Category Archive: 映画

1月 05

今年最初の映画紹介~アキ・アウリスマキ監督の新作『希望のかなた』

庶民の哀歓を情感込めて描いてきたアキ・カウリスマキ監督。

このフィンランドの名匠が難民問題で揺れ動く欧州の現状にメスを入れた。

といっても社会派映画ではない。

希望の光を当てる珠玉の人間ドラマだ。

© SPUTNIK OY, 2017

シリア難民の青年カーリド(シェルワン・ハジ)が貨物船にもぐり込んで首都ヘルシンキにやって来る。

石炭の山から煤まみれになって現れる冒頭が物語の行く末を暗示する。

両親を空爆で亡くし、生き別れた妹との再会をひたすら願う。

未知の世界で彷徨う子羊のような存在だが、根はたくましい。

そんな主人公に手を差し伸べるのが中年男のヴィクストロム(サカリ・クオスマネン)。

酒浸りの妻と別れ、衣服の行商からレストラン経営者に転身していた。

不法滞在者と人生のリセットを図る男。

一度、殴り合ってから青年をレストランに雇い入れる唐突な展開が妙におかしい。

店を寿司屋に変え、大失敗をやらかす場面は爆笑モノだった。

© SPUTNIK OY, 2017

カウリスマキ監督はどこまでも2人に寄り添い、優しい眼差しを注ぐ。

カーリドがロマの物乞いにお金を恵むシーンはとりわけ秀逸。

セリフを極力削ぎ落とした、いつもの静謐な映像がいっそう冴えわたる。

© SPUTNIK OY, 2017

ただ、本作はやや様相が異なる。

収容施設の様子や難民を襲う極右青年など、これまで触れていなかった厳しい現実を容赦なく突きつけていたから。

押し寄せる難民に対し、欧州では二者択一が迫られている。

紛争の犠牲者として受け入れるか、それとも自国の生活や文化を脅かすよそ者として排除するか。

社会的弱者である難民の人間性と人権が失われている状況に監督は深い憂慮と危惧を抱く。

今こそ寛容さが必要。

全編、そのメッセージが込められていた。

ラストで見せた青年の笑顔が素晴らしい。

希望を持てる年になりますように。

1時間38分

★★★★(見逃せない)

☆1月6日(土)~シネ・リーブル梅田、20日(土)~京都シネマ、27日(土)~元町映画館  

日本経済新聞夕刊に2018年1月5日に掲載。許可のない転載は禁じます)

12月 29

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

昨夜は南大阪・和泉市にある酒肆 BAR KANEDA酒肆で新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)のトークライブでした。

トークライブは、隆祥館書店(中央区谷町六丁目)⇒ショットバー・リー(豊中・服部)⇒バーUK(北新地)に次いでの第4弾~!

実はお店にお邪魔するのは初めてなんです……(^^;)

泉北高速鉄道の光明池駅からほどよく歩いたところに素敵な「門構え」のお店がありました。

店内はかなりこだわったインテリアで、バックバーに居並ぶボトルたちの「酒気」に圧倒されましたわ~(^_-)-☆

歓待してくれたマスターの金田智之さんとは一度、堺のお店でお会いしています。

そのご縁で今回、お声がけしていただいた次第です。

隣の焼き鳥店で、盟友の樋口さんと軽く腹ごしらえ。

ビール2杯とハイボール1杯を飲んでしまったので(笑)、ほろ酔い加減でトークに臨みました。

いつもながらアドリブのギャグを入れ、笑いに包まれ、ええ塩梅で喋くり倒せました~(^_-)-☆

お店の今年最後のイベントとあって、ぼくのトークが第一部で、第二部が全国を行脚してはるギタリスト+シンガー樋原海さんのライブでした~♪♪

アコギのテクニックが半端やなかったです。

さすがプロ! ちゃいまんなぁ~。

ぼく自身にとっても、今年最後のイベントでした。

というわけで、昨夜も刺激的で充実したひと時を過ごせました。

イェーツ~(^O^)/

12月 23

ラブ・コメも捨てたもんやおまへん~『勝手にふるえてろ』

観終わって元気がもらえるラブ・コメディー。

恋に悩める乙女心を軽快に、かつ勢いよく描き切った。

疾走感が心地良い。

女性の恋愛譚だが、男性でも十分、楽しめる愉快な映画だ。

©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

原作は芥川賞作家、綿矢りさの同名小説。

それを大九明子監督がロックンロールのノリで大胆にアレンジした。

東京で一人暮らしをするヨシカ(松岡茉優)は24歳のOL。

ひねくれた夢想家で、絶滅した動物のマニアという変わり者だ。

©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

そんな彼女の毒気たっぷりのモノローグが物語を引っ張る。

中学時代に心を惹かれた同級生の「イチ」(北村匠海)をずっと思い続けている。

イケメンで何となく陰りがあるところも彼女には魅力的に映るらしい。

©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

そこに、「ニ」(渡辺大知)という会社の同期の営業マンから人生で初めて告白される。

この青年は調子が良くて、ひょうきん者。

人は良いのだが、正直、タイプではない。

©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

さぁ、どちらを選ぶ?

