Category Archive: 日記

3月 24

素敵な土曜日になりました! 朝日カルチャーのケルト講座&山崎先生を囲む会

昨日、朝日カルチャーセンター中之島教室での特別講座『「ケルト」を旅する 中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』は、おかげさまで大盛況のうちに終了しました~👍

受講者は62人。

当日、参加した方も多く、急きょ、仕切りをはずして「大教室」でお話しすることになった次第。

ありがたいです。

「ケルト」紀行シリーズ第7弾『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』(彩流社)の内容をかみ砕き、午後3時半から6時まで、途中、10分間の休憩をはさみ、喋りまくりました~(^_-)-☆

みなさん真剣に耳を傾けていただき、教室内は熱―い空気に満たされ、まことにええ塩梅でした。

満足感を抱きつつ、その足で中之島ダイビルにある四川料理店へ駆けつけ、文化勲章を受章された大学(大阪大学文学部美学科音楽演劇学専攻)のゼミの恩師、山崎正和先生を囲む会に出席。

41年前(1978年)に大学を卒業して以来、初めてゼミの集いに顔を出しました。

山崎先生とは1984年、吉野作造賞を受賞された時、分野外の科学部記者なのに、「おまえの大学の先生やろ」とデスクに言われ、取材させてもらって以来です。

あの時、先生は50歳でした。

現在、御年84歳。

ぼくのことをちゃんと覚えてくださっていて、うれしかったです。

先生はぼくの隣の席でした。

「卒論の口頭試問で、『君の論文、分量はあるのだが、映画の感想だね』と先生に言われたのをよく覚えていますよ」

「そんなこと言ったかな。ハハハ」

「もう一つあります。吉野作造賞の受賞の取材を終え、ご自宅から退出するとき、『いろいろ喋ったけれど、ちゃんと文章にまとめられるか』と言われました。完全に先生と学生の関係になってました(笑)」

「えっ、そんな失礼なことを言った覚えはないんだがね。それは申し訳なかったです。ハハハ」

楽しい会話でした~(^_-)-☆

先生は笑みをたたえ教え子たちの顔を眺めながら、紹興酒を美味しそうに味わっておられました。

先生をお見送りしてから、みんなで北新地へ繰り出し、二次会でグビグビ飲みまくり、熱く語り合いました。

新聞記者、大学教官、予備校の先生、食料品関係の社長、劇場関係者……、みないろんな分野で活躍してはりました。

一つ上の素敵な女性先輩と同期のU君以外はみな後輩でした。

しっかりしてはりましたわ(笑)。

最後はU君と劣等生同士でバーで締めました。

帰宅したら、午前1時半。

何とも濃密な土曜日になりました❗

3月 17

ちょかBand、新聞に載りました~(^.^)/~~~

な、な、な~んと、ちょかBandの第8回ビッグ・ライブが新聞に載りました~❗

東大阪新聞(3月15日付)です。

知ってはりますか?

月2回発行の地域紙です。

ライブは1月27日開催やったのに、何で今ごろになって??~😅

「忘れたころに載せるHappy News、それが東大阪新聞です」とのことです(笑)

それにしても、「究極のギター漫談」🎸という見出しが笑わせますなぁ~😁

別に漫談をやってるつもりはないのに、お客さんが勝手にゲラゲラ笑いはるんですわ。

この際、マジシャンへと芸域を広げて、ギターのボディから白い鳩を出せるように練習しようかな(笑)。

まぁ、何でもよろしい。

こういう形で新聞に掲載されて、オモロい、オモロい~🙆

「記事を書いてください」とこちらからお願いしてません。

ライブを聴きに来はった知人の東大阪新聞社の記者さん(小川さん)が自発的に取材し、記事にしてくれはりました~(^_-)-☆

小川記者、ありがとさんです~😁

3月 08

小学校のプチ同窓会(飲み会?)

昨夜、大阪・上本町3丁目の割烹➕寿司屋さんで、母校・大阪市立南大江小学校のミニ同窓会がありました~😁

いや、同窓会というより、単なる飲み会でした~(笑)。

年に一度の同窓会企画の立案~という名目で、同期生が3か月に一度くらいの割合で会っているようです。

今回、ぼくは「特別ゲスト」としてお声がけされた次第。

昨年の夏以来なので、まぁ、それなりに久しぶりとあって、旧交を温めることができました。

みな思いのほか元気で、お酒もよぉ飲んではったので、うれしかったです。

でも、こういう集いはしょっちゅうあると、やはり新鮮味が薄れ、メンバーも固定されてしまいますね。

気がつくと、仲良しクラブといった感じに。

次回は、時期を見計らって参加しようと思っています。

何はともあれ、オモロかった~🙆

2月 24

4年ぶりに関大武部ゼミ一期生の同窓会~楽しかった!!

