Category Archive: 阪神タイガース

10月 06

満員の消化試合~甲子園

久々の甲子園。

 

本来、きょうが甲子園の最終ゲームでした。

 

毎年、阪神の開幕戦と最終戦はかならず観にいくようにしています。

 

しかも、きょうのゲームはアニキ金本の引退試合になりそうだったので、すばやくチケットをゲットしました。

 

ところが、引退試合は9日になってしまい、単なる消化試合に……。

 

なのに球場は満員!!

99%の観客は金本を観にきたと思います。

 

入場の際、アニキのポスターをもらいました。

つまり、金本のための試合なのに、相手のヤクルトは情がないのか、勝つことだけに執念を燃やし、阪神ファンにはまったく面白くない試合になりました。

 

プロなのだから、それは当たり前なのだけれど、ちょっと無粋に思えた。

 

それにも増して、阪神、弱かった!

 

全く打てない。

 

今季を象徴している内容でしたわ。

 

阪神、非力、ヤクルト、非情。

 

気分を切り換え、9日の最後の試合、思う存分、応援してこようと思っています。

 

不甲斐ない試合せんといてよ!!

 

アニキのために、ファンのために!!

 

 

9月 03

夜風が勝利を呼び込んだ~昨夜の甲子園

えーと、これで確か9回目の甲子園です。

 

この試合のチケット(1塁アルプス席)は春に買ったんです。

 

きっと優勝戦線に絡んでいると思って。

 

それが……(涙)

 

まぁ、ええです、しゃーない。

 

甲子園に時折、涼風がそよぎ、ビールがたまらなく美味い。

広島の先発、マエケンが1,2回をパーフェクトで抑えたので、「ひょっとして、10対0くらいで完全試合されるんとちゃうかな」と不吉な予感がしました。

 

でも、高卒のルーキー歳内君がしっかり投げ込んでくれ、なかなかの投手戦になりました。

 

19歳、期待大です!!

それにしても両チーム、打ちませんな~。

 

で、延長11回、新井良太のサヨナラ本塁打で勝利!!

 

ライトフライかなと思ったら、打球がグングン伸びていった(^o^)v

 

浜風と逆の風が幸いしました。

 

よかった、よかった(^o^)v(^o^)v

 

とは言いつつ、阪神の優勝は完全に断たれたみたいで……。

 

これで今年のぼくの阪神戦は4勝5敗。

 

あと甲子園最終戦を応援しに行きます。

 

何とか5勝5敗で収めたいな~。

 

「六甲おろし」を熱唱しているときの夜風の心地よさに、「長かった夏がようやく終わるんや」と実感。

 

 

8月 13

阪神、連敗がストップしたけれど……

昨夜、京セラドーム大阪へ阪神VS広島戦を見に行き、驚きました。

 

連敗街道をまっしぐらの弱い弱いタイガースなのに、何と満員の観客が詰めかけていたから。

阪神戦のぼくの勝率は9割を誇っています。

 

なので、ここら辺りで連敗をストップさせなあかんという思いでドームにはせ参じ、その気持ちが実り、8対2で快勝しました。

 

勝利の男神です!!

 

でも、冒頭で触れたように、ダメトラでもファンがぎょうさん来てくれる、その現実に球団が慣れてしまっているような気がしています。

 

言わば、甘えているのかもしれませんね。

 

正直、今季の阪神の試合、全然、面白くないです。

 

ここぞという時、必ずこけてしまう。

 

まぁ、期待を裏切ってくれるのはこのチームの伝統ですが……。

 

お盆休みと重なったのでしょうが、昨夜の試合は半分ほどの入りでちょうどいいチーム状況でしたよ。

 

ファンやから弱かっても試合を見に行く、いやこんな弱かったら見に行く値打ちがない。

 

どちらを取るか……。

 

当分、悩みそうです。

 

 

 

6月 10

有栖川有栖さん、玉岡かおるさんたちと阪神を応援~!!

