Admin

筆者の詳細

登録日時: 2012年3月19日

バイオグラフィー

武部好伸(タケベ・ヨシノブ) 1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。

最新記事

  1. ちょかBand、盆踊りで弾けました~(^_-)-☆ 本日もやりまっせ~! — 2019年8月17日
  2. 敗戦記念日……、亡き父親の写真の数々 — 2019年8月15日
  3. ちょかBand、盆踊りでやりまっせ~(^_-)-☆ 16、17日 — 2019年8月9日
  4. 勃興するアイリッシュ・ウイスキー~(^_-)-☆ — 2019年8月5日
  5. 渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!! — 2019年8月2日

最多コメントの記事

  1. 昨夜はサンボア100周年記念パーティーでした~(^_-)-☆ — 5 comments
  2. 今年最初の映画紹介~アキ・アウリスマキ監督の新作『希望のかなた』 — 4 comments
  3. 明日(21日)から亡き父親の写真展『あゝ、懐かしの大阪~昭和30年代の息吹~』が開催 — 4 comments
  4. 明日から2度目の南インド放浪の旅~(^_-)-☆ — 3 comments
  5. 『列車の到着』の映像、100余年の時を隔てて~ — 2 comments

この筆者の投稿リスト

8月 17

ちょかBand、盆踊りで弾けました~(^_-)-☆ 本日もやりまっせ~!

昨日は本庄盆踊り大会の初日~(^_-)-☆

やぐらの上で演奏する、ちょかBand(武部&疋田)➕バンジョーの中山さんが昼間、台風一過の炎天下でのリハーサル~🎵

めちゃめちゃ暑かったけど、気分が乗ってきました~(^_-)-☆

そして本番。

いきなり音響系のトラブルで雑音の嵐に見舞われましたが、何とかクリア。

踊りと踊りの間の余興なので、いろんな意味で非常に難しいシチュエーションです。

それでも、聴いてくれてる人はちゃんと聴いてくれてはりました~🙆(笑)

「気だるい感じがよかったわ~」と言うてくれはった人もいて、びっくりポン~🎵

知り合いの映画ライター、Himeさんの可愛い一歳児さんを抱っこできたのがうれしかったな~😁

『やけ酒ブルース』を聴きたいがために来られた方、時間的に演奏できずにすんませんでした~🙇💦💦

何せ持ち時間が20分だけですから。

2日目の本日(17日)も懲りずにやりまっせ~🎵🎵

18時10分からです。

ミュージシャンらしく(笑)、MCを極力抑えて、演奏➕歌に徹します~🎸🎵

暑気払いに冷やかしで聴きに来てくださいませ~(笑)

8月 15

敗戦記念日……、亡き父親の写真の数々

台風10号が迫り来る敗戦記念日。

満州(中国東北部)へ出征した亡きオヤジさんの写真がいろいろ出てきました。

ソ連国境の守備隊(満州第287部隊)に配属され、銃を構えるソ連兵の顔がよく見えたと言うてました。

後ろから2列目の左から2人目

写真の裏

外出日にはスイカを食べていたんですね(昭和18年夏)。

左から2人目

「隊長許可」の印を押された写真が多いです。

昭和20年7月、米軍上陸地と見なされていた宮崎県の日南海岸へ移動し、玉音放送は都城で聴いたらしいです。

涙が出ず、「これで大阪へ帰れる」と安堵し、帰阪すると、街は空襲で廃墟と化していた……。

満州と宮崎で何があったんやろ?

戦友の方々はどうされたのでしょうかね。

詳しいことはあまり聞いていません。

前列の左端

写真の裏

「何があっても戦争は絶対、アカン」と言うてたオヤジさんの言葉はいまだに忘れられません。

8月 09

ちょかBand、盆踊りでやりまっせ~(^_-)-☆ 16、17日

ちょかBand、ついに盆踊りに進出~🎵

とある事情でオファーがあり、16、17の両日、大阪市北区の「本庄盆踊り大会」(会場は豊崎本庄小学校)で、余興としてやぐらの上で演奏することに~🎸

ポスターには、「おじさんちょかバンド」となってます~😅

『やけ酒ブルース』に合わせて踊ってくれはったら、オモロいな~、ハハハ(笑)😁

河内音頭はやりませんが~✌

8月 05

勃興するアイリッシュ・ウイスキー~(^_-)-☆

『勃興するアイリッシュ・ウイスキー』

こんなタイトルの拙稿を、大分県アイルランド研究協会の会報に寄稿しました。

代表を務めておられる八幡先生とは昵懇の仲で、ほぼ毎号、原稿を書かせてもらっています。

それにしても、ウイスキーの原稿を書くのは久しぶり。

結構、データを盛り込んでいます。

ウイスキー党+愛飲家の参考になればうれしいです。

8月 02

渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!!

