Category Archive: お酒

10月 19

関大梅田キャンパスでのミニ・セミナー『銀幕に映えるウイスキー』

昨夜は関西大学梅田キャンパスで会員限定の交流会&ミニセミナー。

演題は『銀幕に映えるウイスキー』。

新刊に向けた内容ではなく、映画とウイスキーとの関わりを広く、柔らかく、面白く、かつ「深く」お話ししました~💡😁

冒頭から皆さんとウイスキーをちびちびやりながら和気あいあいと~💡😁

ほんまに楽しくお話しでき、ええ塩梅でしたわ~👍

最後は受講者の方々と一緒に記念撮影。

イェーツ~( ^^) _旦~~

10月 17

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』の発刊記念イベント、11月18日(土)に!!

11月初旬刊行の新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベント~!

11月18日(土)午後3時~、大阪・谷町6丁目の隆祥館書店で開催されます。

映画とウイスキーとの素敵な関係をお話しします。

自分で言うのもなんですが(笑)、絶対にオモロいトークショーになります~(^_-)-☆

映画愛好家&愛飲家はもちろんのこと、映画をそれほど観ない人、ウイスキーが飲めない人でもきっと楽しんでいただけると思います。

ふるってご参加ください~(^^)/

10月 16

大阪・新地のバーUKでのトークショー『銀幕に映えるウイスキー』(12月22日)、早くも予約で満席~!!

新著『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)が11月初旬に刊行されますが、それにちなんだイベントがいくつも企画されています。

その中のひとつが、大阪・北新地のバーUKでのトークショー。

https://www.facebook.com/arkwbaruk/

ぼくの長年の飲み友達、荒川英二さんがマスターを務めている素敵なウイスキー・バーです。

この人、同じ大学の同じ学部出身で、ぼくの古巣新聞社の最大のライバル、朝日新聞社の記者でした。

「好きの力」を活かし、こだわりのバーを開かれました。

12月22日(金)の夜、『銀幕に映えるウイスキー』と題するトークショーの開催がが14日にいきなり決まり、荒川さんがさっそくFacebookで告知し、ぼくがそれをシェアしました。

すると、あっという間に満席に~!

びっくりポンです~(^_-)-☆

ブログで呼びかける必要がなくなりました(笑)。

まさにウイスキー&シネマの力。

その凄まじさに驚いています~(笑)

ほんまにありがたいことです。

他のイベントにつきましては追ってお知らせします。

10月 09

昨夜は楽しいハシゴ酒~(^_-)-☆

昨夜は、大阪・塚本にある全国的に知られるモルトバー「婆娑羅」のオーナーで、NBA(日本バーテンダー協会)大阪北摂支部相談役の曽我和夫さんと飲んでいました~💡😁

20年末、客としてお店にお伺いしていましたが、こうして膝を突き合わせて一献傾けたのは初めて。

オモロい話をいろいろ聴け、めちゃめちゃ楽しかったです~💡😁

結局、4軒ハシゴしました。

塚本の寿司屋さん⇒十三のバー「CATEGORY」⇒淡路のバー「ZUMON」⇒塚本の焼き肉店。

結構、飲みました~!

写真を見たら、単なる酔っ払いのおっさんコンビですね~(笑)

プライベートでのこういう飲み会もええもんですね~。

ほんま、ええお酒でした~(^_-)-☆

6月 18

展示会『柳原良平 アンクル船長の夢』

トリスウイスキーをこよなく愛した鼻の尖がった二頭身のジェントルマン。

 

ご存知、「アンクルトリス」~!

 

そのイラストを手がけたデザイナー・画家、柳原良平さん(1931~2015)の作品を集めた展示会『柳原良平 アンクル船長の夢』を鑑賞してきました~(^_-)-☆

 

北新地の馴染みのバーテンダー、Aさんから招待券をいただき、仕事の合間の夕方、会場の尼崎市総合文化センターに駆けつけました。

 

ありがとうございました!

 

 

トリスの広告デザインもさることながら、船の超オタクで、味のある船舶の絵画を数多く創作されておられます。

 

まさに「好きの力」を見事に具現化してはりました!!

 

想定外に見ごたえある展示会でした~!(^^)!

12月 01

ウイスキー専門雑誌『Whisky World』休刊に~!