前者は理想、後者は現実。

少女漫画によくありがちな内容を、女性のリアルな感情をめいっぱい盛り込んで1本の映画に集約させた。

全編、主人公が街中の人に語りかける会話劇風。

しかもミュージカルのごとく突然、歌い出すのだからおったまげる。

それらは全て彼女の心の声なのだ。

〈遊び心〉を添えたテンポの良さが本作の醍醐味。

大九監督は俳優を念頭に置いて脚本を執筆(当て書き)しただけに、キャラクターのブレが全くない。

映画初主演の松岡が体当たりでヒロインになり切っていた。

不器用ながらも、持ち前のパワーを全開させ、身勝手に歩んでいく姿が何にも増して面白い。

その独り相撲的な言動に最後まで引きずり込まれる。

でも決して嫌味を感じさせない。

こんなライト感覚の娯楽映画で今年を締め括るのも悪くはない。

1時間57分

★★★(見応えあり)

☆12/23(土・祝)、シネ・リーブル梅田/なんばパークスシネマ/T・ジョイ京都/シネ・リーブル神戸ほか全国ロードショー

日本経済新聞夕刊に2017年12月22日に掲載。許可のない転載は禁じます)

12月 23

北新地のバーUKで、トークライブ~!! 大盛況でした~(^O^)/

昨夜は大阪・北新地のバーUKで、拙著『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベントとしてトークライブをやりました。

隆祥館書店(谷町六丁目)、ショットバー・リー(豊中・服部)に続く第3弾~!

マスターの荒川さんとは以前からの飲み友達です。

彼とは出身大学・学部(大阪大学文学部)が同じで、共に元新聞記者。

荒川さんはA新聞社、ぼくはY新聞社ということで、ライバル関係にありましたが、幸い部署が異なっていましたので、競合することはなかったです~(笑)

ご来店いただいた方々はみな映画好きの愛飲家とあって、熱心に耳を傾けてくれはりました。

いつもながら脱線ばかりでしたが、和気あいあいとした雰囲気ですごく喋りやすかったです。

トークのあとの喋りもオモロかった~(^_-)-☆

年末の慌ただしい中、ぼくの拙いトークを聴きに来てくださった方々、マスターの荒川さん、ほんまにありがとうございました。

素晴らしい時間を満喫できました。

次は28日、南大阪・光明池(和泉市)のバーKANEDAさんで第4弾を開催します。

イェーツ~(^O^)/

12月 16

一種、奇抜なアウトロー映画~『MR.LONG/ミスター・ロン』

殺し屋が出てくる映画は多々あれど、本作のように異国の地で疑似家族を作るケースは珍しい。

しかも逃亡劇。

想定外のシチュエーションと奇抜な登場人物が独特なアウトロー映画を生み出した。

Ⓒ2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

監督のSABUは脚本も自身で手がけ、とことんオリジナルにこだわる。

作家性の強い人だけに、難解な作品と思われがちだが、どれも娯楽性に富んでいる。

この映画もしかり。

ロンはナイフを自在に操る、謎めいた孤高の殺し屋。

アジアを代表する台湾人俳優チャン・チェンが何ともニヒルに演じ切る。

この男が東京で台湾マフィアのボスの暗殺に失敗し、北関東の田舎へ逃亡する。

流れ着いたのがうら寂れ、見捨てられた町。

そこで8歳の少年と覚せい剤に溺れる台湾人の母親(イレブン・ヤオ)と出会う。

Ⓒ2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

さらに世話好きな住人たちが絡んでくる。

フィルム・ノワール(犯罪映画)から一転、のどかな世界へ。

何という展開なのだ! 

こういう流れがこの監督の真骨頂である。

料理が得意なロンは知らぬ間に牛肉麺(ニュウロウミェン)の屋台を出すハメになる。

もう喜劇としか言いようがない。

面白い。

少年との交流から母親を巻き込み、家族のようになっていく。

実にほほ笑ましい。

スピード感のある演出が売りなのに、ここではいたってスローペースだ。

Ⓒ2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

チャン・チェンは終始、クール。

日本語を話せない役どころなので、セリフがほとんどない。

表情と仕草だけの演技がかえってシブさをかもし出していた。

このまま終わるはずがない。

いつ平穏な生活が破綻するのか。

それがある種の緊張感を生む。

そしてあっと驚く壮絶なクライマックスを迎えるのだ。

もう少しメリハリが欲しかった。

とはいえ、「シンプル・イズ・ベスト」を実感させる濃い映画だった。

2時間9分

★★★★(見逃せない)

☆16日から大阪・シネマート心斎橋ほか全国順次公開

(日本経済新聞夕刊に2017年12月15日に掲載。許可のない転載は禁じます)

12月 15

キネプレにインタビュー記事が掲載されました~(^_-)-☆

関西の映画・映像情報を満載したウェブマガジン「キネプレ」に、ぼくのインタビュー記事が掲載されています。

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊に絡んだもので

先日、拙宅でキネプレ・アカデミーの4期生数人から取材を受けました。

あれこれとベラベラ喋っていたのをうまく原稿にまとめてくれはりました。

ありがとうございます~(^_-)-☆

12月 09

2017年の映画ベストテンを発表~!!