8月になると、「戦争」関連のイベントや映画、ドラマが目立ってきますね。

あの戦争を風化させないためには、せめてこの時期だけでもリフレインするのはいいことだと思います。

そんな中、巨匠・小林正樹監督の渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』が36年ぶりに4Kデジタルリマスター版として甦ります。

3日から全国順次公開です。

日本を戦争へと導いたとされる28人のA級戦犯(国家指導者)を裁く極東国際軍事裁判。

勝者による不公平裁判、天皇の戦争責任、米ソ冷戦、判事団の亀裂、初めから結果ありきの裁判……。

いろんな問題を抱えた法廷の全貌を、満州事変から敗戦までの流れを絡めて見事に浮き彫りにしています。

わかりやすい!

これはまぎれもなく、激動の昭和史の〈記録〉ですね。

画像と声が驚くほど鮮明で、被告人、判事、検察官、弁護士、傍聴人らの表情や玉音放送(詔勅)の内容がよくわかり、1983年に観たオリジナル映像よりもはるかに胸に響きました。

4時間37分の上映時間を忘れさせるほど濃密な映像です。

〈日本の節目〉となったこの裁判、今こそ観ておくべき時だと思います。

とくに若い人たちに!!

蛇足……、この映画には「終」の表記がありません。

なぜなら、まだ世界各地で戦争・紛争が起きているからです(小林監督の想い)……。

http://www.tokyosaiban2019.com/

7月 21

半年ぶりのちょかBandライブ、盛り上がりました~♪♪

昨夜、梅田のアート・バー「ウーニーポンポンカウカウ」でのちょかBandふみづきライブ、いつもながら和気あいあいとした雰囲気で、実に楽しく演奏できました~🎵

ここで演(や)るのは5年ぶりです。

ハラハラしながら聴いてくれはりました(笑)皆さん。

素敵な空間を提供してくれはりました店主の稲葉さん。

うん十万円もするバンジョーを見事に弾きこなしてくれはったゲストの中山さん。

ほんまにありがとうございました~😁

音楽は、字のごとく、やっぱり「楽しむ」もんやと改めて実感した次第です。

全22曲、炸裂~(^_-)-☆

映画カルチャーの元教え子さんから花束までいただき、感謝感激でした。

次は来月、盆踊りのやぐらの上でやりまっせ~🙆(笑)

イェーツ~\(^-^)/

7月 18

明日、ABCラジオ『おはようパーソナリティ道上洋三です』に出演します

ちょこっと告知~😁

明日の朝8時ごろ、ABCラジオ『おはようパーソナリティ道上洋三です』で、夏公開の映画についてお話しさせていただきます~😁

道上さんからラブコールが寄せられました~💓(笑)

はて、何の映画を取り上げようかな……?

よっしゃ、アレとアレとアレでいきますわ~👍

7月 17

旧友を訪ねて飛騨高山へ~(^_-)-☆

15日の「海の日」に山へ向かいました~💨

といっても、山登りとちゃいます。

大学時代の旧友を訪ねて飛騨高山へ~🍀

大阪駅からJRの在来線特急「ひだ25号」でのんびりと列車の旅を満喫しました~🙆

ディーゼルの特急に乗るのはほんま、久しぶり。

ルンルン気分でしたよ~😆🎶✨

彼とは卒業以来、会っていないので、41年ぶりの再会になります。

無性に顔を見たくなり、半ば衝動的な行動でした~😅(笑)

いつもこんな感じです。

そして高山駅前で、旧友と再会できました❗

赤いマイカーで出迎えてくれた彼は元気でした。

同じ文学部とはいえ、彼の専攻はぼく(美学科)とは違ってフランス文学でしたが、妙にウマが合い、進学塾でのアルバイトも一緒でした。

学生時代はブルースバンドを組み、ベースを担当していましたな~。

大学卒業後は高校の教師。

目下、再任用で教壇に立っています。

車で白川郷⇒温泉⇒高山の郷土料理店とエスコートしてくれました。

飛騨で生まれ育っただけに、自分の庭のように軽やかに移動~(笑)

白川郷は初めてだったので、合掌造りの家屋を目の当たりにした瞬間、ときめいてしまった~!