師走ですね。

日本で唯一のウイスキー専門誌『Whisky World』(ゆめディア)の最終号が届きました。

dsc_04202

2005年4月に創刊され、67号の今回をもって休刊となります。

ぼくは創刊号から『映画にみるウイスキー模様』の連載を続けてきました。

それらの拙稿をまとめ、2年前、単行本『ウイスキー アンド シネマ 琥珀色の名脇役たち』(淡交社)を上梓しました。

%e8%a1%a8%e7%b4%99
これで連載も終了です。

非常に残念ですが、「連載の縛り」がなくなったので、『ウイスキー アンド シネマ』の続編(Vol. 2)をいつでも出せることができるようになりました~(^-^)v

何でもええ方(プラス志向)に考えなあきまへん~(笑)

ちなみに最後の連載は、このほど他界したカストロのキューバを舞台にした英国映画『ハバナの男』(1960)。

 

名匠キャロル・リード監督のスパイものです。
何か因縁めいてますね~(^^;

img_20161201_0001

6月 20

28日(日)PM3:00~、難波・裏座のBar Nolaで~♪♪

ビルボード(2)

 

ちょかBandが急きょ、28日(日)にライブをすることになりました~(◎_◎;)

 

ちょっとディープな大阪・難波の座裏(今はなき新歌舞伎座周辺)にあるBar Nola(℡06-4396-6867)で、その日『スタウトとタコスのブルース』(PM1:00~8:00)というスペシャル・イベントが行われます。

 

その余興です~♪

 

出番はPM3:00~5:00くらい。

 

極めてレアな(しかもアルコール度数の高い!)スタウト(黒ビール)尽くし。

 

ウイスキー樽で寝かした逸品も飲めるらしいです。

 

飲み放題、食べ放題で5000円~!!

 

ちょかBandは、投げ銭でお願いします(笑)

 

多分、ほろ酔い気分になってギターをかき鳴らしていると思いますが……(^_-)-☆

3月 14

『スコットランド物語』~4月4日(土)、朝日カルチャーセンター川西教室で

お知らせです。

2回目(4月4日)フライヤー表

『スコットランド物語~歴史、風土、文化を知る』

 

朝日カルチャーセンター川西教室で4月4日(土)14:00~16:00、上記のタイトルで特別講座を開きます。

 

https://www.asahiculture.jp/kawanishi/course/6f525b2f-480a-f691-d32c-54d35a1bca6a

 

2月7日、同じ演題・内容で講座を開いたところ、あっという間に満席になり、キャンセル待ちの人が続出したため、急きょ、追加講座となったわけです。

 

ほんまにありがたいことです。

 

やはり、NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』効果ですね。

 

前回同様、ウイスキーの試飲もありますよ~(^_-)-☆

 

今回もどんどん席が埋まってきていると聞いています。

2回目(4月4日)フライヤー裏

スコットランドとウイスキーに興味のある方、お気軽にどうぞ~!

3月 06

福岡で講演~『スコットランドとウイスキー』

日本ケルト協会という団体が福岡にあります。

 

そこから講演依頼が来ました。

 

『スコットランドとウイスキー ケルト文化から独立運動そして「マッサン」まで』

 

明後日の8日(日)、15:00~です。

ケルト協会チラシ

これもNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』効果なのでしょうね。

 

ありがたいことです~(^_-)-☆

 

4月4日には、朝日カルチャーセンター川西教室で2度目の『スコットランド物語』講座を開催します。

 

こちらの方は追ってまた告知します。

 

 

2月 06

隆祥館書店でウイスキーのトークセッション、無事に終了~(^_-)-☆

フライヤー

 

立て看板

昨夜、大阪・谷町6丁目の町の本屋さん「隆祥館書店」で開かれた『ウイスキーを楽しむ』トークセッションは成功裏に終わりました~(^^♪

講演あいさつ

約30人の参加者を前に、美人の同店専務、二村さんの司会で、ぼくがプロローグとして、スコットランドの概略を「ケルト」と絡めて解説。

 

二村さん

講演(1)

みなさん、結構、興味深く聞き入ってくれはりました。

講演(2)

そのあと、渡部里美さん(ウイスキー専門誌『Whisky World』と阿吽の呼吸でウイスキーの飲み方、蒸留所、こぼれ話などについてt対談。

 

試飲に出されたラフロイグ10年とサントリー白札の復刻版を口にするや、会場は一気に和みました。

白札復刻版

非常にいい雰囲気でした。

記念撮影

拙著『ウイスキーアンドシネマ  琥珀色の名脇役たち』(淡交社)も思いのほか売れて、よかった、よかった~(^^♪

 

 

 

 

 

古い記事へ «