甲子園(1)
甲子園のロイヤルスイート席で、ソフトバンクス戦を応援しました。
ぼくが映画評を書いている日本経済新聞社のご招待で。
ありがたいことです。
他の執筆陣と同社文化グループの方々と一緒にビールをちびちびやりながら、デーゲームを楽しみました。
同席したミステリー作家の有栖川有栖さん、作家・エッセイストの玉岡かおるさんはかなりの阪神ファン。
阪神が押されっぱなしの9回裏の攻撃前、「何とかせんとあきませんな」と言いつつ、3人で記念撮影を。
このあとサヨナラ勝ちというシナリオを書いていたのに、あえなく負け試合。
阪神、ほんまに情けなかった。
試合終了後、有栖川さんと阪神電車で梅田までご一緒し、いろいろ話しました。
ずっと阪神ファンで、今は岩田投手がお気に入りとか。
昨年もこの席で応援して、雨天コールド負けでした。
うーーん、やっぱり1塁アルプスかライト外野がぼくには性に合っているようですね(^o^)v

5月 07

甲子園のライト外野席

GW中の阪神タイガースは最悪でした。
ピッチャーは好投しているのに、全然打てない。
結局、勝ったのは、5月5日の甲子園での対巨人戦のみ。
情けない。
その日、ぼくはほんとうに久しぶりにライト外野席で応援しました。
甲子園
かつては甲子園といえば、そこがぼくの定番席でした。
しかしあの熱烈な応援の「発信源」とあって、そこで声を荒げて応援するのがだんだんしんどくなり、知らぬ間にアルプス席や内野席で観戦する機会が増えてきました。
年齢ですかね(笑)
で、先日のライト外野席ですが、思いのほか整然としていたのには正直、驚いた。
応援団も若い女の子が手拍子を打っていたりして、以前の強烈かつ過激な応援団とはすっかり様変わりしていました。
換言すれば、垢抜けしてきたとでも言いましょうか。
もちろん、見るからに怖そうな(?)阪神ファンの方々が多くいてはりますが、それでも全体的におとなしくなっていました。
なにせビールを飲みながら、応援できましたし、好き勝手に応援している人も結構、いました(^o^)v
コスチュームの色も白、黄、ピンク、黒とてんでバラバラ。
それに比べ、レフト外野席の5分の1ほどを占める巨人の応援席は、攻撃の間、ずっと立ちっぱなしで、一糸乱れぬ統一性があり、人数の割にはすごいパワーを出していました。
それもみなよく似たユニホームを身につけ、オレンジ色のタオルを首に巻いて。
ゾッとした。
不気味でしたね~。
彼らにとってはアウェイなので、そこまで団結心を見せなければならないのはよくわかります。
でも、何だか小学生の一団のように思えて。
阪神ファンはだんだん大人になってきたのでしょうか????

3月 31

阪神の開幕戦~好ゲームだったけれど、疲れました

20120330_190805
きょうからプロ野球が開幕しました。
心がウキウキしますね~(^o^)v
わが阪神タイガースは、京セラドーム大阪で横浜DeNAベイスターズと対戦。
トラキチを自認する関大の教え子、和田健悟くん(あさってから4年生)と一緒に応援しました。
20120330_193709
彼はプロ野球のことなら何でも知っている物知り博士。
野球中継の解説を聞いているようで、とても楽しかったです。
試合の方は--。
関本のスリーランで試合が決まったと思いきや、横浜に逆転され……。
延長の10回裏、もうこのまま最悪の負け試合になるかとヤケッぱちになったところで、阪神が意地を見せて、同点に!!
最後はサヨナラ勝ちを飾れなかったけれど、負けなくてホッとしました。
今年の和田阪神のスローガンは「熱くなれ!!」。
20120330_234446
その言葉通り、熱くなって粘りを見せてくれました。
和田くんと一喜一憂し、ほんま、疲れました。
でも、すごくいい試合でした。
今年のペナントレース、面白くなりそう!!

10月 22

阪神、甲子園最終ゲーム~ええ試合でした

IMG_1320
優勝戦線から脱落し、CS(クライマックス・シリーズ)にも進出できなかったなさけない阪神タイガース。
でも甲子園球場での最終戦には、やはり駆けつけてしまいました。
横浜相手に逆転勝利を決め、藤川球児で締めくくり。
たまらなくよかったです。
『六甲おろし』を歌っていたら、なぜか涙がボロボロこぼれ出てしまって……。
阪神がどんな状況になろうが、惚れているのを実感した次第。
これはもぅ、理屈では理解できない世界ですね(笑)
気持ちが吹っ切れました。
試合終了後、ベンチ入りしていた選手たちと首脳陣がグラウンドに並び、ファンに感謝の意を表していました。
そのとき、真弓コールが巻き起こり……。
正直、ぼくは「真弓、真弓~!」と大声で言えなかったです。
ちょっと大人気なかったけれど。
ともあれ、来季に向けて、レッツゴー!!
死ぬまで阪神を応援し続けますわ。

6月 19

甲子園のロイヤル・スイート席で観戦~生まれて初めて!!