今年も映画ベストテンの時期になってきました。

「おおさかシネマフェスティバル」用に選出しました。

結構、悩んだ……((+_+))

外国映画の10位に選んだ『リュミエール!』は映画の原点へのリスペクトです。

5位のポーランド映画『残像』は昨年永眠した巨匠、アンジェイ・ワイダ監督の遺作。

6年前、ポーランドの古都クラクフで奇跡的に出会ったワイダ監督とのご縁に感謝して…………。

それにしても今年は菅田将暉君の年でしたね~(^_-)-☆

12月 09

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の打ち上げ&忘年会~(^_-)-☆

昨夜(8日)は、最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の編集者、デザイナー(装丁)、イラストレーター、そして著者(ぼく)が一同に会しての「打ち上げ&忘年会」でした~💡😁

最強のカルテットです~!!

大阪・キタのお初天神界隈にある隠れ家的なお店で、美味なてっちりでした~🐡

ええ塩梅に本が仕上がり、わいわいがやがや、みな自画自賛していました(笑)

前著『ウイスキー アンド シネマ 琥珀色の名脇役たち』と第2弾の『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』。

この2冊は絶対に売っていかなあかんなと改めて決意した次第。

売れる本やと思うています。

まだ読まれていない方がおれば、ぜひご購入ください~(^_-)-☆

12月 09

南海電鉄主催の映画イベント、大盛況でした~( ^^) _旦~~

『映画は「なんば」からはじまった❗』(主催:南海電鉄、後援:ミナミまち育てネットワーク)

7日、こんなタイトルの特別セミナー(イベント)が大阪府立大学Iーsiteなんばの会場で開催されました。

びっしり満員の中、ぼくの講演と活動映画弁士、大森くみこさんによる無声映画の上映。

喋っているうちに参加者との間で連帯感にも似た空気が芽生えてきたのがよくわかりました。

121年前、明治29年(1896年)12月、心斎橋の舶来品輸入商、荒木和一が米国エジソン商会から輸入した映写機ヴァイタスコープを使って難波の福岡鉄工所で行った映画の初上映。

そして翌明治30年(1897年)2月15日~22日、京都の実業家、稲畑勝太郎がフランスのリュミエール商会の映写機(撮影も可能)シネマトグラフによる映像を難波の南地演舞場で一般公開した映画の初興行。

講演の最後で訴えましたが、映画初上映の地(福岡鉄工所跡地)と映画初興行の地(南地演舞場跡地)に、まずはわかりやすい説明版を設置すべきだと思っています。

すでに認知されているはずの映画興行発祥地についても、知らない人が多すぎます。

TOHOシネマズなんば1階のエレベーター乗り場の壁に記念碑があることに気づく人はいません。

人通りの多い表通り(戎橋通りか南側の道)に説明板を立て、きちんと歴史的な出来事と建物内に記念碑があることをアピールする方がええと思います。

ほんまにもったいない。

同じように「なんばパークス」の道路を挟んで北側のところに映画初上映の説明板を立てればいいのではないかと。

しかるべきモニュメントはその後でもいいかもしれません。

説明板なんてそんなに費用はかかりませんよ。

京都の「日本映画発祥の地」の説明板は、木屋町通りに立っているから、市民や観光客の目に留まり、いつしか浸透していったのでしょう。

こういう取り組みはすべて町づくりにつながり、大阪の文化再発見にもつながっていきます。

これからもこの歴史的事実を1人でも多くの人に知ってもらいたいと思っていますので、引き続き発信していきます~✌

参加者の皆さん、南海電鉄のスタッフの方々、大森さん、おおきに、ありがとうございました❗

ほんまに素敵なひと時でした~(^_-)-☆

12月 02

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一~』

こんな題名の拙稿が大阪市史編纂所の紀要『大阪の歴史』86号に掲載されました。

昨年秋に上梓した『大阪「映画」事始め』(彩流社)に盛り込めなかった情報やその後、新たに得た知見を加え、これまであまり知られていなかった荒木和一という人物に再度、光を当ててみました。

121年前の明治29(1986年)12月、エジソン商会から輸入した映写機ヴァイタスコープを使って、難波の鉄工所で日本初のスクリーン上映を行っていたことが映画史の中で埋没していました。

京都でのシネマトグラフの試写上映よりも前のことです。

それを掘り起こすのが最大の狙いでしたが、あれこれと調べるうちに、大阪の経済・産業界で多大な功績を残した御仁であることがわかってきました。

この拙稿をたたき台にして、和一さんのフィクション(小説)を書いてみたいという意欲が沸々と湧き起こってきています。

『大阪の歴史』は大阪市立図書館全24館に配架されます。

別途希望者には700円で販売。

詳細は大阪市史料調査会(大阪市立中央図書館内) へお問い合わせください。

℡ 06ー6539ー3333

古い記事へ «