました~👍

受講者は62人。

当日、参加した方も多く、急きょ、仕切りをはずして「大教室」でお話しすることになった次第。

ありがたいです。

「ケルト」紀行シリーズ第7弾『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』(彩流社)の内容をかみ砕き、午後3時半から6時まで、途中、10分間の休憩をはさみ、喋りまくりました~(^_-)-☆

みなさん真剣に耳を傾けていただき、教室内は熱―い空気に満たされ、まことにええ塩梅でした。

満足感を抱きつつ、その足で中之島ダイビルにある四川料理店へ駆けつけ、文化勲章を受章された大学(大阪大学文学部美学科音楽演劇学専攻)のゼミの恩師、山崎正和先生を囲む会に出席。

41年前(1978年)に大学を卒業して以来、初めてゼミの集いに顔を出しました。

山崎先生とは1984年、吉野作造賞を受賞された時、分野外の科学部記者なのに、「おまえの大学の先生やろ」とデスクに言われ、取材させてもらって以来です。

あの時、先生は50歳でした。

現在、御年84歳。

ぼくのことをちゃんと覚えてくださっていて、うれしかったです。

先生はぼくの隣の席でした。

「卒論の口頭試問で、『君の論文、分量はあるのだが、映画の感想だね』と先生に言われたのをよく覚えていますよ」

「そんなこと言ったかな。ハハハ」

「もう一つあります。吉野作造賞の受賞の取材を終え、ご自宅から退出するとき、『いろいろ喋ったけれど、ちゃんと文章にまとめられるか』と言われました。完全に先生と学生の関係になってました(笑)」

「えっ、そんな失礼なことを言った覚えはないんだがね。それは申し訳なかったです。ハハハ」

楽しい会話でした~(^_-)-☆

先生は笑みをたたえ教え子たちの顔を眺めながら、紹興酒を美味しそうに味わっておられました。

先生をお見送りしてから、みんなで北新地へ繰り出し、二次会でグビグビ飲みまくり、熱く語り合いました。

新聞記者、大学教官、予備校の先生、食料品関係の社長、劇場関係者……、みないろんな分野で活躍してはりました。

一つ上の素敵な女性先輩と同期のU君以外はみな後輩でした。

しっかりしてはりましたわ(笑)。

最後はU君と劣等生同士でバーで締めました。

帰宅したら、午前1時半。

何とも濃密な土曜日になりました❗

2月 24

4年ぶりに関大武部ゼミ一期生の同窓会~楽しかった!!

昨日、早朝からABCテレビに出演し、午後2時から15年前に関西大学を卒業した武部ゼミ1期生の面々と大阪・ミナミで同窓会~😁

前回はぼくの還暦同窓会だったので、4年ぶりです。

全員集合はとても無理ですが、それでも名古屋から2人が駆けつけてくれ、旧交を温めることができました。

ゼミTシャツには感激~(^_-)-☆

みんな30歳後半になり、まさに社会の中堅どころ。

すべてにおいて立派な社会人になっていました。

卒業式の写真と比べると、よぉわかります。

それぞれドラマがあり、大人の会話ができて酒が進んで仕方なかった~(笑)😁

ハワイアン⇒カフェ⇒バー⇒たこ焼き屋

こんな感じで4軒ハシゴしました。

締めがたこ焼きというのがええ塩梅でした~🐙

楽しさ+満足感+たこ焼きでお腹いっぱい。

ほんまに素敵な「8時間」でした~🙆

2月 08

関大JP、「最後」の飲み会~(^_-)-☆

今季で関大JP(ジャーナリズム実習)の担当を終えたことで、昨夜、現役生(2~4年生=JP12~14期生)たちが梅田の居酒屋で「武部先生を囲む会」を開いてくれました。

来れなかった学生たちの気持ちも十分、伝わってきました。

ほんまにありがたいです~😂

思い出話、現状報告、就活、将来展望、恋愛話などなどみんなと楽しく語り合えました。

途中、男子新体操をしている学生がいきなりバク転を披露し、びっくりポン~❗👀(笑)

単なる非常勤講師なのに、こんな素晴らしい形で幕を下ろすことができ、つくづく幸せ者やと思うてます。

彼らとは、この「ご縁」を大切にして、末長くつき合っていくつもりです。

今日の面々だけでなく、JP1期生からの教え子305人全員に、ほんまに、ほんまにありがとう~😉👍🎶

集合写真の笑顔がめちゃめちゃ素晴らしい❗❗❗

2月 01

関大メディアEXPO2019~これでJPともオサラバ!!

昨日、関西大学社会学部メディア専攻の実習系授業の発表会「メディアEXPO 2019」が関大梅田キャンパスで開かれました。

必見試写を観終えてから、駆けつけました。

ぼくが担当するJP(ジャナーリズム実習)の教え子たち(14期生)も取材成果を一生懸命、プレゼンテーションしていました。

公式的にJPと関わるのはこれが最後。

気持ちよくエンディングを迎えられました。

懇親会でのJP12期生(2年生)~14期生(4年生)との記念撮影はええ思い出になります~😁

1月 19

14年間続けた関大JP、最終授業~。感無量……(^^;)

昨日(18日)、14年間続けてきた関西大学社会学部メディア専攻JP(ジャーナリズム実習=文章)のぼくの授業が終了しました。

JPは、ゼミを3期終えた2005年から始まり、10期生を除き、ずっと担当してきました。

受講生は、今の14期生(11人)を入れてトータルで305人。

ゼミ形式の授業なので、一人ひとりの学生と密にコンタクトができ、全ての教え子の顔と名前を覚えています。

卒業してからも、よぉ飲みに行きました(行っています)~🍻🍷🍶

彼らJP生と出会えて人生が豊かになり、ほんまによかったです❗

みんな、ありがとう~❗❗

JP最後の14期生も各自、必死で取材、執筆に取り組み、中身の濃いハイレベルな修了原稿を集いてくれました。

そして今日の最終授業の締めは、恒例のソロ・ライブ~🎵(笑)