DVC00004
こんなゴージャスな空間とは思わなかった!!
昨日、甲子園のロイヤル・スイート席で楽天戦を観戦しました。
内野席を覆う銀傘の付け根にズラリと設えられた個室(10人収容)です。
球場正面の9号門から入り、レセプションで受付を済ませたあと、エレベーターで階上へ。
そこは高級ホテルのような佇まい。
ホテル阪神が運営しているそうです。
納得!
キョロキョロしているヒマもなく、若い女性スタッフがぼくを部屋に案内してくれました。
廊下にはスタッフがぎょうさん立ってはります。
訊くと、各部屋担当のスタッフがいるそうです。
VIP待遇ですなぁ~。
部屋のドアを開けると、清涼な空気に包まれました。
空調が完備され、座り心地の良いソファがあり、大型のテレビも設置されています。
その画像には、眼下で繰り広げられている試合が映されていました。
それがテレビ中継ではなく、球場が独自で撮っている映像。
普段、あまりお目にかかれないアングルが多かったですね。
壁には鳥谷のユニホーム。
背番号「1」が迫ってきた!!
部屋によって、選手のユニホームが異なるそうです。
そして奥がベランダ、つまり観覧席~!!
そこに出ると、満員の観客とゲームの熱気がムンムン伝わってきます。
何よりも静寂とした室内との“温度差”に驚かされます。
DVC00007
とにかく贅沢なスペースで、飲み放題、食い放題なんですよ。
生ビールのサーバーもあって、冷たいビールをいつでもお代わりできます。
ぼくは泡を口の周りにつけて観覧席にドカッと腰をおろし、グラウンドを眺めていました。
はっきり言って、応援している気にならなかった。
傍観者のように思え、タイガースの選手が何だか遠い存在に感じられて……。
ここは非常に居心地はいいけれど、甲子園の中の異空間。
何かちゃうなぁ~。
ほんま、そう思いました。
こんなリッチな席、個人ではとても行けません。
昨日は某マスコミ会社の招待でした。
結局、降雨で阪神はコールド負け。
雨に負けたとはいえ、やっぱり慣れん席で応援したらアカンということが、よぉわかりましたわ。
でも、この日の経験は一生、忘れません。
N新聞社の皆々様方、本当にありがとうございました!!
DVC00008
記念に、ロイヤル・スイート席特製のメガホンを買いました(^o^)v
800円なり~。

4月 13

甲子園での開幕戦~もちろん、勝ちました!

DVC00030
花冷えに包まれた甲子園の1塁内野スタンドに陣取り、日本酒の熱燗をちびちびやりつつ、開幕戦を観戦しました。
試合前、バックボード上に半旗が掲げられる中、東日本大震災の犠牲者への黙祷が行われ、通常のセレモニーもなく、いたって静かにプレーボール。
相手(広島)は前田健。
こちら(阪神)は能見。
マートンの先頭打者ホームランで勢いづき、4番新井がタイムリーを放つなどして、阪神が逆転勝ちしました。
よかった、よかった。
勝利の後、観客全員が「がんばれ!日本」と書かれた紙を手にして、お立ち台に上った新井と能見のヒーローインタビューを聞き入っていました。
DVC00031
勝てたのはうれしいのだけれど、例年と何か雰囲気が違っていて……。
新井が神妙すぎるし。
今シーズンはずっとこんな感じになるのでしょうかね。
まぁ、六甲おろしは声を枯らし、めいっぱい歌いまくりましたが。
ぼくはマイペースで応援してきます。

1月 20

ロッテの小林が阪神入り~!!

小林
千葉ロッテマリーンズで抑えのエースとして昨年、日本一に導いた小林宏之投手が阪神タイガースにやって来ます!!
大リーグに移籍すると思っていただけに、何だか棚からぼた餅的なうれしさがこみ上げてきましたo(^-^)o
彼の入団は大きい。
うん、かなり大きい~!
藤川球児にばかり負担がかかっていた抑えに厚みが増すのは間違いなし。
小林の面構えもいい。
お金をばらまき、よそのチームからええ選手を採ってくるというのは、嫌いだけれど、小林の獲得はめちゃめちゃ大歓迎です。
元々、先発投手。
変化球がすごいらしいけれど、150キロのストレートも威力あり。
中継ぎのエースになるかも。
うわ~っ、楽しみ、楽しみ。
甲子園でのピッチングが待ち遠しい!!

古い記事へ «

» 新しい記事へ