昨日、早朝からABCテレビに出演し、午後2時から15年前に関西大学を卒業した武部ゼミ1期生の面々と大阪・ミナミで同窓会~😁

前回はぼくの還暦同窓会だったので、4年ぶりです。

全員集合はとても無理ですが、それでも名古屋から2人が駆けつけてくれ、旧交を温めることができました。

ゼミTシャツには感激~(^_-)-☆

みんな30歳後半になり、まさに社会の中堅どころ。

すべてにおいて立派な社会人になっていました。

卒業式の写真と比べると、よぉわかります。

それぞれドラマがあり、大人の会話ができて酒が進んで仕方なかった~(笑)😁

ハワイアン⇒カフェ⇒バー⇒たこ焼き屋

こんな感じで4軒ハシゴしました。

締めがたこ焼きというのがええ塩梅でした~🐙

楽しさ+満足感+たこ焼きでお腹いっぱい。

ほんまに素敵な「8時間」でした~🙆

2月 12

古巣新聞社文化部の「同窓会」~(^_-)-☆

昨日は夕方から梅田のイタリアン・レストランで古巣新聞社(読売新聞大阪本社)文化部の「同窓会」でした~😁

仲のよかったYさんとOさんの欠席は残念でしたが、懐かしの面々と再会でき、大いに盛り上がりました~⤴⤴

当時のデスクと会社を辞めて以来、24年ぶりにお目にかかれたのがうれしかったです。

それにしても、11年間も所属した科学部から文化部に配属された時は死ぬほどうれしかったな~🙆

初日から一気に溶け込んでしまった❗(笑)❗

でも、よくよく考えると、在籍期間はわずか2年と3か月。

そのうち最後の半年間は阪神・淡路大震災の連載取材班だったので、実質は1年9か月くらい。

なのに、めちゃめちゃ濃厚で、楽しかったです~❗

やっぱり「好きの力」を発揮できたからでしょうかね~✌

2月 08

関大JP、「最後」の飲み会~(^_-)-☆

今季で関大JP(ジャーナリズム実習)の担当を終えたことで、昨夜、現役生(2~4年生=JP12~14期生)たちが梅田の居酒屋で「武部先生を囲む会」を開いてくれました。

来れなかった学生たちの気持ちも十分、伝わってきました。

ほんまにありがたいです~😂

思い出話、現状報告、就活、将来展望、恋愛話などなどみんなと楽しく語り合えました。

途中、男子新体操をしている学生がいきなりバク転を披露し、びっくりポン~❗👀(笑)

単なる非常勤講師なのに、こんな素晴らしい形で幕を下ろすことができ、つくづく幸せ者やと思うてます。

彼らとは、この「ご縁」を大切にして、末長くつき合っていくつもりです。

今日の面々だけでなく、JP1期生からの教え子305人全員に、ほんまに、ほんまにありがとう~😉👍🎶

集合写真の笑顔がめちゃめちゃ素晴らしい❗❗❗

1月 19

14年間続けた関大JP、最終授業~。感無量……(^^;)

昨日(18日)、14年間続けてきた関西大学社会学部メディア専攻JP(ジャーナリズム実習=文章)のぼくの授業が終了しました。

JPは、ゼミを3期終えた2005年から始まり、10期生を除き、ずっと担当してきました。

受講生は、今の14期生(11人)を入れてトータルで305人。

ゼミ形式の授業なので、一人ひとりの学生と密にコンタクトができ、全ての教え子の顔と名前を覚えています。

卒業してからも、よぉ飲みに行きました(行っています)~🍻🍷🍶

彼らJP生と出会えて人生が豊かになり、ほんまによかったです❗

みんな、ありがとう~❗❗

JP最後の14期生も各自、必死で取材、執筆に取り組み、中身の濃いハイレベルな修了原稿を集いてくれました。

そして今日の最終授業の締めは、恒例のソロ・ライブ~🎵(笑)

この教室ライブもこれでおしまい。

1つの節目を迎えたな~と実感、そして計り知れない達成感も~✌

来年度は大教室での講義。

せえだい喋り倒したろ~(^_-)-☆

夜は、映像ディレクター+映画史研究家+関大社会学部非常勤講師のHさんと法善寺で一献傾け、最後の締めは一人でキールロワイアル(バー「スカイ」で)~。

気分はせいせいしています。

さぁ、前を向いてゴー!!