この教室ライブもこれでおしまい。

1つの節目を迎えたな~と実感、そして計り知れない達成感も~✌

来年度は大教室での講義。

せえだい喋り倒したろ~(^_-)-☆

夜は、映像ディレクター+映画史研究家+関大社会学部非常勤講師のHさんと法善寺で一献傾け、最後の締めは一人でキールロワイアル(バー「スカイ」で)~。

気分はせいせいしています。

さぁ、前を向いてゴー!!

12月 30

現役教え子+元教え子との忘年会~(^_-)-☆

毎年、忘年会のお誘いがいろいろありますが、今年は「やりたいこと」が山積しており、少なからず欠席させていただきました。

夜半にパソコンと向き合うので、時間的にかぶさってしまうのです。

しかし非常勤講師を務めている関西大学社会学部メディア専攻JP(ジャーナリズム実習)の教え子たちとの忘年会は別です。

最優先します。

27日、梅田・ナビオにある居酒屋で現役学生たちとの楽しい忘年会~😁

今期をもってピリオドが打たれるJP14期生の面々です。

暮れの慌ただしい中、しかも懸案の取材原稿を抱えている中、全員参加~❗❗

宴たけなわになるにつれ、教室では見せない「素顔」を目一杯、お披露目してくれました~⤴(笑)

あ~、愉快、愉快~😁👏😁

そして29日は彼らより5つ上のJP9期生たちとのプチ同窓会+忘年会。

これが今年最後の忘年会です。

彼らは社会人3年目。

すっかり大人の顔になっていました。

沖縄の放送局で報道記者をしている者も駆けつけてくれ、さらに2人が婚約発表をし、めちゃめちゃ盛り上がりました~(^_-)-☆

広告、テレビ業界、旅行会社、化粧品会社、MR、京都大学大学院生(博士過程)……とバラエティーに富んでいます。

来年も集まることができればいいな~。

そんなこんなで、充実した暮れになりました~(^.^)/~~~

10月 07

またまた元教え子の結婚式、富士山を望む静岡・日本平で~(^_-)-☆

最高気温が34度!

7日、真夏に戻ったような静岡市の日本平ホテルで、大学の元教え子、みっひー(岡田美海さん)の結婚式に出席しました~ 💒

富士山と駿河湾をセットにした絶景にガーーン!!

完全に目が奪われました。

彼女は3年前卒業の関大JP8期生で、非常に芯のある学生でした。

卒業後、生まれ故郷の静岡で、大学で習得したことを活かして仕事に励んでいます~ 😁

今日は全身から「幸せオーラ」をめいっぱい放ってました~ 🌼

旦那さんは軽やかな感じの好青年でした。

同期生のなお、そのかとも会えて、よかった、よかった~ ❗

ぼくは専任の教員ではなく、単なる非常勤講師なのに、これまで教え子たちから数えきれないほど結婚式に招待されました。

ほんまにありがたいと思うてます。

いつも願うことは……、ただただ幸せになりや~ ❗ ❗

9月 25

元教え子のウェディング・パーティー~♪&とんだハプニング~((+_+))

22日(土)は神戸で大学の元教え子、えり(5年前卒業の関大JP6期生)のウェディング・パーティーでした~😃💕

会場は重要文化財指定の旧神戸居留地十五番館。

レトロで素敵な洋館です。

彼女は学生時代、ほんまに前向きで活達な子でした。

この日はちょっとしおらしく、それでいて、「幸せオーラ」を発散させ、光り輝いていました~✴

同期生たちや矢野先生、稲見先生とも再会でき、ミニ同窓会になりました。

旦那さんはナイスガイ~😏

えり、お幸せに~😁

このあと、ハプニングが!!

久しぶりに会った矢野さんと三宮で飲み、話が盛り上がってはしご酒~🍶

ええ塩梅で、阪神三宮駅から最終の(?)梅田行き特急に乗り、ちょっと寝たつもりが、目覚めると三宮でした~😱

えっ❗

ガーン😱

つまり梅田まで行って、戻ってきたわけです~😅

振り出しですわ~(笑)

何で終着の梅田駅で起こしてくれへんかってん。

プンプン😠💨

もう大阪方面行きの電車がないので、三宮周辺のビジネスホテルに投宿しました。

よくよく考えれば、JRならまだ電車があったかも……。

まぁ、しゃあないです。

というわけで、結構、刺激的な夜になりました。

チャン、チャン~😂

6月 17

大学の元教え子と一緒に仕事しました~経済ニュースサイト「NewsPicks」で!

ソーシャル経済メディアのNewsPicksってご存知ですか?

急速に伸びているニュースサイトです。

そこで記者をしている大学の元教え子、泉秀一君(関大社会学部JP5期生)がほとんど1人で特集「サントリー最強の家族経営」を取材、執筆しました。

社長へのインタビュー、成長への歩みと秘話、ウイスキーを取り巻く状況など内容は多岐にわたっています。

20代の記者がここまで濃密にまとめるとは……、吃驚しました!!

ほんま、よぉやってますわ~(^.^)/~~~

泉君からの依頼でぼくが執筆した『琥珀色の脇役たち』も掲載されています。

こんなふうに教え子と一緒に仕事ができ、すごくうれしいです~(^O^)/

古い記事へ «