Category Archive: その他

8月 10

術後4日目の報告

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の日帰り手術に関する個人的な問い合わせが思いのほか多く寄せられています。

この病気に悩んでいる人が少なくないんやと実感。

術後4日目の今日、鼻の詰め物をすべて取り、以降、この状態が続きます。

鼻の中に異物がなく、スカッとしているので、ほんにええ気持ち。

手術による傷口がまだ治っていない箇所もあり、しばらく薬剤で対処するそうです。

クリニックは明日から1週間の夏休み。

「休み明けにはほぼ完治しているでしょう」とのドクターの言葉に大喜びしました。

この日帰り手術、受けてほんまによかったと思うてます~(^_-)-☆

8月 08

術後2日目の経過報告~(^_-)-☆

神戸から大阪に戻り、夕方、自宅近くの耳鼻咽喉科医院へ。

2日前、慢性副鼻腔炎の内視鏡下手術を受けた際、鼻に入れた詰め物をドクターが取ってくれはりました。

結構、いろいろ詰め込まれていたので、びっくりポンでした(笑)

すべてを取り除いた瞬間、得も言われぬ開放感~!!!

今まで必ずどちらか一方塞がっていた鼻が両方ともスカスカに通っていたんです。

体が宙に浮きそうな感じ。

頭も軽くなったような。

思えば、高校時代からずっと「片鼻状態」でした……。

両鼻で空気を吸い込む当たり前のことがこれほど素晴らしいものとは思わなかった。

ドクターはすぐに別の「処理」を施し、ほんの少しだけ鼻に何やら詰め物を入れてくれはりましたが、両鼻はちゃんと通っています。

ということで、術後、ええ塩梅に改善しているみたいです~😁

禁酒解禁まであと5日!

8月 05

先ほど、口ひげを剃りました! 明日、鼻の手術のために

30数年ぶりに口ひげを剃りました❗

元々、薄毛なので、見た目はあまり変わらないかもしれませんね~(笑)

別に一念発起するわけではありません。

明日、手術するからです。

高校時代から花粉症なんですが、最近、鼻づまりがひどくなり、鼻声が治らないので、近くの耳鼻咽喉科医院で診てもらうと、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)とわかりました。

薬で治せるレベルを越えているそうで、手術をすることに。

ひと昔前はたいそうな手術やったそうです。

今は内視鏡による日帰り手術~😁

鼻の穴から内視鏡を挿入するので、口ひげが邪魔になり、ドクターから「剃ってください」と言われました~😅

しゃあない~😣

生まれて初めてのオペ。

「美声になるかもしれませんよ」とのドクターのひと言に勇気づけらました(笑)

しかし、部分(顔面)麻酔するので、来週1週間、お酒が飲めないのが最大の試練ですわ。

この時期、果たしてビールなしで生きていけるのか~😣

7月 02

小学校の同窓会~楽しかった!!

昨日は母校、大阪市立南大江小学校の同窓会でした。

昨年に続いての開催なので、新鮮味には欠けましたが(笑)、前回、欠席した同窓生との再会がうれしかった~!

会場は大阪城を望めるKKRホテルの宴会場。

小学生のころ、ここは共済会館と呼ばれ、夏になるとプールで楽しんでいました。

会場へ入り、みんなの顔を見ると、半世紀以上前の世界へとタイムスリップ~ 💨

あっと言う間にあの頃に舞い戻りますね。

各人とよぉ喋った!!

多忙を極めていて、出席できるか危うかったのですが、何とか参加できてよかった。

めちゃ懐かしく、やっぱりええ塩梅でした~(^_-)-☆

6月 17

大学の元教え子と一緒に仕事しました~経済ニュースサイト「NewsPicks」で!

ソーシャル経済メディアのNewsPicksってご存知ですか?

急速に伸びているニュースサイトです。

そこで記者をしている大学の元教え子、泉秀一君(関大社会学部JP5期生)がほとんど1人で特集「サントリー最強の家族経営」を取材、執筆しました。

社長へのインタビュー、成長への歩みと秘話、ウイスキーを取り巻く状況など内容は多岐にわたっています。

20代の記者がここまで濃密にまとめるとは……、吃驚しました!!

ほんま、よぉやってますわ~(^.^)/~~~

泉君からの依頼でぼくが執筆した『琥珀色の脇役たち』も掲載されています。

こんなふうに教え子と一緒に仕事ができ、すごくうれしいです~(^O^)/

2月 15

この写真、どこで撮影されたのか教えてください~!!

アマチュア・カメラマンだった亡きオヤジさんの写真をぼちぼち整理しているんですが、この写真の場所が特定できないんです。

昭和32年~35年の大阪市内のどこかの市バス停留所です。

国鉄天王寺駅前かな??

ご年配の方、ご存知ありませんか。

あまりにもヒントが少ないですね……( ;∀;)

1月 16

古巣新聞社の同期会でした~(^_-)-☆

古巣新聞社を辞めて、今年で23年目。

ありがたいことに、同期会にはいつもお声がかかり、今宵も「関西在住」のみんなと梅田の居酒屋で楽しいひと時を過ごしました~🍻🍶

Hさんは福井なので、すんません!!(笑)

入社したのが40年前。

初々しいピカピカの新入社員だったのがつい昨日のことのように思えます~。

みんな、ええ塩梅に齢を重ねてはりますわ~(^_-)-☆

12月 04

教え子たちとの愉快な忘年会~♪(^^♪

スーパームーンが輝く昨夜、現在、大学で教えている受講生(関大社会学部JP13期生)との忘年会でした。

何と餃子パーティー~!