思いのほか観光客が少なくて安堵した次第。

そこでツーショットを何枚か撮りました。

一緒に温泉に浸かれたのもうれしかったな~。

夜は割烹でこだわりの郷土料理の数々を堪能。

どれも美味かった。

最後は飛騨牛で締めました~✨

友の温かいおもてなしに感謝、感激~❗❗

1970年代の青春時代に戻りながらも、昨日会ったみたいな感じで、現状報告やこれからのこと、映画、ケルト文化、文学、イギリスのEU離脱などの時事問題、彼の好きな釣り、高山と大阪、あの頃の恋愛話、その他諸々について会話が途絶えることなく、語り合えました。

大学生のころ、こんなにガチで話したことがなかったのに……、これも年の功ですね~🙆

高山にやって来て、ほんま、よかった❗

2日目は1人で高山市内を散策。

古い街並みはやはり風情がありますね。

その中でも吉島家は別格。

古巣新聞社の先輩のご実家……、すごい!

洋館建ての市立図書館の外観が素晴らしかった。

旧役場も時代を感じさせてくれました。

白人観光客のお好みの世界です。

お昼は中華そば。

和そばより、中華そばの方が目に着きました~🍜🍥

「山の国」なのに、魚介類で取った醤油味の出汁がすごくあっさりしていて、具はチャーシューとメンマだけ。

シンプル・イズ・ベストですね~✌

おいしゅうございました~😃

このあと、昭和30~40年代を再現した飛騨高山レトロミュージアムを見学。

懐かしの世界へどっぷり浸りました。

午後2時のバスで高山を去り、名古屋へゴー。

夜、金山にあるANAクラウンプラザホテルで、関大武部ゼミ1期生、さっくんの夫婦➕同世代のご両親との会食を楽しみました~🙆

彼が大学を卒業して15年。

こんなふうに教え子のファミリーを巻き込んで(笑)、交流が続いているのがすごくうれしいです~🙆

話が弾みすぎて、理屈抜きに素敵な時を過ごせました✨

そして3日目。

朝の近鉄特急で難波へ帰ってきました。

こんなふうにすごく充実した旅でした。

人との出会いは理屈抜きに素敵ですね。

思い立ったら吉日、それを実行に移して大正解でした。

何はともあれ、めちゃめちゃ英気を養うことができました~(^_-)-☆

7月 08

ロバート・レッドフォードの引退作『さらば愛しきアウトロー』

ロバート・レッドフォード。

『明日に向って撃て』、『スティング』、『大統領の陰謀』、『華麗なるギャツビー』……。

ハリウッドで大きな足跡を残したイケメン俳優です。

一方で、監督として『普通の人々』や『リバー・ランズ・スルー・イット』などの名作を世に放ち、反ハリウッド色を鮮明にするインディペンデント映画のサンダンス映画祭を主催。

アメリカ映画界で実に多彩な活躍をしてきたレッドフォードが12日公開の『さらば愛しきアウトロー』で俳優業を引退します。

御年、81歳。

実在した伝説の銀行強盗犯に扮し、人生の黄昏時をしみじみと感じさせる滋味深い演技を披露しています。

派手さのない渋いクライム映画です。

同じように俳優+監督の二足の草鞋を履く89歳の先輩格クリント・イーストウッドを意識せず、マイペースで監督作を手がけていってほしいです。

映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で、レッドフォードへの想いを込めて本作のレビューを書かせてもらっています。

7月 03

関経連の会誌「経済人」に載りました~(^_-)-☆

関西経済連合会から会誌「経済人」の7月号が送られてきました。

さる4月22日、同連合会の評議員会でお話しさせていただいた『映画のはじまり、みな関西』の講演要旨が写真付きで掲載されてありました~🙆

錚々たる方々が寄稿されている中で、やっぱりぼくだけが「異分子的」~😅(笑)。

この文章、コンパクトに巧くまとめられています。

講演している写真もGood!!

コピーしてあちこちで配りまくろうかな~(^_-)-☆

古い記事へ «