1月 17

阪神・淡路大震災、24年目……。黙祷

今日で24年目を迎えた阪神・淡路大震災。

Facebookを見ると、いろんな思いがこめられた投稿をアップされています。

それぞれに「ドラマ」があったのです。

ぼくは古巣新聞社の「地震取材連載班」のメンバーとして連日、被災地で取材に明け暮れていました。

「いつ命がなくなるかもしれへん。人生一回限り。ほんなら、流されて漫然と生きるんやなく、日々、ちゃんと生きるようにしよ」

想像を絶する惨状を目の当たりにし、多くの被災者とその遺族の方々の声に耳を傾け、この「当たり前のこと」を痛切に感じさせられました。

そして新聞社を辞め、「自力」で生き始めました。

犠牲者の方々を追悼するためにも、「日々、ちゃんと生きる」は実践していきたいと思っています。

1月 04

正月3日間の行状記~(^_-)-☆

気がつくと、2019年の4日目に入っていました。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます~😁

平成最後の年、どんな一年になるのでしょうかね。

今年も「やりたいこと」(「やらねばならないこと」とちゃいまっせ~😜)がぎょうさんあります。

これまでと同様、「好きの力」を生かして、ぼちぼちやっていきますわ~😁

よろしゅうお願いします🙇⤵

ご来光(初日の出)☺の撮影、ちょっと遅れました~😅

今年最初のウイスキーは「ダルマ」でした。

それも「特級」時代のもの~🙆

棚の奥に「鎮座」してはりましたので、びっくりポンでした👀‼

いつ、どこでゲットしたのか全く覚えてません~😅(笑)

う~ん、ハイボールにしたらええ塩梅でした~👍

それをちびちびやりながら、注目されている本を読破しました。

『安倍官邸vsNHK』(文藝春秋)。

筆者の相澤冬樹さんは、NHK大阪放送局で司法キャップとして森友問題の取材に打ち込み、昨年8月、記者職を外されたことで、NHKを退職し、大阪日日新聞の論説委員・記者になりはった人です。

ここまで書いてええんかいな~と思わせるほど、森友取材とNHK報道の裏側を暴露してはります。
手の内をほとんどさらけ出している……👀‼

ぼくより8歳下。

現役の時、全く接点がなかったけれど、本を読む限り、筋金入りの社会部記者ですね。

敵が多そうな感じ(笑)。

実に興味深い内容でした。

そんなこんなで、元旦はあっという間に過ぎさり、早くも2日~3日、本気で仕事をしてしまった❗

随分先の3月23日(土)、朝日カルチャーセンター中之島教室で開催される特別講座『「ケルト」を旅する~中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』のパワポ画像➕資料を完成させました。

やっぱりイラチやな~😅(笑)

古代ケルト人の東方移動の足跡を検証した拙著『東ヨーロッパ「ケルト」紀行 アナトリアへの道を歩く』(彩流社)に基づく内容です。

「ケルト」紀行で一番思い出深い旅だったので、ついつい熱を入れてしまい、画像がトータルで223枚に~👀‼

めちゃ濃密な講演になりそう~👍

2時間半(ロングラン講演です)で収まりきるやろか~😅

ほろ酔い気分で、ちょっと本を手に取り、はて、どんなコンテンツにしようかと思案していたら、知らん間にアクセルを踏み込んでしまいましたわ~(笑)

まぁ、時間のある時にしかこんな邪魔くさい仕事(作業)でけへんから、よかったです~😁

さぁ、遊びに行こう~🙆

ということで、「初仕事」を終え、足を向けたのが天神橋サンボア。

バー初めです~👍

振る舞い酒の美味な日本酒をいただき、そのあとは常連客Mさん、名古屋から来られた方とローリング・ストーンズ談義でめちゃ盛り上がった~🎵

何でストーンズやねん~といった感じですが、すごく楽しかった。

今年、ストーンズが来日すればええな~とほんまに思った正月3日の夜でした~👍

12月 31

知らぬ間に大晦日。泣いても笑うても今日で終わり

2018年の大晦日。

泣いても笑うても今日で終わり。

目下、本業の執筆に没頭しながら、学生(関大JP14期生)の取材原稿の添削に取り組んでいます。

バタバタ状態のまま年を越してしまいそう~(笑)

今年を振り返ると……。

数えきれないほど原稿を書き、共同執筆で写真アルバム『大阪市の昭和』(樹林舎)を刊行し、思いのほか講演(映画、大阪、ケルト、ウイスキー)が多かったです。

ちょかBandのライブ、楽しかった。

お酒もよぉ飲みました。

亡きオヤジさんが生前に撮った昭和大阪の写真が大阪市立中央図書館で展示されました。

これはうれしかったです~(^_-)-☆

それに慢性副鼻腔炎で生まれて初めて手術をし、30年間生やしていた口ひげを剃りました(今もそのまま)。

しかし何といっても最大のハイライトは、5月の南インド放浪の旅で、気温45度の炎天下、聖なるアルナーチャラ山へよじ登り、山頂で「イェーツ!」と絶叫したこと。

これに尽きますわ。

来年もバタバタしそうですが、よろしゅうお願い申しあげます。

古い記事へ «

» 新しい記事へ