みな若い。

食べる、食べる。

びっくりポンでした~👀

教え子は女子ばかりで、ぼくが黒一点~(笑)

いろんな話(メインは恋愛話!?)が飛び交い、授業中に見せたことのない顔を覗かせてくれました~💡😁

そして餃子からいきなりメリーゴーランドへ~🎠

スカイビルの広場にメリーゴーランドがあるんですよ。

「ペンギン釣り」を楽しんでから、みんなで乗り込みました。

童心に返ってキャッキャ、キャッキャと大はしゃぎ。

まさかこんな展開になるとは思わなかった~。

生まれて初めての体験でした(笑)。

めちゃめちゃ楽しいひと時でした~(^_-)-☆

10月 16

乗車したタクシーが逆走~! 怖かった~((+_+))

14日の深夜(正確には15日未明)、めちゃめちゃスリリングな、というか怖い、怖い体験をしました。

天六(天神橋筋六丁目)界隈でちょかBandのリハーサルを終え、相方(疋田さん)+ゲストの方(Ritzさん)と飲み食いしたあと、帰宅すべくタクシーに乗車。

松屋町筋を南下し、中央大通りの高架を右折した直後、うとうとしていたぼくは運転手の声で頭が覚醒しました。

農人橋の交差点です。

「しもた! 間違うた!!!」

「どうしはったんですか?」

「手前の高架(東向きの対向車線)を曲がってしもうた」

「え~っ!」

完全に逆走~❗

100メートルほど高架を上ってきており、いまさらバックで引き返せない。

向こうから自動車が何台も迫ってくる!!

これは逃れられへん。

わ~っ!! えらいこっちゃ~❗  どうしよう!!

激突されるという〈恐怖〉で体が縮み上がってしまった~( ;∀;)

運転手はタクシーを停め、すばやくヘッドライトを点滅させ、対向車に「異変」を知らせました。

ラッキーなことにどの車も急停車してくれました。

猛スピードで迫ってきた軽トラックは急ブレーキをかけ、1メートル手前でストップ。

ギリギリ、セーフ。

やれやれ。ほんま、冷や汗をかいた~( ゚Д゚)

一瞬、「死」を意識しました。

その後、タクシーはUターンして事なきを得ました。

運転手は見たところ70代後半?

しきりに謝り、タクシー代を無料にしてくれましたが……。

いやはや、神経が昂り、帰宅しても朝方まで眠れなかったです~( ;∀;)

あの交差点、夜間は暗くて登り口を間違えそうになります。

でも、初心者ドライバーじゃあるまいし、プロのタクシー運転手なのだから、絶対に間違うたらあきまへん!

乗客を恐怖のどん底に陥れた責任は大きいと思います。

運転手は非常に気の良さそうな方でしたので、タクシー会社に一報を入れるかどうか逡巡していました。

しかし一つ間違えば、大事故につながりかねないケースです。

そこで翌日、思い切って連絡しました。

当然、会社側は平謝り。

高齢者ドライバーのトラブルが社会問題になっています。

タクシー会社でも高齢者は昼間だけの勤務に限定するなど何らかの対応を取る方がいいでしょうね。

「えらいこっちゃ!」はぼくの〈代名詞〉ですが、今回ばかりは、身の危険に直面しただけに、ホンマに「えらいこっちゃ!」でした。

それにしても、運がええなぁ~と改めて実感した次第です(笑)。

9月 29

新風書房の福山さん、イベント・プロデューサーの小川さんと楽しく会食~(^_-)-☆

昨夜は、新風書房(大阪市天王寺区)の代表、福山琢磨さん&イベント・プロデューサー小川秀人さんと会食しました。

さる8月、福山さんが企画された近鉄百貨店上本町店での『「モノ」が語る戦争展』の目玉展示で少しお役に立てたそうで、そのお礼にと息子さんがオーナーをしている谷町4丁目のスパニッシュ・レストランでご馳走になりました~ 💡 😁

ありがとうございました!

その展示とは、映画会社・日活の社員だった小川さんのお父さんが出征する時の寄せ書き。

そこには片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、月形龍之介、衣笠貞之助、志村喬、牧野正博らそうそうたる映画人の名前が記されていて、それをちょっと「監修」しただけなんですが…… 😅

寄せ書きの実物をとくと拝見させていただきました。

福山さんとは古巣新聞社の科学部記者の時にご縁ができました。

1984年のことですから、33年前ですね。

その後、福山さんは戦争の〈記憶〉を〈記録〉に書き留めている『孫たちへの証言』をシリーズ化されています。

「継続は力なり」を着々と実践しておられ、心からリスペクトしています。

2004年には、福山さんにお願いし、拙著『ボビーズ・バー 〈洋酒の精〉に乾杯!』を新風書房から出していただきました。

小川さんとは3年前、動物園前のカフェでちょかBandがライブをやった時に知り合いました~(^_-)-☆

この方、地域密着型の東大阪新聞社の記者も務めてはります。

その小川さんと福山さんがつながっていたとは……、びっくりポンでした。

人生って縁の積み重ねですね。

ほんま、素晴らしいひと時を過ごせました~ 💡

古い記事へ «

» 新しい記事へ